あけましておめでとうございます&あるお正月の思い出【SAOゲームP・二見鷹介コラム #24】

二見鷹介
公開日時
最終更新

 皆様あけましておめでとうございます! 年が明けましたね……2021年! リアル《SAO》の2022年まであと1年!

 まずは、先月27日のバーチャルリアリティイベント『ソードアート・オンライン Synthesis -The Period of Alicization Project-』をご視聴いただきありがとうございました!

 あちき、河合P含め、ロニエ役 近藤 玲奈さん、ティーゼ役 石原 夏織さん&皆さんと楽しく年末を過ごさせていただきました。ご視聴いただいた方感謝です!

 ReoNaさんからもコメントもらって……あちき、嬉しいぞ! VR空間でロニエ・ティーゼがやんちゃ感あふれる動きをキャストさんご本人が動かしてたのはとても新鮮でした。

  • ▲こちらは終わった後の写真です。

 そして2021今年の抱負は“キュンです”

 年明けから冗談です。すいません。

 元ネタはSAOゲーム公式チャンネルで上げた新年早々の動画です。

 河合Pが真面目でいい人なので、ちょっとでもアクセントになればいいかなと思っただけです(言い訳)。あと、書初めしたのは20年ぶりでした(苦笑)。

 社会人になってよい意味でもほかの意味でもこんなことをする機会はなかなかな無いですね!日々のチームに感謝!……?です。

 お正月ってゲームやるにはもってこいの時期ですからね。お年玉いっぱいもらいましたか? なんのゲームを買おう! プレイしよう! とお年玉握りしめてゲームショップで迷う……。今は貯めて違うときに使おう……とか。誘惑がいっぱいです。

 あちきが当時担当していた『涼宮ハルヒの戸惑』というタイトルは2008年1月31日に発売をされました。今でさえデジタルで購入される方が増えているのですが、パッケージ販売全盛期で、発売にはゲームショップに行ってみんなお年玉貯めて買ってくれているのかな? なんてどきどきしながら現場を見学してました。

 自分がメインで担当した初めてのタイトルだったので、もう予約券で引き取りに来たお客様を見て爆泣きしましたね。ゲームフロアをうろうろして完全に不審者です(笑)。何回も店員さんに、「どうかされました?」と聞かれるたびに、目を合わさずに「あ、大丈夫っす」と消える怪しいやつ。そして違う店舗に行って声をかけられたスッと消え、また何店舗みたら犯行現場に戻ってくる怪しいやつでした。

 ビッグタイトルがいっぱいあったけど(スマブラと同時の発売)、お年玉貯めてこのタイトルを選んでくれてありがとう!! 選んでくれたお客様には感謝感謝でした。

 お年玉のお話を書いていたら昔のエピソードを思い出しました。初心を忘れず、今年も皆様と向き合っていければと思います。

 なので、今さら書初めの補足もないのですが(苦笑)、抱負で書いた文字は皆さんにもっともっと楽しんでもらいたい、届けたいという気持ちです。『SAOAL』アプデはまだ1/10にも満たないです。

 今年数々追加されていく無料の追加物語とDLCの骨太な物語。皆様に楽しんでもらえる運営を開始できるので、ぜひ今年も一緒に楽しく皆様とゲームを通して『SAO』でコミュニケーションをとっていただけると嬉しいです。

 『ソードアート・オンライン アリシゼーションLycoris』をご購入された方、遊んでいただいている方、ありがとうございます。改めてご報告です。国内・海外ともに作業チームが休暇中ですので、新しい情報は来週以降になります。

 1月か2月初旬のどこかでまた生放送などを検討しているので、詳細が決まりましたら公式HPやツイッターで告知ができればと。

 それでは皆様、今年もSAOゲームチームをよろしくお願いいたします。

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project 
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連する記事一覧はこちら