入厩は1頭毎月60万円。お金ピンチ! 借金人生か、馬券で大勝利するか…!【オグリ・メルのダビスタプレイ日記#2】

電撃オンライン
公開日時

 星めぐり学園のVtuberであるオグリ・メルさんによる、Switch版『ダービースタリオン』(2021年12月3日発売)のプレイ日記をお届けします。

オグリ・メルのダビスタプレイ日記 バックナンバー

オグリ・メルってどんな人?

オグリ・メルTwitter

オグリ・メルYouTubeチャンネル

 悪魔の郵便屋さん。人間の欲望を魔界に届ける。

 視聴者の欲望を集めるため、人間界の人気プラットフォーム「YouTube」にデビュー。

●動画:【切り抜き】5分くらいで分かるオグリ・メル【Vtuber/ #星めぐり学園】【オグリメル】

第2回:入厩は1頭毎月60万円。お金ピンチ! 借金人生か、馬券で大勝利するか…!

 さぁ! 馬券でだいぶ貧乏馬主になって皆に心配されている所からスタート! 笑

 競馬に負けたのが悔しすぎてダビスタ内での競馬新聞の見方を勉強!!

 各記者のしるしだと思ったら違うのか! ふむふむ。

 馬主をやめて馬券で食べて行こうか考えつつ、せっかくキズナの子も生まれて、クロフネももうすぐ生まれるから新馬戦出さねば! 笑

 と思い珍しく馬券買うの我慢。

 そして新馬戦に出すまで、まだまだ時間がかかる。

 日付進めなきゃ! と5月まで進めたら2歳馬セールに!!

 一千万しかないけど、、、子供を早く出走させたい! 父ダンスインザダークの子供、セリに挑戦!!

 760万円で2歳馬落札!!!

 6月まで進めて入厩させ、名前をセカンドインパクトに命名☆

 入厩は1頭毎月60万円かかると知る!

 ひぃ! 委託料。。

 お金がさらにピンチ!!!!

 さぁ! ここで初めての調教に挑戦。

 コメントで教えて貰いつつ、坂路、併せ、強めで調教!

 かなり太い! まだまだ絞る必要が有るそうです。レース出走させるまでに調教しっかりせねば!!

 調教やりすぎても怪我に繋がるみたい。

 凄いリアルーー!!

 そしてプールの調教の姿が可愛いすぎる!

 体重を絞って、調子を整えてセカンドインパクト新馬戦出走!!! 2歳の阪神1800での新馬戦に挑戦です☆騎手はルメール騎手に頼めてメル興奮!

 新馬戦から乗って貰えるなんて!

 作戦指示で、ルメールとしゃべれる?! ドキドキ! ドキドキ!

 、、、あれ?

 レース始まってる?!?! またレースのボタン押してしまったーーー!(泣

 2番手からスタート! 先行! 良い!!

 最後ちっそく、、ガーン。。。

 切り替えてまた調教して次のレースだ!!
(まだファーストインパクトは出走してません)

 続いて中京2歳未勝利戦芝1200へ挑戦!

 大外を引いてしまったが!

 池添騎手に期待!!! 今度はしっかり作戦指示も出来た! セカンドインパクト印がゼロに少し傷つく。笑

 先行指示も出遅れて先行してない! 笑

 第4コーナーから大外のためまったくカメラに映らず、結果は14着!

 気を取り直して調教した後次も2歳未勝利へ!!

 新潟1200ルメール騎手!

 作戦指示でやっとルメール騎手と話せた!(凄く嬉しい)

 先行スタートは最高。

 でも最後直線伸びず10着、、、!


お馬さんも疲れているので放牧中。

 そしてしっかりお休みさせて調教で整えたら次は阪神2歳未勝利1200へ!!

 またルメール騎手! 大外だけど(泣)

 メルの好きなサヤカチャンと同じレースだ!

 今回も掲示板入らず(泣)

 次外枠なら差しにするぞ!

 セカンドインパクト疲れてるため、レースを組まずに日程を進める。

 ちょっと資金危なくなったので、仕方ない!

 馬券で増やすしか、、、ない!

 とアルゼンチン共和国杯で馬券勝負!

 真剣に知ってる馬名は過去の実績調べ始める。負けられない戦い! ルルーシュがアルゼンチン共和国杯一度勝った実績あり! 3着にもなってる! 2500m得意! しかも人気薄め!

 1番ルルーシュから馬連で相手総流し、有り金かけれるだけ全部投入!!! 人生を賭けた戦い!

 借金人生か、馬券で大勝利するかはこのレースにかかっている! 人生を賭けた戦い!

 スタート! 2番手からの好スタート!

 第4コーナーから鬼の脚で1着ゴール!!!
(ここで鼓膜破れるほど絶叫)

 相手が1番人気だけど、ルルーシュがそんな人気なかったからよし!

 とまたまた違う楽しみ方をしていました! 笑

 何とかしのいだけど、まだまだ貧乏なオグリメルどうなる?!

(次回は近日公開予定です)

オグリ・メルのダビスタプレイ日記 バックナンバー

©2020 ParityBit ©2020 GAME ADDICT ©SUGIYAMA KOBO
Logo & package illustration by SUSUMU MATSUSHITA

関連する記事一覧はこちら