【スパクロ】トビアのクロスボーン・ガンダムX3[Ω]を評価(#470)

うどん
公開日時

バンダイナムコエンターテインメントが配信中のiOS/Android用アプリ『スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)』のコラムを更新。『スパロボ』歴25年のライターうどんの無課金連載コラム第470回です。

※攻略内容やガシャに関する情報などは、基本的に執筆時点のものです。最新のゲーム内容とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

連載第470回:ならば海賊らしく……いただいてゆくっ!

 いえいえいえ。進撃イベント“希望が導いた想像”の真っ最中、みなさん今回も強化月間の育成素材回収を目指して薬溶かしてますかあああ!

 今回の大きな目標は、イベントガシャを40回引いて2つ目のサファイヤ(それと39回目のSSRエメラルド×25)を確保すること。イベチケ40枚までの入手手段としては――

イベントクエスト31までの全コンプ→36枚
クエスト31を50回クリアする→1枚
進撃ポイント140万達成→1枚
進撃ポイント200万達成→1枚
進撃チップ15万と交換→無制限

 知人ちゃんの話だと、ポイント200万達成するころにチップ30万貯まるくらいだそうです。うどんさん毎月進撃ではだいたい100万目標で走ってたので、今回は2倍がんばればいいわけですね! 薬50本覚悟コースでがんばるかなあ、とか。

  • ▲今2日目でこんな感じ。いけるいける!

 ところで強化月間は折り返し地点を越えたところ。みなさん育成は順調に進んでいますでしょうか!

 うどんさんは予定通りアラドを仕上げてツインバードストライクの火力を完成→ストフリΩを完成→ときて、これでいったん貯蓄に入ろうと思っておりました。

 がが、最近キラに特殊回避を追加付与(ゼオラか今回の新ユニ、ディスィーブ)してレーバの爆撃耐える系編成が増えてきたので、その対策としてナイチンゲールも育成することにした模様。このナイチンゲールさん、被弾回避でキラ&アスランに強く出られるのが魅力なんですよね。極論、無育成でもうまく立ち回ればキラ&アスランを返り討ちにすることも不可能ではありません。

 ただ実際に使ってみた感じ、やたらタフネスの隙間に入って爆散することが多かったり。あと、対キラ&アスランに特化してる分、コスト的にいわゆる賞味期限は短いんじゃないかなあ、とか。でもでもΩユニットは補完計画で優先される傾向にあるので、キラ&アスラン環境が終わってもまたどこかで出番あるかもですし!

  • ▲というわけでナイチンゲールをほどほど育成。とにかくキラ&アスランコンビに強いです。ときどきタフネス隙間に攻撃入って初手落ちもしますが!
  • ▲反撃をもうちょっと鍛えてコア確保と特殊回避剥がしを安定させれば、まあ仕上げ切る必要はないのかなあ、とか。

 はい、そんなわけで今回のお題は特効ユニットのうちクロスボーン・ガンダムX3[Ω]について。

 いやあちょうどナイチンゲールを育て始めたばかりなんですが、このX3はナイチンゲールの天敵ユニット。つまりX3>ナイチンゲール>キラ&アスラン>X3というじゃんけんぽん。ナイチンに困ってる方は投入検討の価値アリな感じです。

 X3はガシャが独立していて入手容易なのも〇。ディスィーブが大当たり風なラインバレルガシャの方もなかなかいい塩梅なんですが!

F SSR クロスボーン・ガンダムX3[Ω]

【ユニットデータ】F SSR クロスボーン・ガンダムX3[Ω]

 攻撃範囲のさらなる拡大アビを持つ、広広範囲攻撃ファイター。3種類の自己強化アビを重ねることで、素晴らしいパフォーマンスを発揮するエースユニットです。

 まず攻撃を3回当てるごとのヒットアップアビは、最大10回(30HIT)で攻撃力+50%にCRT倍率+60%。コア2つ以上所持するときは命中回避装甲の特大アップ、CRT倍率+5%。そしてボスWAVEは攻撃力+30%にCRT倍率が+50%!

