『DQウォーク』うごくひょうぞうの討伐ポイントを効率よく稼ぐには? 【電撃DQW日記#790】

レトロ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 低レベル帯のこころ集めにハマりだしたレトロです。低レベル帯で戦っていて思うのですが、“あまり見かけない”や“めったに見かけない”のモンスターの出現率が、高レべル帯に比べると低いような気がするんですよね。あくまで体感なのですが、みなさんはいかがですか?

  • ▲目当てのものではないこころばかり手に入ります……。

 さて、今回のテーマは“うごくひょうぞうの討伐ポイント稼ぎ”。うごくひょうぞうとは“ぶきみな氷片”を集めることでしか戦えないので、効率よくポイントを獲得するには、少々コツが必要となります。

 そこでここでは、効率のよいポイントの稼ぎ方について考察していきます。

獲得討伐ポイント

 獲得討伐ポイントはレベルによって異なっており、基本的にはレベルが高いほどもらえるポイントも増えます。ですが、増加はレベル23の13,810Pで打ち止めとなるので、レベル23のうごくひょうぞうと戦えば、“ぶきみな氷片”の消費量的には効率よくポイントを稼げます。

レベルによる獲得討伐ポイント一覧

Lv01 1,500P
Lv02 1,960P
Lv03 2,870P
LV04 3,320P
Lv05 4,220P
Lv06 4,660P
Lv07 5,530P
Lv08 5,950P
Lv09 6,780P
Lv10 7,180P
Lv11 7,960P
Lv12 8,340P
Lv13 9,080P
Lv14 9,430P
Lv15 10,120P
Lv16 10,450P
Lv17 11,090P
Lv18 11,390P
Lv19 11,980P
Lv20 12,260P
Lv21 12,810P
Lv22 13,320P
Lv23~30 13,810P

累計討伐報酬

 ポイントを稼ぐことでさまざまな報酬が得られますが、絶対に手に入れたいものは最後にもらえる“イフレムの心珠S”。必要累計ポイントは198万なので、最大の獲得討伐ポイントで稼ぐとしても、144回以上はうごくひょうぞうを倒す必要があるということです。実際はレベル1から討伐スタートとなるので、もっと多いです。

 1000個で1回戦えるので、1000個×144=144000もの“ぶきみな氷片”を集めなければならないというわけ。これはけっこうたいへんです。








実際に効率よくためるには?

・自分の戦力で倒しやすいレベルを確認
・戦闘を短時間で終わらせる
・助っ人機能を存分に活用

 効率よくためるために意識することは上記の3項目。高レベルの強敵を倒す必要がないので、いかに自分にぴったりな相手と戦えるかが重要となります。ということで、1項目ずつ確認していきましょう。

自分の戦力で倒しやすいレベルを確認

 基本的にはオートで戦っていても倒せているのが適性レベル。まずは、もらえるポイントが最も高いレベル23で試してみるとよいでしょう。

 ほかでは、1万ポイント以上もらえるレベル15も選択肢の1つ。レベルが低いぶん討伐時間も短くなるため、“ぶきみな氷片”に余裕があるならこちらもオススメです。

有力:レベル23
次点:レベル15

戦闘を短時間で終わらせる

 効率を求めているのに戦闘に時間がかかってしまっては意味がありません。うごくひょうぞうの弱点属性を突いて、短時間で討伐するのが大事になります。そのため、アタッカーの数をできるだけ増やすのが得策です。個人的にはアタッカー3、回復役1を推奨します。

 うごくひょうぞうの特徴は①メラ&ギラ属性が弱点②防御力が高め③行動不能の状態異常を使ってくる④戦闘の後半で大回復を行う、といったところ。このなかで意識する必要があるのは①です。弱点を突くことで与えるダメージはかなり増えるので、しっかり準備しておきましょう。

メラ属性のオススメスキル

デスファング(デスピサロの牙)
ビッグバンソード(天空の剣)
メラゾーマ(書聖のつえ、マジカルブースター)
メラブレード(ほのおのつるぎ)


ギラ属性のオススメスキル

グランドインフェルノ(インフェルノワンド)
閃熱の翼撃(バロックエッジ)
ヒートスライサー(プラチナウィング)


 なお、僕の採用したパーティは以下の通り。

レンジャー(デスピサロの牙)
魔法戦士(マジカルブースター)
攻撃賢者(書聖のつえ)
回復賢者(ドラゴンロッド)

 立ち回りとしては1ターン目のみ自分で行動を決め、2ターン目以降はオートで戦います。レンジャーは“ルカニ”か“まもりのたて”を使用。攻撃的にいくなら前者、行動不能に備えるなら後者を選択する感じ。

 魔法戦士と回復賢者は“バイシオン”をレンジャーに、攻撃賢者は“魔力かくせい”を使用し、次ターンに備えます。

 あと、オートでほったらかすのみ!

助っ人機能を存分に活用

 うごくひょうぞうとは助っ人とともに戦えるので、助っ人選びも時間短縮のカギを握ります。助っ人のレベルもできるだけ高いほうがよいでしょう。個人的に候補となるのは以下のパターン。

・純粋に火力係
→インフェルノワンドを装備した賢者や魔法戦士
→そのほか弱点を突ける武器を装備したキャラでもOK

・フォースブレイク係
→自身の使用属性の攻撃スキルを持つ魔法戦士

・影縛り係
→可能なら弱点を突ける武器を持ったレンジャー

  • ▲攻略に適した助っ人がいない場合は、うごくひょうぞうとのバトルを別の機会にするのも1つの手。

 なかでも、インフェルノワンドを装備した賢者(魔法戦士)の破壊力はバツグンです。冒険者名簿で発見した場合は、ぜひ採用してみてください!

  • ▲こんな感じでインフェルノワンドを持っていたら最高!

 





※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金