【ゲーム雑談紀行】実績やトロフィーに魅了された男と語る。アチーブメントは自分のゲームの歴史を見られる

kbj
公開日時
最終更新

 電撃の編集やライター、クリエイターなどなど、いろいろな人とゲームについてゆるく話をしていくコーナー“ゲーム雑談紀行”を掲載します。

 第25回の話題は、ゲームで手に入る称号“アチーブメント”について。実績やトロフィーに魅了された2人の編集と語っていきます。

参加者

megane

 元電撃オンライン編集部の編集で、現在はKADOKAWAの某部署に所属。Xbox 360の実績を集め、雑誌『電撃ゲームス』にて実績のコーナーを担当していた。

Bros

 元『電撃PlayStation』の編集。雑誌『電撃PlayStation』にて“トロフィー王への道”のコーナーを担当していた。

kbj

 電撃オンラインの編集。遊んだタイトルのアチーブメントはとりたいが、後半に挫折しがち。

自分のゲームの歴史を見られるアチーブメント

Bros:最初に、自分はそこまで熱心にトロフィー収集していないことを明言しておきます。

kbj:いきなりどうしました?(笑)

Bros:実績やトロフィーを集めるのはもちろん好きです。ただ……比べても仕方ないけど、すごい人は本当にすごいんですよ。そういう方々と比べると全然なので、先に言っておきたいなと。

megane:地球人では最強のクリ●ンみたいな感じだ。

kbj:上には上の戦闘民族がいると。ちなみに現時点の実績、トロフィーはいくつですか?

megane:すごく集めていた2010年までで40,000ちょいあった。その後、子どもができてゲームだけに集中できなくなってしまい、現在は69,969ですね。やはり伸びにくくなりました。

Bros:自分は実績は30,000くらいまで集めていました。ただちょうどそのころ、『電撃PS』で仕事をするようになっていたこともあり、1つにまとめたほうがいいと思って、トロフィーに移りました。

kbj:両方で集めるより、どちらかにまとめたほうがいいですからね。

Bros:トロフィーのレベルは今612。総数は13,400個で、プラチナは310個ちょいだったかな。淡々と集めています。

kbj:十分に多いですよ!

megane:ダウンロードコンテンツが増えたことで、タイトルによっては実績が2,000とか3,000になるタイトルもある。最初とはだいぶ変わったね。

Bros:そういうのはありますよね。100%までしたタイトルが突然、そうでなくなる……。

kbj:あれは微妙な気持ちになりますね。さらに集められる気持ちと、また集めることになる気持ちがあって……。

Bros:一度コンプリートしたタイトルでまた遊べると思う一方で、今後もDLCが出るたびに買い続けることになるのかな……と少し考えてしまいますね。

kbj:プラチナをとっても、達成率が下がった気がして寂しい……。

Bros:ここでアチーブメントの歴史を語っていこうかなと。もともとPS2時代まではゲームをオンラインにつなぐことが少なかった。

kbj:それまでにもゲーム内に称号はありましたが、いまのアチーブメントとは違いましたね。

Bros:2005年にXbox 360で実績が搭載されたのが、アチーブメントの最初かと。

megane:Xbox LIVEで導入されたことで、数が表示されて、人のものを見られるようになって、蓄積されるようになった。

Bros:初期のPS3にはトロフィーがなくて、2008年7月から『まいにちいっしょ』などで導入されました。アップデートでトロフィーが追加されたタイトルもあれば、ないままのタイトルもありましたね。

 2009年の初期に全タイトルにトロフィーが入るようになったので、実際にはそこらへんから始まったイメージです。

megane:途中からSteamにもアチーブメントが入りましたね。

Bros:Steamタイトルは買っていないですね。マルチハードでリリースされた場合、トロフィーがあるのでPSハードしか購入の選択肢にならないんですよ。そこはハードメーカーの思惑に乗っているのですが……。

kbj:確かにアチーブメントはハードに依存しますね。そもそもアチーブメントの最初の印象ってどうでした?

megane:実績を最初に見た時、「この数字は何?」とか「集めてどうなるの?」と楽しみ方がわからなかった。

Bros:まだアバウトでしたね。数字が出てもよくわからない。

megane:他の人と比較して、自分の数字を意識するので、フレンドができ始めたころに機能してきました。

Bros:もともとやり込み好きで、RPGであればクリアしてからひと通りの要素を遊びつくしていた。そういう遊び方をしていたので、すんなり受け入れたというのもあるかな。

megane:Bros君はもともとやり込みゲーマーだからね。

Bros:だから、個人的には目的の1つのようなもので、やり込みの流れで一緒にとっておくくらいの感覚。あとはひと通りプレイしたという、指針にもなるかな。

megane:歴史にもなるよね、このゲームはここまでやったという。

Bros:今だとXbox 360、PS3までは振り返れるけど、それ以前は見られない。これまでに遊んだ全ゲームのプレイデータを見られたらおもしろいと思いますよ。

kbj:おもしろいけど、怖くないですか?

(一同笑)

megane:自分の生きざまがスコアに残っているとしたら、怖いなあ。ゲームの歴史が刻まれているわけだからね。

kbj:任天堂ハードは現状ではないのですが、PSハード、Xboxハードをプレイしている場合はそうですね。2人が集めるようになったきっかけは?

megane:Xbox 360を買ってフレンドができてきた時、他の人の情報を見ると「この人、このタイトルをクリアしている」というのがわかる。その数字からゲーマー度がわかるから、増やしたくなったというのが大きな理由だったかな。

kbj:なるほど。

megane:アチーブメントにはクリアしにくい難易度のものがあるじゃない? 集めていた当時だと、『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』の難易度ベテランをクリアしている人はすごかった! あとは『ギアーズ・オブ・ウォー』の難易度・インセインはラスボスがえぐかったね!

Bros:アチーブメントはその人が高難度のミッションをクリアした証明になる。それまではやり込んでいてもわからなかったけど、実績やトロフィーでは見られる。

megane:そういうのを見ていて、自分も集めて見せたくなった。

kbj:Brosさんが集めることになったきっかけは?

Bros:自分が一番最初にプラチナトロフィーを獲得したのは『ファイナルファンタジーXIII(FF13)』です。ゲームを一通り遊んで、残りのやり込み要素を達成したらプラチナトロフィーを獲得。その達成感にハマったため、2010年ごろからトロフィー獲得を意識し始めた気がします。

kbj:個人的にはアチーブメントがあるから、気軽にゲームをやりにくくなったところはありますね。“チュートリアルを終えました”だけで終わっていると、「このタイトル、やらなかったの?」と見られてしまう。ゲーム編集をしていると、お試しでプレイすることがあるじゃないですか?

Bros:わかる! テストでプレイすることがありますからね。自分のデータに入れたくない場合は、アカウントをわければいいわけです。

megane:記録として残るから、気になる人は気になる。

 Xboxには無料でゲームを遊べるXbox Game Passというシステムがある。そのため、実績には起動しかしていないタイトルもあって、気にしなくなったかな。

Bros:気にすると大変だけど、ほとんどの人はアチーブメントを気にしていないんだよね。

megane:そこはゲーマーの美学みたいなものだからね。

⇒2月10日掲載回に続きます!