『機動戦士ガンダムEXVS.2』親密度マスターが一番多いナビは? 一番組まれたタッグやゲージデザインなどを紹介

たく坊
公開日時
最終更新

 バンダイナムコアミューズメントのアーケード向け対戦アクションゲーム『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』の、公式データを参考にした座談会をお届けします。

 『エクストリームバーサス2』稼働2周年、『EXVS.』シリーズ10周年を迎え、次回作『クロスブースト』も発表され、さらなる期待が集まる本作。『機動戦士ガンダム』をモチーフにしているため、ゲーム性に引かれた人だけでなく、原作ファンがプレイしているタイトルでもあります。

 『エクストリームバーサス2』を遊んでいる筆者は、ふと「一番親密度マスターが多いナビってなんだろうなぁ……」と思い、編集部に相談。それを受けて、バンダイナムコアミューズメントさんから独自のデータをいただくことになりました。

 いただいたデータをもとに、筆者・たく坊と編集部・kbjで座談会を実施。いただいたデータの一部を公開しつつ、印象を語っていきます。

 なお、データは一部を除いて10月13日までのものです。

機体熟練度MASTERの多い機体を振り返る

 まずは、先日公式Twitterで公開された“機体熟練度MASTER”を達成した各機体のプレイヤーの数を紹介。こちらは既出情報となっています。












kbj:先日公開されたデータだけど、これを見てどう思った?

たく坊:第1位の“ライトニングガンダムフルバーニアン”は、『エクストリームバーサス2』を代表する強い機体かつ機体人気も高いと思うので、“機体熟練度MASTER”が飛びぬけて多いのは納得です。対戦ゲームなので、性能が高い機体が使われるのは当然ですから。それよりは、第2位の“ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイク”が意外でした。

kbj:第1位は69人で、第2位の“ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイク”は42人。原作だとライバル機だし人気があるけど、“トライバーニングガンダム”や“Hi‐νガンダム”より熟練度MASTERが多いのはちょっと意外だったね。

  • ▲“トライバーニングガンダム”

たく坊:“エクストリームガンダム エクセリア”や“百式”など、いわゆる“強機体”が多い中で“ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイク”はこの順位ですからね。第7位の“ガンダムエクシア”に関しては、性能より機体人気なのかなとも思いました。

kbj:『機動戦士ガンダム00』は10代~20代のプレイヤーに人気があるイメージだし、“ガンダムエクシア”がトップ層に入り込むことに違和感はないかもね。機体の人気で言うと、個人的にはコアなファンが付いていそうな“トールギスII”や“ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)”、“ナイチンゲール”に熟練度MASTERがいないのにも驚いたかな。

たく坊:機体性能がやや弱めであると思いつつ、他のあまり使われない機体でも熟練度MASTERはいるし、他に理由があるのかもしれないですね。例えば、「過去シリーズで猛威をふるった」機体であるとか。

kbj:なるほど、当てはまらない機体もいるけど、“シナンジュ・スタイン”や“高機動型ザクII 後期型(ジョニー・ライデン機)”といった追加機体を除けば、過去シリーズで強かった機体がそこそこいるな。“G-セルフ”もそれに当てはまるか。

  • ▲“シナンジュ・スタイン”

たく坊:「昔よく使ったし、本作では違う機体を使おう」と思っているのかもですね。

kbj:“ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイク”はシーズン中に調整を受けていないから、使っている人がずっと乗っているから、多いのかもね。データを見て、いろいろ考えていくのもおもしろいよね。

ナビ親密度MASTERの人数を紹介。最近の作品の女性ナビが人気

 続いて、バトルナビ、プレイヤーナビの両方を含めた“ナビ親密度MASTER”のランキングを紹介。

順位 キャラクター
1 アイラ・ユルキアイネン
2 ホシノ・フミナ
3 セシア・アウェア・ノーノ
4 セシア・アウェア
5 ユリン・ルシェル
6 アトラ・ミクスタ
7 セシア・アウェア・アハト
8 セシア・アウェア・プリモ
9 フェルト・グレイス
10 ネーナ・トリニティ
11 アイーダ・スルガン
12 クーデリア・藍那・バーンスタイン
13 メイリン・ホーク
14 セシア・アウェア・セスト
15 ラクス・クライン
16 ハロ
17 ルナマリア・ホーク
18 ティファ・アディール
19 ミーア・キャンベル
20 スメラギ・李・ノリエガ

kbj:ほい。たく坊が欲しがっていたデータだよ。

たく坊:ありがとうございます!

kbj:実際に見て、どう?

