神浜マギアユニオン(1)~主人公いろはを中心とする“チームみかづき荘”【マギレコ2部:集結の百禍編考察2_1】

そみん
公開日時

 アニプレックスのiOS/Android用RPG『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝(マギレコ)』の第2部“集結の百禍編”が展開中です。

 その物語をより楽しめるよう、ストーリーの流れをまとめつつ、物語の背景を読み解く考察記事をお届けします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

【もくじ】
神浜マギアユニオン(1)~主人公いろはを中心とする“チームみかづき荘”
 ・リーダー:環いろは(たまき・いろは)
 ・サブリーダー:七海やちよ(ななみ・やちよ)
 ・由比鶴乃(ゆい・つるの)
 ・二葉さな(ふたば・さな)
 ・深月フェリシア(みつき・ふぇりしあ)
 ・環うい(たまき・うい)

神浜マギアユニオン(1)~主人公いろはを中心とする“チームみかづき荘”

 神浜マギアユニオンが掲げるのは“魔法少女の救済”。それはすなわち、魔法少女が魔女化をしない世界であり、自動浄化システムを神浜以外の世界に広げることを目標としている。


 神浜市は大きく3つの地域に分かれるため、西の環いろは、東の和泉十七夜、南の都ひなのと、3人のリーダーが音頭をとっているが、事実上のリーダーは環いろはと言える。

 この記事では、神浜マギアユニオンに所属する数多くの魔法少女のなかから、西に所属する“チームみかづき荘”の魔法少女たちを紹介していく。

⇒記事のトップに戻る

リーダー:環いろは(たまき・いろは)

●ゲーム内プロフィール

 不思議な夢の真相を探るべく、神浜市にやってきた魔法少女。お人好しな性格で、気遣いが行き過ぎてしまうことも多々ある。最新の流行には疎く、スマホの扱いもぎこちない。日頃は控えめだが、ここ一番では芯の強さを見せる。

【ポイント】
・神浜市立大附属学校(中学3年生)
・“悦ぶサファイアの唇”所持者

 第1部で妹の“うい”を探すなかで多くの魔法少女と出会い、イブやワルプルギスの夜との戦いでも先頭に立ち、神浜市を代表する魔法少女となった。


 いろはは、七海やちよを含めて5人の魔法少女とみかづき荘でともに暮らしており、“チームみかづき荘”と呼ばれることも多い(環いろは、七海やちよ、由比鶴乃、深月フェリシア、二葉さな、環うい。なお、鶴乃は近所の実家で暮らしているが、みかづき荘で過ごす時間も多い)。

 また、西の魔法少女のなかでも、十咎ももこ、水波レナ、秋野かえでの3人のチームとの親交が深い。


 彼女の心優しさは神浜マギアユニオンの方向性そのものでもあり、暴力ではなく対話をメインとしたスタンスとなっていが、その甘さが敵につけこむ隙を与えることも。



 ちなみに、そもそもは内向的で、そこまで社交的ではないこともあってか、周囲との距離感の詰め方がうまくなく、ネオマギウスの安積はぐむたちを戸惑わせることもあった。


⇒記事のトップに戻る

サブリーダー:七海やちよ(ななみ・やちよ)

●ゲーム内プロフィール

 7年間、神浜市で魔女と戦ってきたベテランの魔法少女。神浜市や魔法少女についての情報に精通している。普段はチームに属さずひとりで活動。他の魔法少女とも距離を置き、神浜市で発生している「噂」をファイリングしている。

【ポイント】
・神浜市立大学(大学1年生)
・7年にわたって魔法少女として活躍を続けているベテラン

 いろはが神浜市にやってきた際、早い段階で彼女と出会い、パートナーとなっていった。

 19歳で大学1年生と、魔法少女の中ではかなりのベテランで、7年にわたって魔法少女として活躍を続けている。

 第1部では、幼馴染の梓みふゆがマギウスの翼に所属しており、敵対することもあったが、第2部では友好関係を取り戻している。

 かつては、梓みふゆと雪野かなえの3人でチームを組み、その後は、梓みふゆ、十咎ももこ、由比鶴乃、安名メルの4人とチームを組んでいた時代もあった。このうち、かなえとメルは、やちよを守るような形で命を落とした。



 ちなみに大学生であると同時にモデル業にもついており、同じモデルである魔法少女の阿見莉愛からはライバル視されている。
(ただし、阿見莉愛は同時にやちよの大ファンでもある)


 また、保澄雫も一時期、やちよと一緒にみかづき荘で暮らしていたことがある。



⇒記事のトップに戻る

由比鶴乃(ゆい・つるの)

●ゲーム内プロフィール

 元気いっぱいで猪突猛進な魔法少女。由緒正しい歴史ある生家と、その隆盛を導いた祖父や曾祖父を敬愛してやまない。一方で、現在は没落した由比家をどうにか再興しようと奮闘しており、そのために最強の魔法少女になることを目指している。

【ポイント】
・神浜市立大附属学校(高校2年生)
・自称“最強の魔法少女”

 自称“最強の魔法少女”で、中華料理屋“中華飯店 万々歳”の看板娘。ちなみに万々歳の味は“自他ともに認める50点”と、低めで安定している。

 第1部ではマギウスの翼に捕まり、キレートマスコットのウワサの一部にされ“ウワサの鶴乃”となり、いろはたちと敵対する場面もあった。


 チームみかづき荘のなかでも深月フェリシアと仲がよく、髪を洗ってあげるなど、姉や保護者のようなポジションで接することもある。

⇒記事のトップに戻る

二葉さな(ふたば・さな)

