日向坂46と同級生に!? ゲーム『ひな図書』を遊んだ感想は?

セスタス原川
公開日時

 ソニー・ミュージックソリューションズから、iOS/Android用の日向坂46新作スマートフォンゲームアプリ『日向坂46とふしぎな図書室』がリリースされました。

 本作は、日向坂46のメンバーが登場するタワーディフェンスバトルゲームです。

 ゲームだけではなく、各メンバーにフィーチャーした内容のストーリーが用意されていたりと、グループファン必見のアプリになっています。

 まずはゲームの世界観についてお伝えしていきます。

日向坂46と本の世界を大冒険!

 本作のストーリーのメインは、もちろん日向坂46のメンバーたち。プレイヤーは、彼女たちが出会った1人の男子生徒としてストーリーに登場します。

あらすじ

 主人公とメンバーたちが出会うのは、メンバーが通う学園の“私立・日向坂学園”。

 大量の本棚が並ぶ謎の図書室で居合わせた彼女たちと“僕”。そこに、突如言葉をしゃべる本が登場し、本の世界を救って欲しいと伝えられます。


 悩んでいるうちに、メンバーが本の中に吸い込まれてしまい、なりゆきでしゃべる本の言うことに従うことにした一同。

 仲間を助けるべく、本の世界に入っていった彼女たち。主人公は、外の世界から彼女たちのサポートを行います。

 果たして、あなたと日向坂46は吸い込まれたメンバーを救い、おかしくなった本の世界をもとに戻すことはできるのでしょうか?

学園生活では二人だけのストーリーが!

 ゲーム開始には、まず自分のプロフィールに加えて、推しメンを選択します。




 プロフィールは、プレイヤー同士で見えるニックネームの他に、姓名のフルネームを入れる箇所もあります。

 ゲームでフルネーム……? と思った方もいるでしょう。なんと、ここで入力した名前は、ゲーム内の各所で推しのセリフに入り、まるで本当に会話しているかのような気分を味わえるのです!


 普段は気恥ずかしくてニックネームしか使わない方も、本作の名前の欄には本名入力しておいた方が、幸せな気持ちでゲームをプレイできるでしょう。

ファンシーなタワーディフェンスバトル

 ゲームシステムは、味方の拠点からキャラクターを送り出して敵と戦うタワーディフェンス系のバトルになっています。

横長なのに縦持ちで遊べる!?

  • ▲ゲームは本格的なタワーディフェンスバトル。アイドルだって戦えるんです!

 タワーディフェンスバトルといえば、一直線に続くバトル画面を想像する方も多いでしょう。

 本作はその常識を覆す、横スクロール画面を三分割して縦画面で配置した独特な形。

 見え方に慣れるまではやや時間がかかりますが、場所を選ばず操作しやすい縦持ちで遊べるため、腰を据えてゲームをできない方にもオススメです。

デフォルメされた可愛いメンバーたち!

 バトルで戦うのは、デフォルメされた日向坂46のメンバーたちです。本の世界では、まるでアニメキャラクターのような風貌で登場します。デフォルメされているとはいえ、各々の特徴を捉えたデザインになっているので、ぱっと見でどのキャラクターが誰なのか判断できるのは素晴らしいデザインです。

 敵キャラクターの見た目も、絵本の中のようなファンシーな見た目。本作のコンセプトを聞いて「アイドルがバトル!?」と違和感を感じた人も、このビジュアルであればすんなり受け入れられるのではないでしょうか?

  • ▲出撃時や攻撃時にはメンバーたちの可愛らしい個性的なセリフが聞けちゃいます!
  • ▲デフォルメキャラクターたちの一挙一動や、個性的なセリフにも注目です。

 それぞれのメンバーは、近接攻撃、遠距離攻撃、防御など特性を持っており、バランスよく送り出して敵と戦ってもらいましょう。詳しいバトルシステムなどは、別記事にてご紹介します。

その他にも目を奪われる美麗な写真も!

 また、ゲーム内で楽しめるメンバーはデフォルメ版だけでなく、実際の写真のカットやムービも楽しめます。

 手に入れたメンバーのレアリティ次第では、様々なジョブに扮した姿を楽しむことができます!

 実は、本作の衣装は多くがCGで合成して作成されたもの。しかし、その話を聞いていなければ、まるで本当の写真と見間違えるほどのクオリティの高さです。

  • ▲ジョブの衣装は3DCGである特徴を生かしたド派手なものが盛りだくさん!


  • ▲装備できる“おまもり”は、ライブのワンシーンやオフショットなど、ずっと見ていたくなる素晴らしいデザイン!

メンバーと絆を深めると……?

 推しメンをはじめ、各メンバーにはメインストーリーの他にも、彼女たちをさらに知ることができる個別のストーリーも用意されています。

 しっかりとメンバーの性格が表現されているため、ストーリーの没入感は抜群。彼女たちと本当に2人の時間を過ごしているかのような気分が味わえます。

 筆者が最初に体験できた小坂菜緒のストーリーでは、彼女のストイックさがわかるエピソードが用意されています。放課後に屋上に呼び出されるなんて、本当ならばドキドキが止まらない展開です……。




  • ▲ストーリー中は選択して返事を選ぶシーンもありました。会話している雰囲気を十分に感じられます!

 次回の記事では、より詳しいゲームのシステム面をご紹介します!

© Seed&Flower LLC / © Y&N Brothers Inc. / © Sony Music Solutions Inc.
Developed by filament Inc.