“CES 2021”で『Stray』や『Ghostwire:Tokyo』など複数のPS5タイトルの発売時期が判明

電撃オンライン
公開日時

 アメリカで開催中のIT家電ショー“CES 2021”でソニーが公開したプレゼンテーション映像で、複数のPS5タイトルの北米での発売時期が判明しました。

 こちらは、デジタルプレスイベント映像内でSIE社長兼CEOのジム・ライアン氏が登場した、プレイステーションパートで確認できたもの。コピーライト表記の上にタイトルやプロジェクト名と、発売時期が掲載されています。

 サイバーシティを舞台にした猫のサードパーソンアドベンチャー『Stray』やベセスダ・ソフトワークスの『Ghostwire:Tokyo』は2021年10月発売、スクウェア・エニックスの『PROJECT ATHIA』は2022年1月発売と、複数のタイトルで具体的な発売時期が判明しています。

 一方で、昨年2022年発売とされていたカプコン新作『プラグマタ』は2023年に発売が延期されるようです。

映像内で発売時期が確認できたタイトルと、その発売時期

『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』:2021年
『Horizon Forbidden West(仮称)』:2021年
『Returnal』:2021年3月19日
『プラグマタ』:2023年
『Solar Ash』:2021年6月
『Kena:Bridge of Spirits』:2021年3月
『Stray』:2021年10月
『Ghostwire:Tokyo』:2021年10月
『Little Devil Inside』:2021年7月
『PROJECT ATHIA』:2022年1月
『HITMAN 3』:2021年1月

© 2021 Sony Corporation