『ゼルダ無双 厄災の黙示録』豊富なキャラで戦える。クエストも豊富でヤメ時なし!【すんゲー20本、特集】

信濃川あずき
公開日時

 2020年の年末年始の特別企画として、電撃オンラインがユーザーにオススメしたいタイトルをプッシュする“すんゲー20本、”特集をお届けします。

 この記事でレコメンドするのは、コーエーテクモゲームスのNintendo Switch用アクションゲーム『ゼルダ無双 厄災の黙示録』。その魅力や注目ポイントを熱く語ります!

アクションが異なる豊富なキャラクター

 本作では、Switch用アクションアドベンチャー『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(以下『BotW』)』の100年前に起こった大厄災が描かれています。

 『BotW』と共通するキャラクターが多数。そして、『BotW』では操作できなかったリンク以外のキャラクターで戦うことができます!

  • ▲4人の英傑や若き日のインパ、ゼルダ姫らが操作可能。戦い方がみんな異なって楽しい!
  • ▲『BotW』では内部を探索した神獣を操作して、ダイナミックに戦うこともできます。

 もちろん、操作をできるだけではなく、ストーリーがしっかりと深掘りされています。ゼルダ姫の焦りやハイラル王の気持ち、ウルボザの優しさ、ダルケルの気持ちよさ、リーバルのプライド、そしてミファーの切なさがこれでもかというほどバッチリ描かれます。アクションだけでなくストーリーも中毒性が高いので、睡眠時間の確保にお気をつけください。

 そして、上記以外にもプレイアブルキャラクターが出てきます。どのキャラクターも攻撃方法が独特で、同じステージの周回も新鮮な気持ちで楽しめます。攻撃は武器が変わる程度ではなく、「その攻撃方法アリなのかよ!」と、思わず声が出るほど個性が爆発しています。

遊べる場所の多さは感動モノ

 本作はメインストーリーに加えて、プレイ必須ではない寄り道の“バトルチャレンジ”や、ハイラル中の人々を助ける“ハイラルチャレンジ”といった遊べる要素が盛りだくさん。

  • ▲時間制限など、ちょっと変わったルールで戦えるバトルチャレンジ。繰り返し遊んじゃいます。
  • ▲ハイラルの全体マップ。散りばめられた行き先の多さにワクワクが止まりません。

 こんなにも遊べる場所を用意していただけるなんて……と、感動すら覚えます。前述したキャラクターの豊富さも相まって、本当に「あと1ステージ遊んだら終わろう……」が、いつまでもプレイを続けてしまいます。

 これからプレイする方、ぜひ長いお付き合いをするつもりで手に取ってください。じっくりすみずみまで遊び尽くしていただきたいです。

(C) Nintendo (C) コーエーテクモゲームス All rights reserved. Licensed by Nintendo

ゼルダ無双 厄災の黙示録

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2020年11月20日
  • 希望小売価格: 7,920円(税込)

ゼルダ無双 厄災の黙示録(ダウンロード版)

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2020年11月20日
  • 希望小売価格: 7,920円(税込)

ゼルダ無双 厄災の黙示録 TREASURE BOX

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2020年11月20日
  • 希望小売価格: 16,720円(税込)