春アニメ『シャーマンキング』道潤、李白竜を演じるのは?

電撃オンライン
公開日時

 2021年4月よりテレビ東京系で放送がスタートするTVアニメ『SHAMAN KING』の、追加キャラクターとキャストが発表されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

キャスト情報

 蓮の姉であり、死者をキョンシーとして操り戦わせる道士、道 潤を演じるのは根谷美智子さん。

 潤の持霊であり、自身の肉体を使って作り上げられたキョンシー、李白竜を演じるのは櫻井トオルさんにそれぞれ決定いたしました!

 根谷美智子さん、櫻井トオルさんよりコメントも到着しております。

道 潤:CV根谷美智子

 蓮の姉であり、死者をキョンシーとして操り戦わせる道士。幼い頃から蓮の教育係として世話をしてきた。

 持霊を道具として扱い、呪符を使って意識を封じた上で、完全に支配している。死体を操って戦うため、人体の構造に詳しい。

根谷美智子コメント

Q1.本作の魅力を、お聞かせいただけますでしょうか。

 ゆる~いけど、やるべきことは成し遂げる! 「楽に生きられる世界」を作る為だなんて素敵過ぎます。

 今この世界がそうであればどんなに幸せなことでしょう。

 色々な希望を見つけられる作品じゃないかなぁと思います。

Q2.道 潤というキャラクターを演じるにあたり意気込みを教えていただけますでしょうか。

 20年経って、また道 潤に出会えるとは! もう楽しみで仕方ない。

 また新たな気持ちで、可愛い弟の成長を見守っていきます。

李白竜:CV櫻井トオル

 潤の持霊であり、自身の肉体を使って作り上げられたキョンシーでもある。

 生前はカンフー映画のスターであり、導弾道(ダオダンドー)を駆使する格闘家であった。

櫻井トオルコメント

Q1.本作の魅力を、お聞かせいただけますでしょうか。

 シャーマンと持ち霊との関係が素敵だなと思います。

 持ち霊にはそれぞれ物語があって、生前の記憶や、恨みつらみ、残した家族など、いろいろな事情を持っています。

 シャーマンも霊を道具としてしか扱わない人や、はたまた友達みたいに接する人もいる。

 そんなシャーマン達と霊が物語を通じて絆を深めたり、過去を清算したりしていくところが魅力だと思います。

Q2.李白竜というキャラクターを演じるにあたり意気込みを教えていただけますでしょうか。

 李白竜を演じさせていただきます。櫻井トオルです。

 子供のころに見ていたシャーマンキングに出られるとはっ!!

 身に余る光栄と共に気が引き締まる思いです。

 ファンの皆様の期待に応えられるよう精一杯演じさせていただきます。

作品情報

イントロダクション

-notice-

『SHAMAN KING』

 それは、森羅万象を司る星の王。神や霊と交流できる「シャーマン」と呼ばれる者達が、500年に一度「シャーマンファイト」でその座を争う。

 そんなシャーマンの一人である少年・麻倉 葉の、シャーマンキングを目指す戦いが、2021年4月、完全新作アニメーションとして今、始まる。

スタッフ

原作:武井宏之
監督:古田丈司
シリーズ構成:米村正二
キャラクターデザイン:佐野聡彦
プロップデザイン︓柴田ユウジ
美術監督︓木村仁哉
美術設定︓川口正明
色彩設計︓大塚奈津子
撮影監督︓川瀬輝之
編集︓坂本久美子
音楽︓林 ゆうき
音響監督︓三間雅文
音楽制作︓キングレコード
アニメーション制作:ブリッジ

キャスト

麻倉 葉:日笠陽子
阿弥陀丸:小西克幸
小山田まん太:犬山イヌコ
恐山アンナ:林原めぐみ
道 蓮:朴 璐美
馬孫:高口公介
梅宮竜之介:田中正彦
蜥蜴郎:高木 渉
ホロホロ:うえだゆうじ
コロロ:中島 愛
ハオ:高山みなみ

©武井宏之・講談社/SHAMAN KING Project.