たく坊:“アイラ・ユルキアイネン”や“ホシノ・フミナ”、“ユリン・ルシェル”は絶対に上位だろうと予想していました。ただ、オリジナルキャラの“セシア”系統のキャラが全員上位にいるのは予想できませんでしたね。言われてみれば、“セシア・アウェア・ノーノ”を選んでいる人はよく見ます。

kbj:ナビはゲーム性にあまり関係ない分、プレイヤーの好みが出るものだし、使われる理由の多くは「原作で好きだった」と「かわいい、かっこいいから」というのがありそうなイメージはあるね。特に、上位層は全員女性キャラクターだし。

たく坊:みんな、かわいいキャラクター好きですからね。“セシア”は衣装も多く実装されているので、いろいろな衣装を楽しんで変えている人もいそうな感じがあります。

  • ▲セシア・アウェア(通常)

  • ▲セシア・アウェア(ブライダル)

kbj:声優も豪華だしね。ハロが高いランクに入っているのは、“ガンダムVS.モバイル”の無料コースでも選べるからだろうね。

 あとは、親密度MASTERを達成したら、同じナビじゃなく、別のナビの親密度MASTERを狙う人もいるんじゃないかな。

たく坊:そうですね、自分も“オードリー・バーン”、“エルピー・プル”、“ロマリー・ストーン”などの親密度がMASTERなので、付け替える人も多くいると思います。

kbj:親密度MASTERを達成すると、スタンプ通信を獲得できるから、それを狙って契約している人もいそうだね。自分もそうだけど。

たく坊:スタンプ通信が欲しい説はありそうですね。親密度を上げて獲得できる報酬で言うと、個人的には、“セシア・アウェア・セスト”の称号“締切間近!”が好きです。ゲームセンターに足を運んでいる自分の状況を表しているようで。

kbj:締切間近にはゲームしていないで、テキストを書いてくれ。

たく坊:すみません……。

ソロとチームの割合はソロ7割チーム3割

 ソロ出撃とチーム出撃の、月ごとにプレイされた割合について紹介します。

日付 ソロ チーム
2018年10月 70.2% 29.8%
2018年11月 69.0% 31.0%
2018年12月 69.6% 30.4%
2019年1月 70.4% 29.6%
2019年2月 70.8% 29.2%
2019年3月 69.6% 30.4%
2019年4月 70.3% 29.7%
2019年5月 70.9% 29.1%
2019年6月 72.1% 27.9%
2019年7月 72.3% 27.7%
2019年8月 69.4% 30.6%
2019年9月 72.4% 27.6%
2019年10月 72.4% 27.6%
2019年11月 71.0% 29.0%
2019年12月 69.5% 30.5%
2020年1月 69.9% 30.1%
2020年2月 69.5% 30.5%
2020年3月 69.6% 30.4%
2020年4月 74.9% 25.1%
2020年5月 69.9% 30.1%
2020年6月 72.5% 27.5%
2020年7月 73.1% 26.9%
2020年8月 74.5% 25.5%
2020年9月 73.9% 26.1%
2020年10月 74.1% 25.9%
2020年11月 74.4% 25.6%

kbj:細かい数値は違うけど、おおよそソロ7割、チーム3割といった感じになっているね。

たく坊:ソロの方が圧倒的に多いですね。というか、月ごとにリセットがかかっているのに、ここまできれいに7:3の割合になるとは。

kbj:1月とか4月とか、一般的に長期休暇である時も、基本の割合は変わっていない。本作から別の場所にいるプレイヤー同士でタッグを組む、“オンラインタッグ”があるから、それで変わらなくなっているのかもね。

たく坊:チームの大会である“PREMIUM DOGFIGHT 2019(PDF2019)”前には、チーム出撃の方が圧倒的に多くなるかと思っていましたが、割合が変わるほどでもないんですね。

kbj:プレイする頻度が多少変わっても、ソロ出撃を遊ぶ人、チーム出撃を遊ぶ人で基本的なプレイ数は違わないということなのかもね。

もっとも多く組まれたタッグは稼働初期に見られたあのチーム!

