魔王に敗北した世界で、英雄の魂を持つ少女が戦うダークファンタジー。『ミナシゴノシゴト』レビュー

ライオン松本
公開日時
最終更新

 EXNOAが2月9日配信予定の新作PCブラウザゲーム『ミナシゴノシゴト』のレビューをお届けします。

 美麗なイラストとBGMに魅力的な美少女キャラクターを中心に、そこへ重圧感たっぷりなダークファンタジーな物語が重なり合う本作の世界観について感想を述べていきます。

●『ミナシゴノシゴト』先行プレイ動画

大魔王に“敗北”してしまった絶望の世界からのスタート

 この『ミナシゴノシゴト』の世界観は、すでに大魔王“災禍”によって敗北してしまったニルヴァーナという地を舞台に、英雄の魂を持つ少女“ミナシゴ”たちと共に奪われた未来を取り戻すという王道的なファンタジーRPGとなっています。

●『ミナシゴノシゴト』ストーリー

 「ある日、空から戦争が降ってきました」

 大魔王“災禍”に敗北した世界――ニルヴァーナ。

 彼の地は災禍が招いた八柱の“魔王”に支配され、異世界の“戦場”が降り注ぐ鉄血の地へと姿を変えた。

 魔王に抗う最後の希望は、英雄の魂を持つ少女たち。

 異界より招かれた怪物“魔民”を退け、戦場より生じた狂乱の“戦神”を討ち、魔王すらも打倒すると予言された存在。

 彼女たち“ミナシゴ”は人類の切り札となった。

 過去に災禍と戦い、記憶と力を失った“あなた”は、大陸の最果てにミナシゴを保護する孤児院 サンサン園を設立し、災禍を打ち倒す“勇者”を育てることを決意した。

 そして、災禍との戦いから十数年の月日を経て、遂にミナシゴたちの反攻作戦が始まろうとしていた。

 悲しみと不幸を背負うことによって、少女は強くなる……!

 数多の『孤児と英雄』を擬人化したヒロインを部隊に編成し、神話や史実の『戦場』を擬人化した戦神を召喚して敵を討て!!

 『私たちのシゴトは、未来を取り戻すこと』

 そして、シゴトを終えた彼女たちが心から望むのは――

 登場するミナシゴたちは、どのキャラクターも美少女ばかりな上に、それぞれの背景も用意されていて感情移入がしやすく、キャラゲーとしても楽しむことができると思います。

  • ▲一部ですが、図鑑でも確認できる通り美少女ばかりです。

 そして、本作の主人公である“黒騎士(プレイヤー)”は、ミナシゴたちを保護し、鍛え、まとめ上げる指導者に位置しています。

 真っ黒な甲冑姿で、一見すると敵側に見えてしまいそうな主人公ですが、彼はこの世界を守るために12年前、大魔王と戦っていたようです……結果は、現在の状況が物語っています。



 ここまでが、本作の物語の前日譚と言えるストーリーです。通常のRPGなどでは敵に支配されかけていたり、戦争中といった抗争状態なものは見ますが正真正銘、敗北後からスタートは珍しいですよね。

 さて、絶望感たっぷりの状態で始まる本作ですが、もちろん希望が存在しています。それが前述していた“ミナシゴ”と呼ばれた少女たち。

 彼女たちは英雄の魂を持っており、通常の人間では持ち得ない特別な力と、勇者の資質を持っています。

 魔王に対して唯一の切り札となる彼女たちと共に、プレイヤーは未来を取り戻すために戦いへと身を投じていくことになるのです。

  • ▲神話や有名な物語の英雄たちに因んだ背景設定や、ボイスはより深く愛着や興味を沸かせてくれて、個人的にかなりお気に入りな部分です。

 ミナシゴがジャンヌ・ダルクといった英雄の魂を宿すのに対して、零式やミッドウェーのように“零式戦闘機”や“ミッドウェー海戦”を擬人化したキャラクターが存在し、戦いそのものである“戦場”が擬人化されているのもポイントのひとつです。

 そもそも、主人公が戦うべき相手こそ“戦場”=“戦争そのもの”が具現化した特殊な存在。ミナシゴと呼ばれる少女たちが戦場の名を冠する戦神を打倒、すなわち戦争そのものを否定するという世界観を把握しながら遊ぶと、本作のストーリーの奥深さをより味わえると思います。

  • ▲零式(レイシキ)。(メインイラストレーター:ダルダ味/声優: あじ秋刀魚)。パートナーとして、最初に所持しているヒロイン。十数年前、大魔王『災禍』との戦いに敗れ、共に落ち延びた黒騎士(プレイヤー)の怪我を癒えるまで支え続けた。その後、黒騎士がサンサン園を設立すると、ミナシゴたちの母役として家を守り、時には師範として才能あるミナシゴを鍛えている。異世界の『世界守護者』と呼ばれる存在であり、魔王の一人である戦神『ミッドウェー』とは深い因縁を持っている。(出典:第二次世界大戦/零式戦闘機)

 公式Twitterではサンプルボイスも楽しめるので、ぜひ配信前に推しの女の子を探してみてください!

この世界を支配する魔王や魔民

 続いて紹介していくのは、“魔王”“魔民”と呼ばれる敵陣営についてです。

 まずは魔民という怪物に近いものですが、現在の筆者がプレイして確認した限り言語能力のような知性はないものの、戦闘面やミナシゴたちを襲うような明確な敵対の意思を見せています。

 見た目もゴブリンや、ゴーストといった西洋の怪物的特徴が多いようで、お約束ではありますが友好的とは言えないでしょう。



 物語序盤でも隊列を組み、満身創痍の少女たちを攻めていく姿は、まさに悪役といった感じ。

 そして、その魔民の上に当たる存在が“魔王”です。前日譚でも語られますが、既にこの世界は大魔王によって支配済みの世界。

 そして、その大魔王のひとつ下に当たるであろう敵が魔王と呼ばれるものです。彼女たちは魔民とは違って、知性も高いようで会話を成立させることもでき、どうやら各地域ごとの管理や統率を行なっているようです。


  • ▲現在、確認できるマップでこれだけ広いのですから、それぞれを守るボスがいてもおかしくありませんよね。

 そんな魔王という存在ですが、もちろん戦闘面も非常に強力な相手として立ちはだかってきます。モーション演出やBGMも通常とは違い、豪華になっているのも、いかにこの魔王が特別かを教えてくれるようでした。


  • ▲余談ですが、魔王側の女の子もプレイヤー側へ引き抜くことが出来るようです。敵側に好みの子がいるというプレイヤーも希望が見える部分ですね。

 ということで、『ミナシゴノシゴト』の世界観やキャラクターについての紹介でした。

 キャラクターたちのビジュアルだけを見ると可愛らしく、萌えの部分を強く感じますがゲームを初めてみれば重圧感たっぷりでダークな世界が顔のぞかせ、びっくりするかも知れません。

 しかし、それが良いんです。絶望の世界で不幸ながらも世界の希望となる少女たちと未来をかけて大魔王に挑むなんて、男心をぐっと掴んでくれること間違いなしですよ!

 ダウンロードの必要がないブラウザゲームなので、ぜひ一度この世界を覗いてみてください!

©EXNOA LLC / whomor.inc / AREAREA STUDIO