幼き日のシャアが天才の片鱗をのぞかせる『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜』2話あらすじ

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の第2話“哀しみのアルテイシア”が配信されています。

 アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』は、シャア・アズナブルことキャスバル・レム・ダイクンの生い立ちを幼少期から描いた物語で、彼がどうしてサビ家への復讐を企てた、いかにして“赤い彗星”と呼ばれる逸材になったのかを詳細に描いています。

 物語だけでなく、MSや艦艇などを3DCG中心で演出した『ガンダム』新境地のアニメ作品としても人気を集める作品です。

 そんな本作の第2話のあらすじはこちらです。

あらすじ

 宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。

 ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった……。

 そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。

■『機動戦士ガンダム』に関連するアイテムを楽天で探す


©創通・サンライズ