シリーズ最小・最軽量! 持ち出し可能なキヤノンヘッドマウントディスプレイ

電撃オンライン
公開日時

 キヤノンは、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実)システム“MREAL(エムリアル)”シリーズの新製品として、初のエントリーモデルとなるヘッドマウントディスプレイ“MREAL S1”を2月下旬に発売します。

 キヤノンの“MREAL”は、ビデオシースルー型(※1)ヘッドマウントディスプレイを装着し、現実空間にあたかもそこに在るかのように3D CGを表示するMRシステムです。“MREAL S1”は、小型・軽量化に加え、モバイルワークステーション(※2)対応により、容易に持ち出すことができ、さまざまなシチュエーションで使用できます。さらに、本社と製造現場のような遠隔地間でCGを共有することも可能です。

快適な使用を実現する小型・軽量化と装着性の向上

 “MREAL”シリーズ最小・最軽量となる、大きさ約186(幅)×250(奥行)×138(高さ)mm(※3)、質量約338g(ヘッドマウントユニット含む、ディスプレイ部のみの質量は約137g)の実現により、使用時の負担を軽減し快適な装着感を実現します。

 また、人間工学に基づき設計したヘッドマウントユニットは、頭を傾けるような体勢でも安定して快適に使用でき、着脱や調整も容易です。さらに、フリップアップ機構の搭載により、ヘッドマウントディスプレイを装着した状態から素早く目視に切り替えることができます。

ポータビリティーの向上により多様なビジネスの現場での利用が可能

 周囲の静止物から特徴点を抽出し、自身の位置座標を推定する空間特徴位置合わせ技術の進化により、多様な現場での高精度な位置合わせを実現します。上位機種同様、別売りの位置合わせ用光学センサーが常設されていない現場や設置が困難な屋外でも使用でき(※4)、機材準備時間も削減できます。

 また、モバイルワークステーションとの組み合わせでシステム総重量を軽量化し、さまざまな現場に持ち運んでCGを融合した映像を可視化できます。例えば、建設予定地で完成後の姿を表現して共有することや、工場に持ち込んで新たな製造ラインを表現し作業性や動線を体験するなど、現場で実寸大のCGを確認することで、コミュニケーションの効率化や試作回数を減らすことによるコスト削減などに貢献します。

製品名:MREAL S1
希望小売価格:オープン価格
発売日:2月下旬

※1:ヘッドマウントディスプレイに内蔵されたカメラのCMOSセンサーが捉えた目の前の映像(現実映像)と仮想空間の3D CG(仮想映像)をコンピューターでリアルタイムに合成し、ヘッドマウントディスプレイに表示する方式。
※2:高い処理能力を備え、複雑で高度な処理を安定して行うノート型コンピューター。
※3:折り畳み時の大きさ。ディスプレイ部のみの大きさ約154(幅)×37(奥行)×74(高さ)mm。
※4:使用場所や用途に制約がある場合があります。

関連する記事一覧はこちら