グレミーのカッコよさが光る!? 『機動戦士ガンダムΖΖ』31話のあらすじ

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の31話“青の部隊(後)”が配信されています。

 『機動戦士ガンダムΖΖ』は『機動戦士Ζガンダム』の続編。主人公のジュドーが、前作主人公のカミーユの跡を継ぎ、ジオン残党改めネオ・ジオンとの闘いに身を投じる作品です。“アニメじゃない〜夢を忘れた古い地球人よ〜”をはじめとするコミカルな雰囲気と、強化人間の生き様やネオ・ジオンと連邦の対立などシリアスな二面制があり、宇宙世紀シリーズでも独特な雰囲気を持ち合わせています。

 第31話のあらすじはこちらです。

あらすじ(一部抜粋)

 ガンダムチームから隊を守って死んだ青の部隊の隊長ディドーは、グレミーをネオ・ジオンの士官と見込んで、自分が死んだらと青の部隊を託す。

 ジュドーたちはルーを探してガルダーヤの街をさまよっていたが、そこへアフリカ解放戦線の指揮官ガデブ・ヤシンと共同戦線を張ったオウギュストの部隊が襲って来る。

 オウギュストは解放戦線を利用し、ガルダーヤをネオ・ジオンの基地にしようとたくらんでいたのだ。

 エロは自分たちの理念を裏切って、ネオ・ジオンの名のもとに街を破壊しようとするガデブが許せず、単身立ち向かっていくが、グレミーの仲介の元、共にガンダムチームへ戦いを挑む。

 ジュドーはビーチャ、モンドの援護でディドーの部隊を撃破。エロも戦死する。グレミーはディドーの無念を晴らす誓いを立てるのだった。

©創通・サンライズ