『FFXIV』THE PRIMALS&KeikoのSPライブ写真とともにお得すぎなアルバム“Journeys”の魅力を再紹介【電撃PS】

mag
公開日時

 6月19日に発売された『ファイナルファンタジーXIV(以下、『FFXIV』)』のアレンジアルバム“Journeys”。発売初週で総合ジャンルでのオリコンアルバムランキング10位を記録し、『FFXIV』プレイヤーはもちろんのこと全国の音楽ファンの間でも大いに話題となりました。

 そんな“Journeys”の発売を記念して、6月25日、抽選で選ばれたおよそ280名を北区王子にあるライブハウス・ベースメントモンスターに招待したスペシャルイベントが開催。ステージに登壇し楽曲を奏でたのはもちろん『FFXIV』公式バンド“THE PRIMALS”と、ピアニストのKeikoさん! オーディエンスの目と鼻の先、過去に類を見ないくらい“近い”シチュエーションでのオンステージとなりました。

 というわけで本記事では、ものすごい熱気の中で行われたスペシャルライブの写真をあらためてお届けするとともに、アレンジアルバム“Journeys”がいかにお得かあらためて紹介したいと思います。なお、今回のライブはMCも楽曲も生で配信されていたので、音と一緒にもっとじっくり見たいという方はぜひコチラからアーカイブをご覧いただければと思います。

■Journeys: FINAL FANTASY XIV アレンジアルバム発売記念SPイベント
(※ニコニコプレミアム会員の方のみ、7月25日まで視聴可能です)

そもそも“Journeys: FINAL FANTASY XIV Arrangement Album”ってどんなもの?

 6月19日に発売された“Journeys”は、膨大な楽曲が存在する『FFXIV』のアレンジアルバム第3弾。

■Journeys: FINAL FANTASY XIV 特設サイトはこちら

 『FFXIV』のアレンジアルバムはすべて“ピアノアレンジ”と“バンドアレンジ”という2つの味を1枚で楽しめるようになっており、“Journeys”には『紅蓮のリベレーター(パッチ4.X)』でゲーム内に実装された人気曲を中心にピアノアレンジ7曲、バンドアレンジ8曲(さらにエクストラ3曲)が収められています。いずれも超高音質のハイレゾ音源で視聴でき、ステレオの他に複数の5.1chを視聴可能で、しかもMP3ファイルをダウンロードすることもできるので、お手持ちの端末にデータをダウンロードして楽しむことも可能。もちろん言わずもがな、世界で活躍するピアニストKeikoさんやTHE PRIMALSが魂込めて奏でた音そのものも、そりゃあもうものすんごく良いのです。

 さらにさらに、『FFXIV』の音楽関連作品の多くはBlu-ray Disc Music仕様のため高音質の音源だけでなく映像も収録されており、“Journeys”ではなんと普段ゲーム中では見る事の出来ないアングルからのコンテンツ映像に加えて、3月に行われた東京ファンフェスの、15,000人が熱狂したライブステージ映像を楽しむことができます。(※一部の楽曲はパリファンフェスの映像を使用しています。) 加えて、インゲームアイテムもついてくる……!

 これだけ盛りだくさんの内容にもかかわらず、お値段はなんと4320円(税込)ですよ。なんとなく他の作品の商品と内容を見比べてみると、「え、ホントにいいの?」なんて思ってしまうような価格設定。『FFXIV』のサウンドトラックやアレンジアルバムはいずれも曲数がものすごく多かったり内容が超豪華だったりと毎度ファンを驚かせてきたわけですが、今回も相変わらず…いや、むしろ歴代の『FFXIV』アレンジアルバム史上一番内容を盛り盛りに詰め込んだのではないかというくらい、とにかくスゴい。

 この価格と内容、ひとえに“より多くの人に音を楽しんでもらえるように”ということを第一に考える祖堅さんや関係者さんたちのサービス精神とチャレンジ精神の賜物だと思います。いや、それにしても……毎度のことながら制作費や労力とお値段のつり合い、大丈夫なのかなー……などと思っていたのですが、どうやら今回は(も?)頑張りすぎてしまったようです。前説で登壇した“アニー先輩”こと白杉浩嗣氏によると「ちょっとやりすぎちゃったため、かなり多売しないと祖堅さんがだいぶ怒られることになるらしい」のだとか。

 もちろんお馴染みのプロレスなんだろな……(今回のイベント会場であるベースメントモンスターは、普段プロレス会場としても結構使われているみたいだし……)と思いつつ……そうは言ってもこれまで祖堅さんたちが、“買ってね”の枕詞にこういった“事情”を挟んできたことはありませんでしたので、これ、わりと本当のことなのかも? ならばいちファンとして協力せねば!! というわけで……この“Journeys”、掛け値なくオススメですので、もし本記事をご覧の方々の中にまだ聴いていないという方がいましたら、ぜひぜひご堪能いただければと思います。音に映像に、ホントに「うわああすげえええ」と思っていただけること必至ですので。Blu-rayの再生機能がなくてもPS3やPS4で聴けますし、ぜひぜひ!

■6/25 スペシャルライブ ピアノパート セットリスト■

01 紅の夜明け ~クガネ:夜~(ピアノソロVer.)

02 古傷 ~ギラバニア湖畔地帯:夜~

03 龍の尾 ~神龍討滅戦~
■6/25 スペシャルライブ THE PRIMALSパート セットリスト■

01 忘却の彼方 ~蛮神シヴァ討滅戦~(GUNN Ver.)

02 メタル ~機工城アレキサンダー:起動編~

03 エスケープ ~次元の狭間オメガ:アルファ編~

04 メタル:ブルートジャスティスモード ~機工城アレキサンダー:律動編~
■6/25 スペシャルアンコール(※配信終了後に演奏)■
01 ライズ ~機工城アレキサンダー:天動編~
  • ▲前説を務めたのは、『FFXIV』プレイヤーにはおなじみ、芸人のにしむらベイベーさんと、アニー先輩の愛称で知られるスクウェア・エニックスの白杉浩嗣氏。
  • ▲ステージ開始前の会場の様子を後ろから撮影。この熱気たるやすさまじいものがありました。



  • ▲ピアノライブ終了後の幕間。Journeysの売れ行きが過去最高に好調というお話をしていました。
  • ▲続いてはTHE PRIMALSのライブパート。祖堅さんのMC後に機材などの模様替えが行われました。超至近距離、ライブハウスならではといった臨場感。









  • ▲こちらは放送終了後に奏でられたスペシャルアンコール。曲目はライズ!

  • ▲280人が時間停止! バックから見るとかなり壮観。

  • ▲最後は、オーディエンスの撮影もOKなフォトセッション。「代わりに “Journeys”宣伝してね!」との祖堅さんのお願いを受けて、SNSは大いに盛り上がっていました。

つい先日には、9月のオーケストラコンサートに向けたオーケストラアレンジCDアルバム第2弾のリリースも発表され……今後も『FFXIV』の音楽展開はさらなる勢いで続いていきそうです!

■FINAL FANTASY XIV Orchestral Arrangement Album Vol. 2 特設サイトはコチラ

(C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 発売日: 2019年7月2日
  • 希望小売価格: 4,200円+税

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2019年7月2日
  • 価格: 4,200円+税

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Windows
  • ジャンル: MMORPG
  • 発売日: 2019年7月2日
  • 希望小売価格: オープン

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Windows
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2019年7月2日
  • 価格: オープン

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Mac
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2019年7月2日
  • 価格: オープン

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ コレクターズ・エディション(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Mac
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2019年7月2日
  • 価格: オープン