【メモデフ4周年連載その4】『SAO』ゲームP陣が語る「アシストされてうれしかったこと」はこれ!

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 今年で4周年を迎えたiOS/Android向けアプリ『ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ(メモデフ)』。4周年企画のひとつとして、『SAO』の原作&アニメ&ゲームのキーマンたちにコメントをいただきました。そのコメントを4回にわたってお届けしていく第4回になります。

 第4回で紹介するコメントは、『SAO』ゲームシリーズのプロデューサー陣。本作のプロデューサーである月田百合香さん、そして二見鷹介さん、河合泰一さんの3人です。

 今までと同じく、月田さんたちにはお祝いのコメントだけではなく、4周年のタイミングでアプリに実装された新機能“アシストコール”にちなんで、困った時に誰かにアシストしてもらった思い出なども語っていただきました。

 長年『SAO』のゲームに携わってきた3人は、どんなピンチを迎えて、どんなことでアシストしてもらったことがあるのでしょうか?

月田百合香プロデューサー

――誰かにアシストしてもらって「助かった!」という思い出を教えてください。

 4年前にスマホアプリの部署に来てからずっと助けてもらいっぱなしでお世話になっているのは河合Pです。元々家庭用の部署にいたので、アプリの仕事をたくさん教えてもらって今があるので、本当に河合Pには感謝しています。(上司としても尊敬しています!)

――今までで最大のピンチはなんですか?

 宣伝活動の一環で、声優の鬼頭明里さんサイズで製作したコスプレ衣装を着用することになり、ギリッッギリで入ったこと。(ダイエットしました。)

――困った時にそばでアシストしてほしい『SAO』キャラクターとその理由を教えてください。

 アスナかなあ。恋愛にも友情にもまっすぐで、絶対裏切らないという信頼感がある。

――アプリ『メモリー・デフラグ』が4周年を迎えました。お祝いの言葉をぜひ!

 いつも遊んでいただいてありがとうございます! 一人一人のユーザーさんに支えられて4周年を迎えることができました! 5周年に向かって頑張ります!

――最後に、『SAO』ファンにひと言!

 いつも応援ありがとうございます。「SAOが好きでよかった!」と思える瞬間をたくさん提供できたらなと思っていますので、これからもゲームのみならずSAO全体を盛り上げて頂けると嬉しいです! 

二見鷹介プロデューサー

――誰かにアシストしてもらって「助かった!」という思い出を教えてください。

 『SAO』ゲームチームですね。『SAO』ゲーム2作目ぐらいのころまでは1人で粛々と制作していたのですが、『SAOLS』から河合Pや竹内Pが参加して、チームとして稼働することになりとても「助かった!」と思っています。今だと、若い力で南Pや月田P、ほかの深海くん、西尾さんも含めて大きなチームになってより多くの『SAO』ユーザーを楽しませるチームになってきたかな? と思っています!

――今までで最大のピンチはなんですか?

 『SAOIM』の1作目ですね。限定版をやらないほうがいいんじゃない? と当時はハイターゲット作品に理解がそんなにない時期で(今は全然問題ないです)、いろんな人に言われました。熱意だけでやらせていただいたので、感謝ですがほんと社内をゴリ押しさせていただきました(笑)

 当時は1万個だけでも!! →注文が増えたら少し増やしていいですか? →3万! という形でユーザーの皆様の気持ちで8万個程度まで増やさせていただきました。みなさまの『SAO』愛! の爆発力が無かったら今の続編は作れなかったな……なんて思い返します。

――困った時にそばでアシストしてほしい『SAO』キャラクターとその理由を教えてください。

 キリトです。もちろんキリトです! シナリオ制作をしているときに大体……“キリトだったらどうする?”って、いつも考えているので、キリトがそばにいてほしい、アシストしてほしいです!!

――アプリ『メモリー・デフラグ』が4周年を迎えました。お祝いの言葉をぜひ!

 4周年おめでとうございます! 家庭用とちがって、『SAO』の歴史を楽しめる! ということろで始まったタイトルですが、こんなにも長く愛されるタイトルになるとは……皆様に感謝! &月田P・西尾Pたちに感謝です。

 実写CMを始めたときは大丈夫か?(笑) と思いながら、気づけば毎年やる人気コンテンツに……来年も楽しみにしております!

――最後に、『SAO』ファンにひと言!

 『SAO』ゲームチームは家庭用・アプリ含めて皆さんといつでも楽しく盛り上がっていきたいなぁ……と思っております。いろんなタイトルがありますが、タイトル関係なく『SAO』でユーザーの皆さんとつながって行ければと思っていますので、今後とも『SAO』ゲームチームをお願いいたします。

河合泰一プロデューサー

――誰かにアシストしてもらって「助かった!」という思い出を教えてください。

 『メモデフ』のロゴってリリース前に100個くらい作って自分でボツにしちゃってかなり煮詰まっていたのですが、当時別のチームだった二見さんと雑談してる時に「原点に返ってみたら?」ってアドバイスをしてくれて、《アインクラッド》モチーフの今のロゴの案を思いつきました。感謝です。

――今までで最大のピンチはなんですか?

 今までで一番ではないですが、若手の時の生放送で、開始時に本物のお酒で乾杯する番組があったんです。お酒を飲んだらべろべろに泥酔して二見さんにずっと悪絡みしてた時ですかね。次の日に偉い人に怒られました。

――困った時にそばでアシストしてほしい『SAO』キャラクターとその理由を教えてください。

 イーディスかなぁ……困った時にあんな感じのお姉さんが一緒にいてくれたら、何もしなくてもちょっと元気になりますよね。バトルだったらユージオですね。キリトにおけるユージオみたいな信じあえる相棒的存在が自分にもいたらいいなーって思います。

――アプリ『メモリー・デフラグ』が4周年を迎えました。お祝いの言葉をぜひ!

 4周年おめでとうございます! 5周年の実写CMも楽しみにしています!

――最後に、『SAO』ファンにひと言!

 『メモデフ』を4年間も続けられているのはプレイしてくださる皆さんのおかげです!本当にありがとうございます! 生放送に出ているPだけでなく、本当にたくさんのメンバーが関わっているタイトルですので、チーム一丸となって盛り上げていければと思います。

 今後も原作、アニメに負けないようにゲームからも『SAO』を盛り上げていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ SAO A Project
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2016年8月31日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2016年8月31日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金