 本項では、タッグ出撃が多かった組み合わせの機体を紹介します。

順位 機体A 機体B
1 レジェンドガンダム ダブルオーガンダム
2 トールギスⅢ レジェンドガンダム
3 Hi-νガンダム ライトニングガンダムフルバー二アン
4 Hi-νガンダム ナラティブガンダム
5 ヤークトアルケーガンダム ナラティブガンダム
6 トールギスⅢ ライトニングガンダムフルバー二アン
7 ダブルオーガンダム ライトニングガンダムフルバー二アン
8 レジェンドガンダム ガンダム・キマリスヴィダール
9 ガンダム・キマリスヴィダール ライトニングガンダムフルバー二アン
10 Hi-νガンダム ペイルライダー(陸戦重装仕様)
11 Zガンダム Hi-νガンダム
12 レジェンドガンダム ガンダム・バルバトスルプスレクス
13 Hi-νガンダム エクストリームガンダム エクセリア
14 トールギスⅢ パーフェクトストライクガンダム
15 メッサーラ トールギスⅢ
16 パーフェクトストライクガンダム ダブルオーガンダム
17 ガンダムヴァーチェ ガンダム・キマリスヴィダール
18 Hi-νガンダム ザクアメイジング
19 ダブルオーガンダム ザクアメイジング
20 フォビドゥンガンダム Hi-νガンダム
21 ダブルオークアンタ ライトニングガンダムフルバー二アン
22 ダブルオークアンタ ザクアメイジング
23 パーフェクトストライクガンダム ガンダム・キマリスヴィダール
24 エクストリームガンダム エクセリア ガンダム・キマリスヴィダール
25 トールギスⅢ 騎士ガンダム
26 Hi-νガンダム スターウイニングガンダム
27 トールギスⅢ ザクアメイジング
28 ガンダム・バルバトスルプスレクス ライトニングガンダムフルバー二アン
29 レジェンドガンダム ダブルオークアンタ
30 ヤークトアルケーガンダム アストレイゴールドフレーム天ミナ
31 Hi-νガンダム ビルドストライクガンダム(フルパッケージ)
32 メッサーラ ダブルオーガンダム
33 トールギスⅢ ペイルライダー(陸戦重装仕様)
34 ガンダム・キマリスヴィダール ザクアメイジング
35 ダブルオーガンダム クシャトリヤ
36 ストライクフリーダムガンダム レジェンドガンダム
37 百式 Hi-νガンダム
38 レジェンドガンダム ユニコーンガンダム
39 トールギスⅢ クシャトリヤ
40 トールギスⅢ エクストリームガンダム エクセリア
41 パーフェクトストライクガンダム ガンダム・バルバトスルプスレクス
42 ダブルオーガンダム ペイルライダー(陸戦重装仕様)
43 ダブルオークアンタ ナラティブガンダム
44 レジェンドガンダム Hi-νガンダム
45 νガンダム レジェンドガンダム
46 ダブルオーガンダム ナラティブガンダム
47 ダブルオークアンタ ペイルライダー(陸戦重装仕様)
48 トールギスⅢ ナラティブガンダム
49 Hi-νガンダム 騎士ガンダム
50 ガブスレイ ダブルオーガンダム

kbj:稼働初期から流行していた“ダブルオーガンダム”と“レジェンドガンダム”のチームが堂々の1位だね。

たく坊:個人的には、“PREMIUM DOGFIGHT 2019”で使われていた“トールギスIII”・“騎士ガンダム”や“Hi-νガンダム”・“ライトニングガンダムフルバーニアン”かなと思っていたので、予想外でした。“ダブルオーガンダム”・“レジェンドガンダム”のタッグって、EXバーストの使い方やセオリー通りに戦いやすいところなどがあって、楽しいんですよね。

kbj:“ダブルオーガンダム”・“レジェンドガンダム”のタッグは稼働初期に流行していたこともあって、追加機体の“騎士ガンダム”や“ライトニングガンダムフルバーニアン”たちが含まれたチームは1位にならなかったのかな。

