高校生と戦乙女9人姉妹のルームシェアラヴアクション『戦×恋(ヴァルラヴ)』がTVアニメ化決定

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 月刊『少年ガンガン』で連載中のコミック『戦×恋(ヴァルラヴ)』のTVアニメ化が決定しました。

 また、公式サイト公式Twitterがオープンした他、ヒロインの1人“早乙女七樹”が描かれたティザービジュアルが公開されています。

 七樹は悪魔たちと戦い、恋をするほど強くなる“戦乙女(ヴァルキリー)”9人姉妹の7女です。巨大な悪魔たちに立ち向かうため、“体育館倉庫でデート”、“手料理を食べてもらう”、“恋人とキス”などのイチャイチャで鍛え、成長しながら壮絶なバトルに挑んでいきます。

 『ガンガン』史上最エロと謳われるイチャイチャシーンと迫力のバトルシーンがどのように映像化されるのでしょうか。今後明らかになる“戦乙女”たちの“戦い”と“恋”の物語に注目です。

ストーリー

 “アクマ”というあだ名を付けられるほどの強面の風貌から周囲から怯えられ、うまく他人とかかわることができない孤独な高校生・亜久津拓真は、ある時1人の少女を助けたことがきっかけで、悪魔と戦う9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)たちと1つ屋根の下で暮らすことに――。

 恋をするほど強くなるという戦乙女たちの恋人となり、彼女たちと恋の特訓を乗り越え世界を救うことができるのか!?

(C)朝倉亮介/SQUARE ENIX・「戦×恋」製作委員会