●ゲーム内プロフィール

 常にネガティブ思考の魔法少女。家族や周囲から拒絶され、まったく自分に自信が持てなくなっているが、他者に対しては優しく、そして自分を必要としてくれる人には従順で、気に入るといつもヒッソリとそばに付き添っている。

【ポイント】
・水名女学園(中学2年生)

 存在感が薄く、魔法少女以外からは存在に気付いてもらえず、家族からも無視され続けていた。


 さなの固有魔法“透明化”による潜伏活動や奇襲はかなり便利で、作中でも何度か彼女の“透明化”が功を奏している。

 第1部5章では、世間では“電波少女の噂”と呼ばれていた、“名無し人工知能のウワサ”こと“名無しさんのうわさ”(さないわく“アイちゃん”)によってウワサの空間に隔離され、引きこもりのようになっていた時期もあった。
※ねむが作った時点では“名無しさんのうわさ”で、それが人工知能と結びつき“名無し人工知能のウワサ”となり、さなに“アイちゃん”と名付けられた。


 絵本などが好きで、特に人形劇の“こねこのゴロゴロ”のファンであり、環ういをはじめ、時女一族の土岐すなおへの不況にも成功している。

⇒記事のトップに戻る

深月フェリシア(みつき・ふぇりしあ)

●ゲーム内プロフィール

 傭兵を生業とする魔法少女。魔女に対して激しい憎悪を抱いており、ひとたび戦闘ともなると、制御が効かずに暴走してしまうこともある。それ故に、戦闘力では他の魔法少女よりも突出している。一方で、普段はワガママな面倒くさがり屋。

【ポイント】
・中央学園(中学1年生)
・両親の仇である魔女を探している
・“陥るはターコイズの耳”所持者

 魔女に両親を殺され、その仇をとるために魔法少女になったが、その魔女の姿は覚えていない。本人いわく、魔女を倒し続けていれば、いつかは両親の仇も倒せるはずだということだが……。

 長く“傭兵”として多くの魔法少女とともに戦ったことがあり、常盤ななかのチームや美凪ささらのチームと行動をともにしたこともある。フェリシア自身が自分勝手であるため、傭兵としての評判はあまりよくないが、夏目かことはその後も友人関係が続いている。

 その後、いろはと出会い、チームみかづき荘の一員となってからは、傭兵業は行っていないようだ。

 イベント“そしてアザレアの花咲く”では“つつじの家”メンバーの三栗あやめと激しくぶつかり合い、ライバル関係となるが、同時に気心が知れた親友に近い関係ともなっている。

 “デカゴンボール”という国民的アニメが大好きで、この作品を通じての人間関係も広い。

 第2部では“陥るはターコイズの耳”との戦いの際、時女静香が大きなダメージを与えた後にフェリシアがトドメを刺し、キモチの石を入手することになった。


 なお、フェリシアが追う魔女の正体は、彼女の魔法少女ストーリーで明かされているが、その真実は夏目かこの胸だけに秘められている。





⇒記事のトップに戻る

環うい(たまき・うい)

●ゲーム内プロフィール

 幸せのために何ができるのか迷い続ける魔法少女。外を知らずに育ち、魔法少女としても初心者なので、周りに負けないように努力を続けている。相手の良い面を見つけるのが上手で、人を嫌いになることがない。灯花&ねむの幼馴染でいろはの妹。

【ポイント】
・神浜市立大附属学校(小学5年生)
・いろはの妹であり、マギウスの里見灯花、柊ねむの親友
・エンブリオ・イブのコアとなっていた

 環いろはの妹で、重い病気によって長く入院生活をしており、そこで里見灯花、柊ねむと知り合い、親友関係となった。

 環いろはの願いによって病気は完治するも、とある事情でその存在が“なかったこと”になってしまったが、第1部の物語を経て、第2部ではみかづき荘で姉とともに暮らしている。

 なお、魔法少女が魔女とならない自動浄化システムは、魔法少女となって苦しむ姉のいろはを救うため、ういたちが考えたもの。灯花、ねむと力を合わせて、キュゥべえのシステムを奪うべく、ういの“回収”の固有魔法で穢れを集め、灯花の“変換”の固有魔法でその穢れを魔力に変え、ねむの“具現”の固有魔法でその魔力を宇宙に送り出すという仕組みとなる。







 このとき、灯花たちがシステムを奪ったキュゥべえは、他のインキュベーターから切り離され、“小さなキュゥべえ”という特殊な存在となった。



 この際、ういの“回収”の力が暴走し、魔女化しかけてしまったため、灯花たちはアリナの力を借りてういを封印するが、その際に因果が途切れて人々の記憶が改竄され、ういの存在は“なかったこと”になってしまった。
(ちなみにういの肉体はイブの核となる宝石に封印され、その魂は小さなキュゥべえの肉体に宿っていた)







 第1部では“幸福の魔女”ことエンブリオ・イブのコアになっていた過去を持ち、そのためか、第2部ではイブの欠片である“キモチ”の居場所を感知できる能力を発揮。そのため、プロミストブラッドに捕らわれてしまう場面もあった。



⇒記事のトップに戻る

※データは編集部調べによるものです。
(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

  • メーカー: アニプレックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年8月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

  • メーカー: アニプレックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年8月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金