たく坊:“ナラティブガンダム”も上位に入っているけど、第1位は逃していますね。それより、プレイヤー間で強機体の環境に入っていないとされている“ビルドストライクガンダム(フルパッケージ)”がランクインしていることに驚いています。

  • ▲ナラティブガンダム

kbj:この中だと確かに異質だよね。でも、実は先述した熟練度MASTERでも、同率35位と人気機体ではあるみたい。

たく坊:若い世代には『ガンダムビルドファイターズ』が好きな人、多そうですもんね。僕はチーム出撃ばかり遊んでいますが、ほとんど見ない組み合わせだったんですけどね。

kbj:マッチングランクによっても、チームの組み合わせの傾向は変わるんだろうね。どの対戦ゲームもそうだけど、上のランクは環境キャラが多くなり、逆に下のランクは環境から外れたキャラも多く入るようになるものだから。

たく坊:先ほどの熟練度MASTERの話だと、意外に多かった“ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイク”はチーム出撃だと少ないですね。ソロ出撃やチーム出撃での組み合わせが固定化されていないことが原因なんでしょうか?

kbj:チーム出撃よりソロ出撃の方が人口が多いのが原因かも。“ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイク”とは外れてしまうけど、実は“百式”・“百式”のペアが104位だったんだよね。100位だったらすごく映えたのになあ……。

たく坊:そんなところで残念がらないでください……。

CPU戦でもっとも遊ばれた機体は“トライバーニングガンダム”

 本作のCPU戦である“トライアドバトル”で使用された機体のランキングをまとめました。

順位 機体
1 トライバーニングガンダム
2 Hi-νガンダム
3 ガンダム・キマリスヴィダール
4 ガンダム・バルバトスルプスレクス
5 ライトニングガンダムフルバー二アン
6 ガンダム・バエル
7 ヤークトアルケーガンダム
8 エクストリームガンダム エクセリア
9 トールギスⅢ
10 ダブルオーガンダム
11 ストライクフリーダムガンダム
12 ナラティブガンダム
13 ダブルオークアンタ
14 Zガンダム
15 スターウイニングガンダム
16 パーフェクトストライクガンダム
17 Ξガンダム
18 ガンダムエクシア
19 ガンダムAGE-1 フルグランサ
20 ユニコーンガンダム
21 ビルドストライクガンダム(フルパッケージ)
22 クロスボーン・ガンダムX2改
23 デスティニーガンダム
24 ガナーザクウォーリア
25 ザクアメイジング
26 レジェンドガンダム
27 νガンダム
28 騎士ガンダム
29 百式
30 フルアーマー・ユニコーンガンダム

kbj:まとめてみたものの、これ単体だとそこまで言うことがないかもね。

たく坊:そうですね。強いて言えば、これまでまったく名前が上がらなかった“ガンダム・バエル”が上位に入っていることでしょうか。

kbj:ただ、さっき見た“機体熟練度MASTER”とタッグ出撃のくみあわせ、このデータを合わせてみると、CPU戦で使われているのか、ソロで使われているのか、タッグで使われているのか見えてくるのよね。

たく坊:確かに。自分はCPU戦はほとんどせず、トレーニングモードばかり遊んでしまうのですが、CPU戦は途中でオンライン対戦になってしまうんでしたっけ?

kbj:店舗によっては、プラスコインを使えば全部CPU戦で遊べるね。

たく坊:なるほど!

もっとも設定されているゲージデザインは?

