KLabが『ダンまち』新規オンラインゲームの開発を発表

電撃オンライン
公開日時

 KLabは、ダンまち4製作委員会より許諾を受け、TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』シリーズの、PCおよびモバイルオンラインゲームの新規開発をおこない、全世界で配信することを発表しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

KLab、TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の新規オンラインゲーム開発を発表

 KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森田英克、以下「KLab」)は、ダンまち4製作委員会より許諾を受け、TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』シリーズの、PCおよびモバイルオンラインゲームの新規開発をおこない、全世界で配信することを発表します。

 KLabがこれまでに日本国内および海外で展開している、IPを原作とした複数のゲームの開発と配信で培ったノウハウを活かし、本作品のファンはもちろん、全世界のプレイヤーに広く楽しんでいただけるゲームを開発いたします。また、パートナーとして株式会社Aimingと提携し、開発を行うことも決定しました。

 今後の開発進捗につきましては、随時発表してまいります。

TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』とは

 TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は、2013年にGA文庫(SBクリエイティブ)より刊行がスタートした大森藤ノの大人気小説を原作に制作され、2015年にシリーズ第1期が放送開始。幅広いファンを獲得し、世界中で大人気となる。

 2017年には『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』がTVアニメ化され、2019年には「劇場版ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか-オリオンの矢-」の公開と第2期の放送、2020年には第3期が放送された。そして、第4期の2022年放送も決定しており、現在も高い人気を誇る作品である。


(c)大森藤ノ・SBクリエイティブダンまち4製作委員会