日本一ソフトウェアの新作アドベンチャー『探偵撲滅』発表!

電撃オンライン
公開日時

 日本一ソフトウェアは、PS4/Switch用ソフト『探偵撲滅』を5月27日に発売します。価格は、パッケージ版、ダウンロード版ともに6,980円+税。

 スタッフはディレクターが廣瀬宗則さん、企画・シナリオが城花健人さん、キャラクターデザインが勝又美桜さんです。

 14人の探偵のパーソナルデータと、探偵たちが所属する組織“探偵同盟”、彼らが立ち向かう殺人鬼“八ツ裂き公”が公開されました。

──登場人物、全員“探偵”!

 『探偵撲滅』は、14人の探偵が連続殺人鬼と対決する、探偵シミュレーションアドベンチャーです。登場人物は、全員が『探偵同盟』と呼ばれる一流の探偵で構成された組織の一員。

 主人公の『無能探偵』や鎧に身を包んだ『武装探偵』、記憶力に優れた読書好き『文学探偵』に、オカルトの専門家『魔界探偵』など、個性の異なる探偵たちが多数登場します。

──この事件は、“探偵”(ルビ:ボク)一人では解けない

 ゲーム中には、探偵たちによる捜査パートが発生。しかしプレイヤーの分身『無能探偵』には特技がありません。そのため、信頼を得た探偵たちに的確な指示を出し、代わりに捜査を進めてもらうことが、ゲームの鍵となります。

ストーリー

 100人以上の死者を出し、国中を混乱に陥れた連続殺人鬼『八ツ裂き公』。その凶行を止めるため、優秀な探偵のみで構成された組織『探偵同盟』は、選りすぐりのメンバーによる合同捜査を決断した。

 同じ頃、探偵に憧れる平凡な男子高校生『北條和都』は、謎の男『老師探偵』の導きにより、探偵同盟の本部がある離島へたどり着く。

 島で憧れの探偵同盟と出会い、興奮を隠せない和都。しかし、探偵たちから「お前が八ツ裂き公ではないか?」と疑いをかけられ、 言葉を失った。島には既に『八ツ裂き公』が潜入しており、多くの探偵が殺されてしまったというのだ。

 自身の疑いを晴らすため、和都は探偵同盟のリーダー『理想探偵』と共に、島の捜査へと動き出す。

 生き残った探偵は14人。この中に──『八ツ裂き公』がいる。

舞台・キーワード

探偵同盟

 100人の探偵で構成される国家公認の探偵組織。個人・企業・警察・行政の区別なく依頼を受け付けており、依頼内容に応じて適任と判断された探偵が派遣され、日々膨大な事件の解決に当たっている。

 事件を解決すると担当した探偵には報酬が支払われ、『探偵序列』に変動が生じる。

探偵序列

 『探偵同盟』に所属する探偵たちの序列を示した数字。各探偵の実績に基づいて順位が付けられており、上位であればあるほど解決難度の高い事件を割り当てられる。

 この序列には探偵というエゴイストの集まりにおいて必ず起きる、意見の衝突を避ける、という意図が存在し、探偵同士で意見が衝突して議論が平行線となった際には、明確な証拠がない限りは序列が上の者の意見を優先しなければならない。

モルグ島

 物語の舞台となる絶海の孤島。殺人鬼『八ツ裂き公』への対策会議のため、探偵同盟の本部に集まったメンバーたち。

 しかし、探偵同盟の中に紛れ込んだ『八ツ裂き公』によって、多くの探偵や探偵同盟本部の職員たちが殺害されてしまう。

 外界との連絡手段も断たれた孤島で生き残ったのは……14人の探偵。探偵同盟に待つのは生還か、全滅か。

 探偵同士で協力し合い、『八ツ裂き公』の正体を解き明かさなければならない。

八ツ裂き公の罠

 モルグ島には八ツ裂き公の仕掛けた罠が張り巡らされている。探偵同盟の本部棟や、無能探偵たちが調査の拠点とした洋館も安全ではないようだ。

 助けの来ない孤島の中、探偵たちは時に協力し、時に互いを疑いながら捜査を進めなければいけない。14人の中に潜んだ裏切り者を探し出し、最悪の惨劇を回避しよう。

八ツ裂き公

「エンタァァァァァアアアア!!!!!! テェェェイメェェェンッッッッ!!!!!」

 『エンターテイナー』を自称する狂気の殺人鬼。2人の男性が惨死する光景をリアルタイムで配信したことを皮切りに、半年間で100人以上を殺害したと言われている。

 必ず二人同時に殺していくこと、犠牲者の持ち物に何かしらの形で『八ツ裂き公』のアイコンが遺されていることが特徴で、一連の犯行は『八ツ裂き公事件』と称されている。

キャラクター紹介

無能探偵(声優:小林敬)