 最後に、現在プレイヤーが設定しているゲージデザインのランキングを紹介します。

順位 ゲージデザイン名
1 VS2_ブルー
2 EXVS.2稼働1周年記念
3 VS2_レッド
4 ジオン軍
5 ラストリワードゲージ(銀)
6 ラストリワードゲージ(銅)
7 ザフト軍
8 地球連邦軍
9 EXVS.10周年記念ゲージ
10 魔方陣
11 ソレスタルビーイング2
12 ガンプラバトル
13 FA・ユニコーンガンダム
14 海賊部隊
15 ヤークトアルケーガンダム
16 ガルヴァリア W45P3R
17 イオリ模型店
18 ストライクルージュ
19 スターウイニングガンダム
20 ガンダムガルヴァリア
21 鉄華団
22 ガンダム・バルバトスルプスレクス
23 ライトニングガンダムフルバーニアン
24 ガルヴァリア B34M3R
25 バンシィ・ノルン
26 ガルヴァリア H4ND3R
27 アムロ・レイ
28 Zガンダムバイオセンサー
29 トライ・ファイターズ
30 フォーンファルシア

kbj:ゲージデザインは初期から所持している“VS2_ブルー”が第1位でした。無料コースのプレイヤーの分も合わさっているので、妥当な結果なのかな?

  • ▲VS2_ブルー

たく坊:プレイヤーナビの親密度の“ハロ”も同じ理由で、無料コースの分もしっかり数字になっていますね。

kbj:プレイヤー間で物議を醸している“サブカード”問題もあるけど、それはそれとして、ゲージを設定しない人もいるよね。ゲームプレイがメインで、ゲージとかの装飾にそこまで興味がないのかな。

たく坊:『ガンダム』シリーズを知らなくても『エクストリームバーサス2』を遊んでいる人は結構いる印象があります。あとは、そもそも“VS.モバイル”を使っていない人もいるかもしれませんね。

kbj:とはいえ、第2位は“EXVS.2稼働1周年記念”のゲージなんだよね。キャンペーンのゲージがしっかり使われているのが意外。

  • ▲“EXVS.2稼働1周年記念”

たく坊:他にも“ラストリワードゲージ(銀)”や“EXVS.10周年記念ゲージ”もキャンペーンのゲージデザインですね。前者はアーケード版『マキシブーストON』の連動特典、後者はPS4版『マキシブーストON』の連動特典です。

kbj:好きな作品とか、好きな機体のゲージが使われていると思っていたけど、キャンペーンのゲージがこんなに使われているんだね。個人的には、“SDガンダム30周年記念ゲージ”がにぎやかで好きなんだけど、こっちはそんなに使われていないのよね。

たく坊:チャレンジミッションで一番高いのは10位の“エクストリームガンダムエクセリア[EX]”の魔法陣です。機体人気もありますが、ここまでとは……。

kbj:ゲージデザインが好きでミッションをこなす人もいるだろうからね。

  • ▲VS2_レッド
  • ▲ジオン軍
  • ▲ラストリワードゲージ(銀)
  • ▲ラストリワードゲージ(銅)
  • ▲ザフト軍
  • ▲地球連邦軍
  • ▲EXVS.10周年記念ゲージ
  • ▲魔方陣

kbj:以上が、いただいたデータだけど、どうだった?

たく坊:想像通りな部分もあれば、意外なデータもあって、おもしろかったです。個人的には、ソロとチームの割合がきれいに7:3で分かれているのが一番興味深かったですね。ソロが多いのは過去のインタビューでもわかっていましたが、自分はチーム出撃ばかり遊んでいるので、もう少し増減するものかなとも思っていたところもあります。

kbj:公式Twitterで機体熟練度の数を発表するようなことがあると、あまり使われない機体を使い続けている人はうれしいかもね。今後の『エクストリームバーサス2』、次回作の『クロスブースト』でどうなるのか、楽しみだね。

たく坊:じゃあ、ゲームセンターに行ってプレイしましょう!

kbj:先にこの原稿を上げてもらえるかな……。

※データは一部を除いて10月13日までのもの。
※掲載内容は記事作成時のもので、アップデートなどで変更になる可能性がある。
(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS

機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2

  • メーカー: バンダイナムコアミューズメント
  • 対応機種: AC
  • ジャンル: アクション
  • 稼動日: 2018年10月30日
  • 料金: オープン