「親父にもぶたれたことないのに」の後ブライトが言ったこと覚えてる?『機動戦士ガンダム』9話で確認を!

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 ガンダムチャンネルにて、『機動戦士ガンダム』の第9話“翔べ! ガンダム”が現在配信中です。

  1979年4月7日から1980年1月26日の期間に名古屋テレビほかで放送された『機動戦士ガンダム』は、その後長年にわたって続く『ガンダム』シリーズの原点となる作品です。令和になった今でさえ、見るたびに考えさせられる心理描写がふんだんにあり、ロボットアニメの名作として根強いファンを抱える作品です。

 そんな本作の第9話あらすじはこちらです。

あらすじ(一部抜粋)

 たび重なる出撃に、アムロは心身ともに疲弊しきっていた。ささいな感情のすれ違いが積み重なり、ついに命令を拒絶して自室に閉じこもってしまうアムロ。

 一方、姉キシリアへの体面を気にしたガルマは、戦局を打開しようと自ら戦闘機ドップの編隊を率いて、ホワイトベース討伐に出ていた。

 苦戦を強いられるガンキャノンとガンタンク。ブライトは任務拒否するアムロに活を入れようと平手打ちをするが、かえってアムロを逆上させる結果を招き、互いに激しい口論となってしまう。

■『機動戦士ガンダム』に関連するアイテムを楽天で探す


©創通・サンライズ