 つまりヒットアップカンスト時のボスWAVEには、命中回避装甲の特大アップをベースに攻撃力+80%、CRT倍率+115%という素晴らしい火力を発揮できるというわけ。回避特大アップとアビ効果によるアウトレンジ攻撃で防御面の安定もよいぞよいぞ。

 ただ、フルパフォーマンスを発揮するにはそれぞれの条件を満たす必要があります。とくにΩ必殺は全コア消費型なので、発動すればコア2個所持条件の強化アビは失われることに。

 また、クリティカル率上昇アビを持たないことも難点。トビアの高い高いCRT倍率を活かすためにも、随伴機のバフやサポユニでクリティカル率は必ず底上げして運用したいところッス!

〇X3[Ω]の強み
・攻撃範囲拡大アビを持つ広広範囲ファイター
・3種類の後付け強化アビで高い火力を持つ
・回避特大アップで防御面も安定
・装甲一部無効で征覇28A、28C対応

×X3[Ω]の弱み
・Ω必殺を使うとコア2個所持の強化アビを失う
・クリティカル率上昇系のアビを持たない

  • ▲Ωクロスカットイン! コア4個所持時はダメ倍率30%+300%×4+600%=合計1830%くらい。コア10個所持時は50%+500%×4+1000%=合計3050%くらいに。たぶん。
  • ▲最初にちょぴっと削る小攻撃アリ。ちなみに時間停止系必殺です。

【Vアビ評価】

“HP1/4以下で、特殊回避と分身以外に対して攻撃が命中する”、超命中アビを持つ被弾強化のピンチクラッシャー。分身にはヒットせず、必殺に分身無効がない点は要注意ッス。相手次第で要“直撃”。で、防御面ではもともとVアビにタフネスを内蔵している上、追加でPAタフネスを習得可能で、最大7回の特殊タフネス持ちになります。

 PAは一気呵成+タフネスの構成がオススメで、マイトガインめいた行動+1500のコス10重バフ機としてチームの核に据えるとよし。キラ&アスランのコンビと相性抜群で、重量級をアスランたちに任せ、自身は超命中で回避系を落とすポジション。とくにキラアスが苦手とするナイチンゲール撃破を得意としているのが大きな魅力となります。

 ただ自衛面は特殊タフネス頼みになりがち。被弾強化では火力面を補強されるものの防御面での強化はなく、相手側のキラアスはもちろん、TBSあたりの合体攻撃でも即落ちコース。一気呵成込みでの行動+1500バフの恩恵で、合体攻撃同士の対決はとにかく先手を取ることが大前提ッス。

 キラアス随伴以外では、Ω必殺の浸食、軽減130%を活かして重量級キラーとして生きるのも選択肢。タフネス+アタッカー構成であれば、例えば天元のΩ必殺(7HIT)をピッタリ耐えて、返す刀で大火力乱舞を叩き込む……といった運用も可能なはず。まあ天元必殺で炎上しちゃったら乙なので、そこはレジスト装備で耐えるとか、水着カミナギリーダーにするとか、高速ストフリを先行させて“共鳴”保護するとかとか。強襲レーバ+トビアの編成もけっこう使いやすそうなんですよね。

 総じてコスト10はなかなかしんどい重さではあるんですが、それに見合った攻撃面、バフ面での活躍が期待できるんじゃないでしょうか!……そういえば、既存トビアを一気呵成で育ててる方けっこう多いかもで、PA移植が待たれる機体でもありましたっ。

〇X3[Ω]の強み(Vアビ)
・PA一気呵成込みで行動バフ+1500が可能
・超命中で回避キラーに
・キラ&アスランと相性良しでキラアスが苦手なシャアキラー
・特殊タフネス最大7回を活かした天元狩りも可能?

×X3[Ω]の弱み(Vアビ)
・防御面は特殊タフネス頼みで燃焼落ちの危険性アリ
・PPの移植マダー?

  • ▲いろいろ便利な重コスサポ機って感じかなあ。キラ&アスランの登場はコスト帯の考え方を大きく変えた気がします!

