これは、ジオン敗戦の裏側で戦い抜いた者たちの記憶。『ガンダム MS IGLOO 黙示録0079』最終話が配信中

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、『機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079』第3話“雷鳴に魂は還る”が配信されています。

 『機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079』は、OVAとして制作されたフル3Dアニメ。『機動戦士ガンダム』の舞台となった“1年戦争”にて、ジオンの新兵器・新型機を戦場へと投入する様子が描かれています。続々と新兵器を投入する裏側には、苦悩する軍人たちの姿があり、本作ではそんな戦争の裏側がより深く描かれています。この作品でしか見られない新兵器たちは、コアなシリーズファンの心を掴んでいます。

 第3話は、ヅダやオッゴ、ビグ・ラングが投入されたア・バオア・クーの最終決戦の裏側の様子を描いています。

あらすじ

 U.C.0079.12.31、ついに1年戦争の天王山“ア・バオア・クー攻防戦”の火蓋は切られた。ア・バオア・クーの各フィールドでは数多くの戦闘光が確認できる。

 その頃、ヨーツンヘイムブリッジのメインモニターに謎のモビルアーマーの図面が写る、“MA-05Ad ビグ・ラング”。そしてカスペン大佐は苛立ちながら、プロホノウ艦長をはじめブリッジにいるヨーツンヘイムクルーに防衛司令部の命令を言い放つ。このモビルアーマーを以ってEフィールドを防衛せよ、と。

 戦況不利となり退却を余儀なくされるジオン軍。特攻するかのようにEフィールドに向かうヨーツンヘイム。防衛戦闘のために大量に投入されるオッゴと年少兵たち。ザク・マシンガンを放ち応戦するヅダ。任務を遂行するビグ・ラング。もはや形勢は押し返すことは無いというのに……。

 そして遂に、地球連邦軍は、ア・バオア・クーに着岸した。Eフィールドで、ヨーツンヘイムは、雲霞の如き地球連邦軍モビルスーツ群の猛攻に曝される。

 マイやキャディラック、そして第603技術試験隊の運命はいかに?

■『機動戦士ガンダム』に関連するアイテムを楽天で探す


©創通・サンライズ