【おすすめDLゲーム】ぴっちぴちのギャルを目指して飛べ! 『Jump King』はシンプルで高難度のジャンプACT

イナヤ マギ
公開日時

 ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する“おすすめDLゲーム”連載。今回は『Jump King』をお届けします。

 『Jump King』は、ジャンプでひたすら塔の上へと昇っていくアクションゲームです。2019年5月にPC版で発売され、2020年12月17日にPS4とNintendo Switch版が発売されました。

 そんな本作を紹介します。

 なお、画像はすべてNintendo Switch版です。

ぴっちぴちのギャルを目指してひたすらジャンプ!

 大兜をかぶった男が1人、森の中へとやってきます。

 男はある塔にまつわる伝説を信じて、強靭な脚を使い、ひたすらジャンプして登っていくことになります。

 伝説では……塔のてっぺんにはぴっちぴちのギャルがいるという……。

操作は移動とジャンプだけ!

 プレイヤーができる操作は移動とジャンプだけ! ひたすらジャンプして塔を登っていくわけです。

 ジャンプはボタンを押している時間だけ高さと飛距離が細かく変化します。


 ジャンプする方向は決められますが、ジャンプ中は制御できません。高さと距離を次の足場にうまく合わせて、上に登っていきましょう。

 ちなみに落下中も制御はできません。どこかにぶつかったり、足場を飛び越えてしまうと、そのまま下まで落ちてしまいますので注意してください。


上に行くと風や雪といったギミックがある箇所も!

 本作ではさまざまなエリアを登っていきますが、上に行けば行くほど難しくなっていきます。



 なかには強風に流されたり、積もった雪でジャンプでしか動けなかったりといったギミックがあるエリアも! ギミックをうまく生かしながら、ジャンプして進みましょう!


ぴちっぴちギャルは他にも2人いる!

 本作には、オリジナルコースの他に、“New Babe+”と“Ghost of the Babe”という2つのコースが用意されています。


 最初からこちらを選んでプレイすることもできますが、セーブデータが1つしかなく、追加コンテンツなので難易度が高いため、オリジナルコースをプレイしてから遊ぶのがオススメ!

難しいからこそハマる良作

 本作には、敵キャラが出現しないうえに、プレイヤーのHPもないので、ゲームオーバーはありません。最大の敵は自分自身。心が折れて終了するタイプのゲームです。

 正直に言って心がバキバキに折れる難易度です! 最初の方は思い通りにジャンプすることすらできず、すぐに下に落ちてスタート地点付近に戻され、一向に先に進めないのでイライラする方が多いと思います。

 それでもあきらめずにプレイし、ジャンプにも慣れ始めたころに、ようやく本作の魅力である戦略性の高さが分かってきます。

 前述したギミックだけでなく、天井や壁にぶつかることで足場に乗るようなパズル要素があるので、単純なジャンプだけでなく、攻略できるルート探しも重要になってきます。

 何度も何度も落ちながら、ジャンプのサイズやルートなど攻略法を考え、そして覚えてひたすら登っていく。このシステムはレトロゲームの“死にゲー”を彷彿とさせ、気が付くとハマっている……そんな作品です。

 派手な演出などはありませんし、ストイックなゲーム性で難易度も高いため、万人にオススメできるゲームではないのですが、なかなか進めない分、できた時の達成感は非常に高いので、気になった方はぜひとも遊んでほしい作品です。

 ちなみに記事執筆時点では、PS4版とNintendo Switch版は日本語に対応しています。シンプルな操作性であるうえに、明確なストーリーが語られるわけではないので、英語版でも特に問題なく遊べますが、日本語版だと、道中にいるNPCの話がしっかり分かるので、本作の世界観を少しだけ知ることができて楽しいですよ!

(C) 2020 Pikii/ Nexile/ UKIYO Publishing Limited.