 そんな塩梅。

――現在のうどんさん――

ランク 169
Ωクリスタル 263個
ストーリー進行 第16章3話終了
課金額 0円


Leader F SSR キュベレイ[Ω]
2nd F SSR Hi-νガンダム[Ω]
3rd 拳 SSR キングゲイナー[Ω]
4th B SSR グレートゼオライマー
Sub-1 盾 SSR ダン・オブ・サーズデイ
Sub-2 射 SSR ヴォルケイン改
戦艦 SSR ナデシコC


©石森プロ・東映
©GAINAX・中島かずき/劇場版グレンラガン製作委員会
©賀東招二・四季童子/ミスリル
©賀東招二・四季童子/陣代高校生徒会
©賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners
©カラー
©Go Nagai・Yoshiaki Tabata・Yuuki Yogo/Dynamic Planning
©サンライズ
©サンライズ・R
©サンライズ・バンダイビジュアル
©SUNRISE・BV・WOWOW
©SUNRISE/PROJECT ANGE
©SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design ©2006 CLAMP・ST
©SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design ©2006-2008 CLAMP・ST
©サンライズ・プロジェクトゼーガ
©SHOJI KAWAMORI, SATELIGHT/Project AQUARION EVOL
©創通・サンライズ
©ダイナミック企画
©東映
©BANDAIVISUAL・FlyingDog・GAINAX
©葦プロダクション
©GoShogun Parters
©DANCOUGA Partner
©藤原忍/ダンクーガ ノヴァ製作委員会
©PLEX/MachineRobo Partner
©BONES/キャプテン・アース製作委員会・MBS
©BONES/STAR DRIVER THE MOVIE 製作委員会
©BONES/STAR DRIVER製作委員会・MBS
©1998 賀東招二・四季童子/KADOKAWA 富士見書房・刊
©1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
©2001永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
©2003 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
©2010 永井豪/ダイナミック企画・マジンカイザー製作委員会
©1999 I.G/GAINAX/KGI
©2000 もりたけし・GONZO/KADOKAWA
©2003 GAINAX/TOP2委員会
©2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
©2005 BONES/Project EUREKA
©2012 BONES/Project EUREKA AO

©SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design ©2006-2011 CLAMP・ST
© 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
TM&©TOHO CO., LTD. ©カラー
©SEGA
©創通・フィールズ/MJP製作委員会
©BNEI/PROJECT iM@S
©Production I.G/ナデシコ製作委員会・テレビ東京
©ラグランジェ・プロジェクト
©ダイナミック企画・東映アニメーション
©松本零士・東映アニメーション
©ロボットガールズ研究所
©DeNA Co,Ltd. All rights reserved.
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©BNP/BANDAI, HEYBOT! PROJECT, メ~テレ
©2017 TRIGGER/吉成曜/「リトルウィッチアカデミア」製作委員会
©2015 ビックウエスト
©2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
©SEGA CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME
©2017 鎌池和馬
キャラクターデザイン・原作イラスト/はいむらきよたか
Licensed by KADOKAWA CORPORATION ASCII MEDIA WORKS
©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media
©宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会
©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO
©1984 ビックウエスト
©Go Nagai/Dynamic Planning-Project CHU
©anchor All rights reserved.
©2016 HEADGEAR 
©2008 清水栄一・下口智裕/GONZO/ラインバレルパートナーズ
©なかま亜咲・eb刊/ペンギン帝国
©ちみもりを・AIC
©ブロッコリー・バンダイビジュアル
© Imagineer Co., Ltd.
©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2018 CLAMP・ST
©森下裕美・OOP/Team Goma
©オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会
©BNP
© 2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
©吉崎観音/KADOKAWA・BNP・テレビ東京・NAS・BV
©1994 BIGWEST
©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

スーパーロボット大戦X-Ω

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: SLG
  • 配信日: 2015年10月5日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

スーパーロボット大戦X-Ω

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: SLG
  • 配信日: 2015年10月5日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金