「最悪の悲劇を……僕の手で覆すんだ!」

探偵序列:100位
特技:家事手伝い
主な解決事件:無し

 本名「北條 和都(ホウジョウ ワト)」。幼い頃に巻き込まれた誘拐事件の謎を解き明かすため、探偵を志す男子高校生。

 探偵事務所でアルバイトをしていたところ、探偵組織『探偵同盟』への加入を認められると共に、モルグ島での事件に巻き込まれる。

 探偵愛は確かだが学力も運動能力も軒並み平凡で、他の探偵たちからは『無能探偵』という烙印を押されてしまう。

理想探偵(声優:奥野香耶)

「顔をあげろ、探偵諸君。推理はまだ終わっていないぞ」

探偵序列:2位
特技:行動予測
主な解決事件:都庁爆破未遂事件、秋葉原銃乱射未遂事件

 序列2位『理想探偵』。現代のシャーロック=ホームズと称される、ミステリアスな美少女。

 探偵同盟の実質的なリーダーであり、数々の難事件を未然に防いできた。

 幼い頃に無能探偵の目の前で殺害された少女に似ており、何故か無能探偵を「命の恩人」と称して、成長を促していく。

外道探偵(声優:石谷春貴)

「好きな言葉は『世界平和』。趣味は『ボランティア』だよ。仲良くしておくれ」

探偵序列:4位
特技:犯罪者の思考把握
主な解決事件:新宿レインウォーカー事件

 序列4位『外道探偵』。事件解決のためなら手段を選ばず、笑顔で非道な行為に及ぶ探偵同盟一の危険人物。

 過去に多くの殺人を犯しており、『首切り兎』と呼ばれる首輪型の爆弾をはめられ、普段は特別性の牢獄から出ることもできない。

 しかし、その優れた推理力と犯罪者の心理を把握する能力の高さを理由に、大犯罪の捜査に協力することで一定の自由が許されている。

華族探偵(声優:小田果林)

「オホホホホホ、おバカさんですわねぇ。庶民は視野が狭くていけませんわ」

探偵序列:5位
特技:審美眼
主な解決事件:モナ・リザ・オルタナティブ事件

 序列5位『華族探偵』。世界的に有名な探偵会社「ピンカートン社」の創設者の子孫。

 探偵としての実力は高く、特に幼い頃から磨き上げた『本物』を見抜く審美眼は、探偵同盟内でもトップクラスの正確さを誇っている。

 誰に対しても尊大な性格で、特に理想探偵をライバル視している。探偵としての実力は高いが、自ら率いる組織の力に依存しがち。

社畜探偵(声優:藤野裕規)

「お、オジサンは勘弁して欲しいなぁ……。私、まだ一応二十代だからね? ギリギリ……」

探偵序列:10位
特技:堅実な捜査
主な解決事件:無限夜勤事件

 序列10位『社畜探偵』。昼はサラリーマンとして、夜は探偵として働くTHE日本人。性格は生真面目で温厚。常に誰かに気を遣って生きている。

 昔から探偵に憧れており、『探偵同盟』の存在を知って我慢できず、奥さんと会社に頭を下げることで探偵の副業を許してもらった。

 派手な推理はせず、コツコツと真面目に推理することを心掛けており、その性格も相まって「影が薄い」と言われがち。

渋谷探偵(声優:鈴木あんず)

「無能先輩の手足、まだ繋がってる~?」

探偵序列:22位
特技:コミュニケーション推理
主な解決事件:池袋切断魔事件

 序列22位『渋谷探偵』。女子高生特有の情報ネットワークを持つ、うわさ話に造詣が深い女子高生探偵。他者と雑談しながら推理を練り上げる『コミュニケーション推理』を得意とする。

