異世界で義勇軍が窮地に!? 『チェンクロ』“幻獣の世界<中篇>”情報公開【電撃チェンクロレター】

まり蔵
公開日時
最終更新

 セガが配信するiOS/Android用RPG『チェインクロニクル 第4部 ―新世界の呼び声―』。本作のストーリーに関する最新情報をお届けする、連載企画“電撃チェンクロレター”をお届けします!

 今回は、12月25日より配信される“幻獣の世界<中篇>”のあらすじと、“新世界フェス”の情報を掲載。さらに、シナリオ担当者が持ち回りで書く裏設定が満載のコラム“チェンクロ裏日誌”を掲載します!

電撃チェンクロレター バックナンバー

幻獣の世界とは?

 古き時代。
 神話のころとも創世のころとも言われる時代。
 ふたつの大きな存在が、悠久の争いを繰り広げていた。

 やがて長い戦いの果てに、ふたつの存在は同時に息絶える。
 一方の体は大地となり、また一方の体は海へと姿を変えた。

 大きな存在の争いの上に、多くの命が生まれた。
 その命もまた争い合い、その体は大地に、海にと積み重なる。
 その上に、さらなる命が誕生し、また争った。
 争い、倒れ、再び生まれる者たち。

 いつしか彼らは、“幻獣”と呼ばれるようになった。

幻獣の世界<中篇> あらすじ

 風と雄叫びの種族の戦士長カネードとともに、敵の追撃を振り払いつつ逃避行を続ける義勇軍。

 幻獣の意思から力を借り、新たな姿と能力を得た彼らだが、迫ってくる敵もまた恐ろしい力を持つ存在だった。

 故郷を救うため、幻獣の世界の理へと少しずつ近付いていく義勇軍。しかしその決断は、彼らを窮地へと追い込むのだった。

幻獣の世界<中篇>を彩るキャラクター

ダナディ

  • ▲違う世界でも、己と己の友を信じ抜く聖騎士。迷うくらいならば、駆け抜ける。

アリシア

  • ▲半身であるアシリアを救うために幻獣の世界へと足を踏み入れる。

オウシン

  • ▲炎の九領第四領の若き領主。領地から離れることに、不安と期待を抱いている。

スオウ

  • ▲オウシンの妹。同世代のクロテッドとは仲がいいが、クーシャンとはよく喧嘩をしている。

新世界フェス 登場キャラクター

 第4部“幻獣の世界<中篇>”の配信を記念して、新しい力と姿を手に入れた義勇軍メンバーが登場する“新世界フェス”が開催されます。

【開催期間】2020年12月25日(金)11:00~2021年1月13日(水)10:59

幻獣の世界《鳳》 オウシン

声優:花江夏樹/絵:黒葉.K
戦士(斬)/SSR★★★★★

 幻獣の世界で鳳凰の力を得たオウシン。炎の翼を翻して空へと昇り、世界の広さをその目で確かめた。かの宿敵が見ている世界の広さとは、このようなものなのか!

幻獣の世界《凰》 スオウ

声優:種田梨沙/絵:黒葉.K
戦士(斬)/SSR★★★★★

 幻獣の世界で鳳凰の力を得たスオウ。その心に秘める家族と民への想いは、故郷である第四領に鎮座する火山「四緒手」の溶岩よりも熱い。溢れ出る熱を炎に変えて、空に光の翼をはためかせる。

チェンクロ裏日誌

「幻獣の意思」

 幻獣の世界の力の源である幻獣の意思は、元となった幻獣と同じように様々な性質を持っています。

 それは個性といえるもので、罪の意識を嗅ぎ取ったり、おいしそうな魂に惹かれたり、一緒に飛んで楽しそうだと思ったり、とにかく自分の性質と適合した相手に力を貸すのです。

 そのため、一括りに“幻獣の意思”といっても形や強さは様々で、簡単に力を貸してくれる意思もいれば、試練を与えてそれを乗り越えないと力を貸してくれない意思も存在します。

 ですが、そうした条件を乗り越えて得られる幻獣の力はとても強く、彼ら幻獣の意思は義勇軍にとって、頼りになる味方となるでしょう。

©SEGA

チェインクロニクル 第4部 ―新世界の呼び声―

  • メーカー: セガ
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2013年8月1日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

チェインクロニクル 第4部 ―新世界の呼び声―

  • メーカー: セガ
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2013年7月26日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金