衝撃! レコアが敵に!? 『機動戦士Zガンダム』40話あらすじ

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、アニメ『機動戦士Zガンダム』の第40話“グリプス始動”が配信されています。

 『機動戦士Zガンダム』は『機動戦士ガンダム』の一年戦争の終結から7年後の世界が舞台。1985年3月2日から1986年2月22日までテレビ朝日系列で全50話が放送され、続編作品として現在まで続く『ガンダム』シリーズの幅を大きく広げた作品です。

 第40話のあらすじはこちらです。

あらすじ

 カミーユについてアーガマに乗り込んだロザミィに、シャアやエマは違和感を覚えていた。

 シャアはロザミィが強化人間ではないかと考え、彼女の精密検査を船医のハサンに依頼する。

 一方その頃、エゥーゴはティターンズがルナツー宙域に戦略兵器を建造しているという情報を得る。

 元々、グリプスは密閉型コロニーを2つ接合しており、今回ティターンズは再び分割して巨大なレーザー砲に改造した、コロニーレーザーと呼ばれる兵器に改造していたのだ。

 その情報を確認するため偵察に出たカミーユは、MSメッサーラに乗ったレコアと遭遇する。

©創通・サンライズ

■『機動戦士Zガンダム』に関連するアイテムを楽天で探す