 派手な外見に似合わず面倒見がよく、頭の回転も速い。無能探偵に対しては毒舌気味だが礼儀は重んじるため、年齢が上の無能探偵を「先輩」と呼び、色々と気を遣ってくれる。

魔界探偵(声優:田所陽向)

「フッ、分かったぞ。死後に電話させたんだな? アフリカ大陸に伝わるヴードゥーの死霊召喚の儀式を利用すれば、確かに可能かもしれない」

探偵序列:7位
特技:オカルトの調査
主な解決事件:狼男事件

美食探偵(声優:中川亜紀子)

「子供の頃から色んな毒を試食してきたおかげで、毒に耐性ができたというだけよん? 青酸カリとかは、お口が痛くて食べられないしね」

探偵序列:9位
特技:超味覚
主な解決事件:ウミガメのスープ事件

被虐探偵(声優:本泉莉奈)

「そ、そんな大それたチカラじゃないよ……。むしろ、周囲を不幸にしてしまう最低な体質だと思う」

探偵序列:14位
特技:名探偵体質
主な解決事件:六號館殺人事件

文学探偵(声優:山下七海)

「……『バカばっかり』と、少女は蔑みの目を男たちに向ける」

探偵序列:15位
特技:視覚記憶
主な解決事件:十條家埋蔵金事件

科学探偵(声優:加藤英美里)

「道具じゃないです! 友具《ゆうぐ》です! 僕の大切な友達を道具扱いしないでください!」

探偵序列:20位
特技:探偵友具の開発
主な解決事件:VR殺人事件

大和探偵(声優:櫻庭由加里)

「っっだとコラァ! 探偵が人情を忘れたら終わりだろーが!」

探偵序列:25位
特技:超身体能力
主な解決事件:南十字誘拐事件

武装探偵(声優:森嶋秀太)

「心配無用だ。我の身を包むは──。我が家系のみに言い伝わる史上最硬の鎧なり!」

探偵序列:32位
特技:守護
主な解決事件:不死サイボーグ事件

老師探偵(声優:内野孝聡)

「その探偵としての光る資質……10点をやるぞ、少年」

探偵序列:番外
特技:建築デザイン
主な解決事件:一號館殺人事件

アドベンチャーパート

 選択肢によって物語が進行する『アドベンチャーパート』。『八ツ裂き公事件』への対策会議のため、モルグ島にある『探偵同盟』本部へ集まったメンバーたち。

 しかし正体不明の八ツ裂き公に襲撃されて探偵同盟の本部は壊滅し、探偵たちは孤立してしまう。探偵たちとの会話を進めながら、事件の手がかりを調査しよう。

捜査シミュレーション

 探偵たちを盤上の駒のように指揮して事件の捜査を行う『捜査シミュレーションパート』。マップの怪しい場所を調査し、犯人が残した痕跡を見つけ、犯罪の全容を推理しよう。

 八ツ裂き公の仕掛けた罠を避け、巧妙に仕組まれた謎を解き明かすことができるだろうか?

 捜査シミュレーションパート』中、マップ上の探偵たちは各自で行動を判断していく。しかし、プレイヤーが信頼を得て、その行動に『介入』可能な探偵のみ、行動を変更できる。

 各探偵がどのように行動するかを予想し、的確な『介入』で捜査を進展させなければならない。

 それぞれの探偵は『移動』『推理』『検証』『連携』『調査』の能力値を持ち、得意分野が異なる。

 『調査』は苦手だが『検証』が得意な科学探偵、『推理』は苦手だが『連携』が得意な武装探偵など、各探偵の特徴を生かした調査が事件解決のカギとなる。探偵たちの能力を駆使し、捜査を進めて事件を解決に導こう。



イラスト

  • ▲目覚める無能探偵
  • ▲探偵同盟のリーダー 理想探偵
  • ▲八ツ裂き公の罠……!?
  • ▲探偵同盟、全滅……!?

🄫2021 Nippon Ichi Software, Inc.

探偵撲滅

  • メーカー: 日本一ソフトウェア
  • 対応機種: PS4/Nintendo Switch
  • ジャンル: ADV
  • 発売日:2021年5月27日
  • 価格: 6,980円+税

関連する記事一覧はこちら