斉藤壮馬さん石川界人さんの衣装に江口拓也さんが協力! 1年ぶりのダメラジ生配信レポート

ガルスタオンライン
公開日時

 毎週水曜日に文化放送の超!A&>+で放送されているラジオ番組『斉藤壮馬・石川界人のダメじゃないラジオ(ダメラジ)』。パーソナリティーはもちろん斉藤壮馬さんと石川界人さんのお2人。

 ラジオ番組なので普段はもちろん音声のみの放送ですが、映像ありの生配信が1月30日に行われました。斉藤さんと石川さんのいつも通りのトークに加え、去年の生配信で盛り上がったお色直しコーナーなどもあり、ダメラジリスナーにはたまらない内容となった本放送をレポートします。

「今までとは違う」という斉藤さんに石川さんは──

 石川さんの時報で幕を開けた生配信。さっそくテンション高めの石川さんが伸びをした際に肘を強打し、斉藤さんにたしなめられていました。

 そんな2人の様子をのぞき見できるという生配信ですが、もちろんリスナーの皆さんにもツイッターで参加してもらえるよう“ダメラジ生配信”のハッシュタグが発表に。番組開始間もないにもかかわらず続々届くコメントに2人はビックリしていました。


 生配信の特別企画として、前回も好評(?)だった“三上チャレンジ! 成功する? しない!?”が今回も開催! 番組終了までにサブ作家の三上さんにあるお題にチャレンジしてもらうこちらの企画。前回はけん玉チャレンジに見事成功した三上さんにこの日課されたのは、3つのボールを使ったジャグリング、スリーボールカスケードという技。もちろん成功すればご褒美、失敗すれば罰ゲームを受けます。

 ジャグリング未経験ながらもけん玉チャレンジをクリアしているところを見ているせいか、斉藤さんは「いけそうな感じ」と評価。しかし三上さんにジャグリングをしてもらった瞬間、斉藤さんは苦笑いに。また、石川さんは台本の「2人きり」の部分に反応。三上さんの登場に「主役取られちゃってるんだから」とぼやいていました。

 サプライズがありつつも、もちろんダメラジらしい2人のやり取りは健在。先日、今年初のダメラジの収録を振り返り、石川さんは「あんまり喋らなくてごめんなさい」と謝ったことを告白。しかしオンエアを聞いたところ「めちゃめちゃ喋ってた」と苦笑。さらに「喋るスピードが早すぎてついていけない」という斉藤さんの苦情に「聴力をきたえて!」と返し、笑いを誘っていました。


 スタッフから「言いたいことがあるのでは」と促され、おもむろに斉藤さんは「わかる?」と石川さんに問いかけます。「今までの俺とは決定的に違うところがある」と斉藤さんは、石川さんとリスナーにも「よく見て欲しい」と告げます。じっくり石川さんは斉藤さんを見つめるのですが、斉藤さんの言う“違い”はわからないよう。

 すると斉藤さんは2020年の下半期、ダメラジで話題になっていたこととして石川さんのヘアカラーを挙げます。この日も石川さんは綺麗なカシスレッドのヘアカラーでしたが、なんと斉藤さんもじつは髪を染めていたのだとか。カラー剤でできる限界まで一度明るくしてからブルーブラックを入れたそう。そこから2人はヘアカラーやヘアケアの話で大盛り上がりしていました。

江口さん協力のお色直しコーナー

 普段の放送ではやらない“ダメじゃないかもしれないセリフ!”のコーナーは、リスナー参加型。ツイッターに投稿されたセリフを選び、キャラクター付けはスタジオでくじを引き、それに合わせて2人がそれぞれセリフを言っていきます。前回の生配信では石川さんがかわいいキャラクターでセリフを言って大盛り上がりしました。

 この日、フリートークなどでもいわゆる“異世界転生”を話題にしていた2人。斉藤さんが「この虫けらが!」のセリフに対し、“驚愕の真実に気づいてしまった主人公風”を引いて2人は大喜び。さらに石川さんも“すぐ異世界に行っちゃう主人公風”の神引きを見せ、「監視されてる!」と斉藤さんは大興奮。さらにセリフを言い終わると、2人はそこからさまざまな想像を巡らせていました。

 続いては前回の生配信で大好評だったお色直しコーナー。前回はお互いに着せたいアイテムを1つ持ち寄り、それを使ったコーディネートに着替えていましたが、今回はDJCD『斉藤壮馬・石川界人のダメじゃないラジオ 第5期』にゲストとして出演した江口拓也さんに参加をお願い。江口さんが選んだ2人に着せたいアイテムを使い、スタイリストの本田さんにコーディネートしてもらいました。

 まずは斉藤さんからお色直し。ブースへ戻ってきた斉藤さんは黒いレザーのアウターに黒スキニーの辛口な雰囲気。それをブルーグレーのリボンタイつきのシャツとベレー帽で和らげた見事なコーデになっていました。

 石川さんは「めちゃくちゃカッコいいね!」と江口さんチョイスのアウターを褒めますが、着慣れないレザー素材に「腕がここまでしか上がらない」と困惑する斉藤さん。そしてヒールのあるブーツを履いていたのですが、なんとかカメラに見せようと椅子の上ですごい体勢を取って頑張っていました。

 次にお色直しをした石川さんは戻るなり「俺今めちゃめちゃカッコイイ」と一言。黒いライダースに白いプリントTシャツ、サルエルパンツというコーデなのですが、腕を持ち上げ「これが限界」と大笑い。斉藤さんも「やっぱそうなるよね!」と同意しつつ、「カッコいい!」と褒めます。

 そして石川さんもやはり足元を見せたいようで、赤いソックスとヒョウ柄の靴が見えるように足を持ち上げていました。

 2人は「江口さんありがとうございまーす!」と江口さんが選んでくれたアイテムをもらう気満々。ちょうどこの日は江口さんがパーソナリティを務める『A&> TRIBAL RADIO エジソン』の放送もあり、2人は生配信のあと江口さんの元へ行くことを決意。直談判の結果は……?


 届いたばかりのメールの紹介や、去年から始まった“うちの略語クイズ延長戦”で2人が対戦したりと、最後まで盛り上がりを見せたダメラジ生配信。斉藤さんと石川さんも「あっという間だった」とエンディングで振り返っていました。

 この生配信の様子は2月3日に放送されたほか、AG-ON Premiumでアーカイブ視聴が可能なので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

(c)Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved