始まりはみんな同じだった。劇場アニメ『銀魂 新訳紅桜篇』本日深夜にテレビ放送

そみん
公開日時

 劇場アニメ『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』が、本日12月27日(日)26:40=28日(月)2:40からテレビ東京で放送されます。

 年明けには新作劇場映画『銀魂 THE FINAL』の公開も控えているので、この機会に『銀魂』熱を高めてはいかが?

 余談ですが、『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』の関連グッズとして、名台詞ポスターなんてものがありました。筆者のように思い出を刺激されちゃった方は、本日のテレビ放送をお見逃しなく!

・坂田銀時「魂こめて打ちこんだ刀の斬れ味 しかとその目ん玉に焼きつけな」
・万事屋「万事屋銀ちゃんがお通りでェェェェ!!」
・桂小五郎「この世に未練があったものでな。黄泉帰ってきたのさ」
・エリザベス「オレが頼んだのはコロッケパンだ」
・高杉晋作「俺ァただ壊すだけだ この腐った世界を」
・岡田似蔵「士道だ節義だくだらんもんは侍には必要ない 侍に必要なのは剣のみさね」
・河上万斉「奴らの歌に聞きほれた拙者の負けでござる」
・真選組「御用改めである 真選組だ」
・神威「俺達の居場所は戦場(ここ)ですよ」
・白夜叉/桂/高杉「始まりはみんな同じだった」
・銀時/高杉/桂「美しく最後を飾りつける暇があるなら最後まで美しく生きようじゃねーか」
・白夜叉/高杉/松陽「俺のこの剣 こいつが届く範囲は俺の国だ」「この世界に喧嘩を売るしかあるめェ」

『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』ストーリー

 ある日、江戸の町に一人の辻斬りが現れ、その凶刃によって桂が姿を消す。

 男の持つ、生きたように脈を打つ妖刀“紅桜”…人工知能を持ち、使用者に寄生して戦闘データを蓄積して進化する悪魔の兵器。

 高杉は最強の戦闘集団・鬼兵隊を復活させ、“紅桜”を擁して動き出したのだ。
桂の相棒・エリザベスの依頼を受け桂の捜索に動き出す銀時・神楽・新八の万事屋メンバー。桂の行方は?

 そして、盟友・高杉との因縁の対決は!?

今なら原作漫画25巻無料キャンペーンも開催中

 映画『銀魂 THE FINAL』公開を記念し、週刊ヤングジャンプの漫画アプリ『ヤンジャン!』で『銀魂』原作漫画25巻無料キャンペーンが開催されています。また、350話まで無料チケット化!

 無料キャンペーン期間は、2021年1月22日までとなります。また作品コメントに使えるキャラクターアイコンも配布中です。

 また、『ヤンジャン!』なら週刊ヤングジャンプ最新号が最速で読むことができます。いち早く読みたい方はアプリをダウンロードすることをおススメします!

©空知英秋/劇場版銀魂製作委員会