サンクキングダム解体…ノインとカトルは宇宙へ。『ガンダムW』36話あらすじ

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、『新機動戦記ガンダムW』の第36話“王国(サンクキングダム)崩壊”が配信中です。

 『新機動戦記ガンダムW』は、1995年4月7日から1996年3月29日までにテレビ朝日系列で放送された作品。『ガンダム』シリーズとしては、初の試みとなるキャラクターデザインを重視した作品で、美少年・美少女キャラクターが登場します。

 ストーリーもシリアス路線で、キャラクターのセリフも深みのある思想的なものが多く取り入れられているのが特徴です。重厚な世界観とストーリー、美麗なキャラクターで、少年向けだった『ガンダム』シリーズのファン層を広げました。

 第36話のあらすじはこちらです。

あらすじ(一部抜粋)

 コロニーに潜伏するデュオは、ヒルデに連れられて、気晴らしにサーカスへと連れて行かれる。そこでピエロに扮した少年がトロワを発見したデュオは、楽屋まで会いに行く。

 しかし、そこで出会ったのはデュオに脅えるトロワとそれをかばい、非難の視線を送るキャスリンの姿だった。砂漠でマグアナック隊と合流したカトルは、改良型サンドロックを駆り、サンクキングダムへ急いでいた。

 サンクキングダムでは、OZの勢力が市街地まで及んでいた。リリーナは完全平和の意志を貫くため、サンクキングダムの主権を破棄、解体することを宣言。

 また、みずからの身柄をOZに預けることを決断した。その勇気と判断力からデルマイユ公爵はロームフェラ財団のために役立つのではないかと考えめぐらす。サンクキンダムを失ってしまったノインとカトルは宇宙へ向かうことを選ぶ。

©創通・サンライズ