王道の最新シリーズを楽しみたい人にこそ勧めたいオンラインRPG『FF14』【すんゲー20本、特集】

編集O
公開日時

 今年で新生からサービス開始7周年を迎えたオンラインRPGの『ファイナルファンタジーXIV(以下FFXIV)』。じつはナンバリングの『FF』としては、アップデートや拡張パッケージで新たな物語・要素が追加されていく『FFXIV』こそが、ある意味最新の『FF』と言えるのです。

 そんな『FFXIV』で一番“すんげー”ポイントといえば、王道中の王道なファンタジー世界での、重厚かつクリアしたときの満足感が半端ない“ストーリー”でしょう。とくにストーリー面での評価が高まり出したのが、現在フリートライアルで最後まで遊べるようになっている『蒼天のイシュガルド』からなんですね。

 “ダークファンタジー”と称されるこの『蒼天のイシュガルド』。仲間たちと旅をしながら世界を回り、やがてドラマの核心へとたどり着く展開は、その仕掛けもさることながら、主人公を取り巻く人物たちの描き方が秀逸で、いまだに語り継がれるほど印象深い内容となっています。

 『蒼天のイシュガルド』は個人的に“これぞ『FF』シリーズ!”といった感じで、ファミコン版の『FFI』から遊び続ける古参ファンの自分としては大満足でしたね(どことなく『FFII』的な匂いがして好き)。

 そんな物語の人気は最新拡張パッケージ『漆黒のヴィランズ』で最高潮へ達し、なんとそのクライマックスを描いたパッチ5.3“クリスタルの残光”に至っては、拡張パッケージではなく通常パッチなのにゴールデンジョイスティックアワードのBest Game Expansionにノミネートされるなど、世界中から高い評価を得ている形に。実際、自分もなんど目をぬぐったかわからないほどだったので、ぜひRPGファンには体験してほしいですね。

  • ▲自分の分身を見て改めて「カッコええ!」とうならせられたのが、『漆黒のヴィランズ』の5.0でのラストバトル直前のシーン。ここの展開は鳥肌モノでした!!

『FF』シリーズの要素がさまざまなコンテンツで体験できる“『FF』のテーマパーク”

 そして『FF』シリーズのファンに刺さる要素が、さまざまなコンテンツで過去シリーズの要素がオマージュされ、盛り込まれているという点でしょう。それこそ数が多いので全部紹介するのは難しいですが、バトルコンテンツでいえば『ファイナルファンタジータクティクス』や『FFXII』のイヴァリースを体験できる“リターン・トゥ・イヴァリース”や、『FFV』のエクスデスや『FFVI』のケフカとも戦える“次元の狭間オメガ”など。キャラクターでいえばギルガメッシュやオルトロスも登場します。


 さらに現在『漆黒のヴィランズ』の最新パッチ5.4では、『FFVIII』のエデンも登場するコンテンツ“希望の園エデン”シリーズの最終章が配信されるなど、つねに何かしらの『FF』要素が体験できるのは、やっぱり古参ファンにはたまらないですよね。

  • ▲ちなみに“希望の園エデン”シリーズでカギを握るキャラクター・ガイアのデザインは、野村哲也氏が手掛けています。

 ほんの触りでの紹介となりましたが、オンラインRPGである『FFXIV』はあとから始めてもプレイしやすいように設計されているので、今始めても遅いということはまったくありません。まずはフリートライアルでエオルゼアへと足を踏み入れて、膨大な遊びが用意された『FFXIV』の楽しさに触れてみてはいかがでしょうか。

(C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.