【ぶくスタ!!第22回】茨と創による新コンビ・いばにゃん&じめにゃん爆誕!

ヒムロ
公開日時
最終更新

 こんにちは、ライターのヒムロです。冬ももりもりアイスを食べる派なのですが、アイスってカップでもバーでも食べながらゲームをプレイするのに向いていないのが悩みの種です。食べながらプレイしないのが一番なのですが……。

 さて、今回の“あんさんぶくぶスターズ!!”の大川ぶくぶ先生の描き下ろしコミックは、茨と創という異色コンビが登場! さっそくコミックをどうぞ♪


“バラエティとタッグ/ボギータイム!”(11月15日から11月24日まで開催)

 EdenとRa*bitsという出身校も事務所も、ユニットのカラーもまるで違う2つのユニットがバラエティ番組に挑戦! 番組や相棒となった創に翻弄される茨の珍しい姿が見られます。

ストーリー概要

 凪砂が独断でEdenの出演を引き受けたバラエティ番組・ボギータイム。急な話だったこともそうですが、そもそも茨はバラエティー番組が嫌いな様子。ただでさえ自分の知らないところで物事が進むのも気に入らないのに、従順だったはずの凪砂の勝手な行動にも腹を立てていました。

 とはいえ、すでに番組の企画は進行しており、いまさら出演を辞退することは許されません。そこで、バラエティ番組慣れしているEveに協力をお願いしつつ、彼らの不利益にならないような共演者としてRa*bitsを選出します。ちなみにバラエティ番組の出演経験が乏しいRa*bitsは、Edenの共演者に選ばれたことに困惑していました。

  • ▲バラエティ番組を嫌っていた茨。創と一緒に行動をして何かを得たのでしょうか。

 番組の収録が始まると、Eveの2人はそつなく番組を進行。AdamとRa*bitsはくじ引きで1人ずつペアとなり、“旅人”としてボギータイムを乗り越えていくことに。撮影は10日間行われ、ペア同士同じ部屋で寝泊まりしながら“指令”をクリアし、ポイントを稼いで順位を決めていきます。

 茨は創とペアになったものの、Edenにはいないタイプの創への接し方に苦戦。一方創は茨が創の反応をはかるためにわざと褒めていたのですが、それを素直に好意的に受け止め、仲良くできそうだと判断します。

  • ▲「かわいらしいうさぎ」と茨は侮っていましたが、それだけではないことを見せてくれました!

 茨と創の“ヘビさんチーム”はダントツ最下位という状態で初日を終えようとしていました。順位は思わしくありませんが、2人は指令をこなしていくうちに打ち解けたよう。このまま順調にボギータイムの撮影は進んでいくのですが――。

ライターの超個人的! ハイライトシーン

 ここでは個人的に「いいね!」と思ったシーンを5つピックアップ! 茨と創もそうですが、どのペアもあまりに面白すぎて絞るのが大変でした。

  • ▲罰ゲームの呼び名がかわいすぎるし、なにより創自身がかわいい……。
  • ▲番組で優勝すると豪華景品がもらえるという話で、日和にとっての豪華景品の基準が垣間見えました。
  • ▲このあとなずなも困惑していましたが、メロンパン味のジュースとはいったいどんなものなのでしょうか。パンの味をドリンクで作れるのか気になります。
  • ▲アイドルに復帰して以来、なずなは後輩たちの成長を目の当たりにするたびこの通り涙もろくなっています。
  • ▲元fineの日和と元Valkyrieのなずな。過去に色々あったので2人の間に若干不穏な空気が流れていたため、ジュンと友也がなだめるはめに。

 予想もしていなかった2つのユニットの共演と、2人1組での行動がもたらした変化が描かれていた本ストーリー。大ボリュームで読みごたえもありました♪ 次回の“ぶくスタ!!”もお楽しみに!

(C)2017-2020 Happy Elements K.K (C)bkub okawa