『おれステ』をプレイスタート! 初めての星4シンフォニアは…?【電撃おれステ日記#1】

セスタス原川
公開日時

 電撃文庫がコンテンツプロデュースを担当する新作リズムゲーム『おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ(おれステ)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、リズムゲーム中級者のライター・セスタス原川のプレイ模様をお届けします。

初めての星4シンフォニアは……?

 12月10日よりリリースされている『おれステ』。遅ればせながら、筆者もプレイをスタートしました。

 リズムゲームは過去にハマっていた経験がありますが、しっかりとプレイするのはかれこれ5年ぶりになります。久しぶりのプレイに腕が鈍っていないか心配です。

  • ▲チュートリアルのストーリーのワンシーン。安心してください、リズムゲームです。

 本作のリズムゲームは、初心者向けのスライド形式のHUGスタイルと、王道のタップ形式のPICKスタイルが用意されているので、どちらをメインにプレイするのか悩ましいところ。

 経験者としてはPICKスタイルをやりたいところですが、新鮮な気分でHUGスタイルを始めるのも一興かもしれません。

 そんなことを考えつつも、ゲームよりまず気になってしまうのがかわいいキャラクターたちです。最初にどんなキャラクターを手に入れられるかは、今後のやる気に大きく影響しますからね。大切です。

 まずは引き直し可能な最初の10連ガチャに挑戦。このガチャでは★3までしか出ないので、ひとまず★3を複数狙ってみました。星3が2人出てくるまで引き直しをして、見た目でビビッと来たカレッカとメルの2人でゲームスタート。



 そして、本命の星4確定チケットに挑戦します。いい子が来てくれればいいのですが……。


 来ました! リンです! リンはプレイヤーがゲームを初めてすぐに出会える3人のシンフォニアのうちの1人で、プレイを初めて間もない筆者も印象に残っています。

 ストーリーでは監督にツンデレを披露する場面だったり、天然ぶりを披露する場面があったり、第一印象で大好きになったシンフォニアの1人です。

 めでたくお気に入りの星4シンフォニアを仲間に加えてゲームスタート! これから鈍った音感を鍛えなおす日々が始まります!

メインストーリーをフル・バージョンで公開中!

 本作のメインストーリーも公開中です。ビビっと来た方、どうですか。メインストーリーを動画で確認してみるのもありじゃないですか?

©WonderPlanet Inc. ©KADOKAWA CORPORATION 2020

おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ

  • 運営: ワンダープラネット
  • 開発: KADOKAWA、ワンダープラネット
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: リズム/育成
  • 配信日: 2020年12月10日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ

  • 運営: ワンダープラネット
  • 開発: KADOKAWA、ワンダープラネット
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: リズム/育成
  • 配信日: 2020年12月10日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金