『英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ』が3月18日にSwitchで発売決定

電撃オンライン
公開日時

 日本一ソフトウェアは、『英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ』のNintendo Switch版を2021年3月18日より発売することを決定しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

 本タイトルは、日本ファルコム株式会社から2018年9月27日に発売された『英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ』のNintendo Switch版です。緻密なキャラクター描写と壮大なストーリー展開で国内外から高い人気を得る“閃の軌跡”シリーズの最終章が、Nintendo Switchでどこでも楽しめるようになりました。

 アップデートで追加された高速モードなども搭載されているほか、過去にDLCとして配信されていた衣装なども使用でき、『英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ』を満喫できるタイトルとなっています。ぜひご注目くださいませ。

『英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ』とは

『英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ』から直接つながる壮大なストーリー

 前作『閃の軌跡Ⅲ』の最後。帝国で暗躍する組織の陰謀によって取り返しのつかぬ結果をまねき、絶望の淵へと追いやられた《灰色の騎士》リィン・シュバルツァー。

 しかし、彼は自身が教官を務める「トールズ士官学院 第Ⅱ分校《Ⅶ組》」の生徒や、かつての学友たちの協力を得て、守るもののために再び戦うことを決意します。

エレボニア帝国に迫る終焉に諍うキャラクターたち

【リィン・シュバルツァー】CV:内山昂輝

 《灰の騎神ヴァリマール》を駆る《灰色の騎士》で、エレボニア帝国内では英雄視されている。トールズ士官学院第Ⅱ分校の教官を務める。

【ユウナ・クロフォード】CV:東山奈央

 旧クロスベル自治州出身の正義感溢れる活発な少女。クロスベル警察《特務支援課》への憧れから警官の道を志していたが、諸事情によりトールズ士官学院 第II分校へと移籍する。

【クルト・ヴァンダール】CV:江口拓也

 天才的な双剣術の腕をもつ、生真面目な美男子。当初は英雄として持て囃されるリィンの実力を疑っていたが、剣士としても教官としても真剣に向き合うリィンに接して、考えを改める。

【アルティナ・オライオン】CV:水瀬いのり

 帝国軍情報局所属の感情が希薄な少女。以前からサポート兼監視役として彼を支えていたが、リィンが教官となったことで《Ⅶ組》の生徒として入学。学校生活の中で、感情を育んでいく。

【ミュゼ・イーグレット】CV:小清水亜美

 帝国・イーグレット伯爵家出身の清楚かつ蠱惑的な少女。謎めいた言動や底知れない才能を垣間見せていたが、その正体が数年前に帝国内戦を引き起こしたカイエン公の姪だと判明する。

【アッシュ・カーバイド】CV:前野智昭

 粗野で猛々しいが、あらゆる分野において並外れた才能を持つスラム育ちの不良青年。元々《Ⅷ組》の生徒だったが、《Ⅶ組》へ移籍し、リィンたちの影響を受けて己の進む道を探していた。

歴代シリーズのキャラクターも集結!

 『空の軌跡』シリーズから《エステル》《ヨシュア》《レン》が、『零の軌跡』と『碧の軌跡』からは《ロイド》《エリィ》《キーア》が登場! 他にも歴代シリーズのキャラクターが集結して、リィンたちの戦いに協力してくれます。

【エステル・ブライト】CV:神田朱未

 『空の軌跡』シリーズからの登場人物。リベール王国の遊撃士協会・正遊撃士を務める。

【ヨシュア・ブライト】CV:斎賀みつき

 『空の軌跡』シリーズからの登場人物。リベール王国の遊撃士協会・正遊撃士を務める。

【レン・ブライト】CV:悠木碧

 『空の軌跡』シリーズからの登場人物。リベール王国の名門・ジェニス王立学園の生徒。

【ロイド・バニングス】CV:柿原徹也

 『零の軌跡』『碧の軌跡』からの登場人物。元クロスベル警察《特務支援課》捜査官。

【エリィ・マクダエル】CV:遠藤綾

 『零の軌跡』『碧の軌跡』からの登場人物。元クロスベル警察《特務支援課》捜査官。

【キーア・バニングス】CV:釘宮理恵

 『零の軌跡』『碧の軌跡』からの登場人物。ロイドたち《特務支援課》によって保護された天真爛漫な少女。

直感的な操作で楽しめる戦闘システム

 戦闘システムはシリーズおなじみのAT(Action Time)バトルです。「行動順」や「位置」といった戦術的な要素を、簡単な操作で楽しむことができます。

 詠唱して魔法を放つ“アーツ”や、戦うほどに溜まるパワー「CP」を消費する強力な技“クラフト”などを駆使して、有利に戦いを進めましょう。

 クラフトのなかには、CPをすべて消費する“Sクラフト”というクラフトも存在。強力なだけでなく、行動順に割り込んで使えるので有効なタイミングを見極めましょう。

『英雄伝説 閃の軌跡Ⅱ』に登場した古代の導力魔法「ロストアーツ」が復活!

 『閃の軌跡Ⅱ』に登場した複数属性をもつ古代の導力魔法「ロストアーツ」が今作で復活。
キャラクターの全EP(アーツを使うのに必要なポイント)を消費して、戦場全体に絶大な効果をもたらします。

 不死鳥の業火で敵全体に火傷と大ダメージをもたらす【プロミネンス・ロア】や、裁きの剣で極大ダメージとブレイク状態をもたらす【ロード・レグナリオン】など、使いこなせば強力なものばかりです。

巨大人形兵器「騎神」や「機甲兵」がぶつかりあう!

 ゲーム中では、巨大人形兵器バトル「騎神戦」を行うことがあります。操縦する巨大人形兵器にはリィンの乗機“灰の騎神 ヴァリマール”や、生徒たちが乗る機甲兵など様々な機体が登場します。

リィンの“騎神召喚”だけでなく、生徒たちの“機甲兵召喚”も使えるように!

 “起動者”であるリィンは《灰の騎神 ヴァリマール》を召喚して攻撃ができます。今作ではさらにユウナ、クルト、アルティナたち《Ⅶ組》の生徒たちも巨大人形兵器“機甲兵”を召喚できるようになりました。とても強力な攻撃なので、有効活用していきましょう。

『英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ』とのセーブデータ連動にも対応!

 前作Nintendo Switch版『英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ』のセーブデータがあると、序盤攻略が有利になるボーナスアイテムが使用可能。さらにクエスト達成度、教官ランクなど『Ⅲ』のクリア状況に応じて、入手できるボーナスアイテムや一部イベントが変化します。


©2018-2021 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved. Licensed to NIS America, Inc., Sub-Licensed to and published by Nippon Ichi Software, Inc.

英雄伝説 閃の軌跡III

  • メーカー: 日本一ソフトウェア
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年3月19日
  • 希望小売価格: 6,980円+税

英雄伝説 閃の軌跡III(ダウンロード版)

  • メーカー: 日本一ソフトウェア
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年3月19日
  • 価格: 6,980円+税