若いころの“漠然とした不安”について【SAOゲームP・二見鷹介コラム #30】

二見鷹介
公開日時

 『ソードアート・オンライン』ゲーム総合プロデューサー二見です。

 大変お待たせいたしました。『ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス』連続無料アップデート“古の使徒”第2弾【禁忌の騎士】が配信開始となりました。

 生放送でお伝えした通り、無料アップデートを記念しての壁紙もご用意しております。

 放送情報の抜粋ですが、SAOIFキャラクター“コハル”のTシャツが登場します。

 家庭用ゲームでアプリキャラクターを出すのは結構珍しいのですが、『アリブレ』のイーディスも出るので今後は積極的にアプリキャラクターも参加させるハードルが低くして、ほかの世界線の『SAO』ゲームキャラも知る機会として見ていただければと思います。

 また、1.40以降にはなるのですが、簡易拠点も追加させていただきました。より高難易度が高いクエストややり込みしやすい環境を提供予定です。

  • ▲簡易拠点の制作中のイメージ

 さて、先週はバレンタインでしたが、男性陣の皆さんはチョコもらえましたか?

 僕は昔、チョコもらえるかな? とか、もらえるわけがないのに学校でそわそわする無邪気な子供でした……というか、小学生の時はめちゃくちゃふくよかで、漫画のようにいつも学校指定の半ズボンを力入れてよくおしりから真っ二つで破れていましたよ。

 そんな、苦い過去を思い出しました(笑)

 同窓会やったあとは必ず、めっちゃやせたね♪ って言われるタイプ。そんなどうでもいい過去を持つあちきです。

 というわけで、バレンタインは特に……“甘い”思い出などはなく、“苦い”思い出しかないので、語ることは……ない。

 ハイ!! 次!!

 先日、自身の母校のパンフレットにインタビューを書いていたのですが質問に「なぜゲーム業界へ行こうと思ったのですか?」という質問があったので、20歳ぐらいのことを思い出してみました。

 志望動機は? どんなゲーム作りたいの? とかどんなクリエーターになりたい? なんて、高尚なものは無いただの承認欲求の塊だったことを思い出します(苦笑)。

 10代の時に自分の名前をエゴサーチしたら、検索結果が0件で……。「このまま何も傷跡も残せない人生がいやだ! やばい! とりあえず、有名になりたい! スタッフロールに出る仕事したい! 映画? ゲーム? ……ゲームのほうが好き!」ぐらいのノリです。

 当時の自分の思考回路を俯瞰してみると……絶望的に……稚拙ですね(笑)。

 会社に入ったときも、ただ、“オリジナルゲーム”を制作したい! とかふわふわしていたやつですからね(苦笑)。まぁぶっちゃけ、すぐ創れると思っていたあちきが20代前半にはいました。

 具体的な夢があったほうがいいとか、目標があったほうがいいとか。もちろん、あったらあったでベストですが、人それぞれの“夢”を持つペースがあるのかなーなんて思います。

 若いあちきがよく思っていたことは“アレやりたい”“コレやりたい”“何かやらなきゃ”“何かしないと焦る”“みんなが動いているからどうしよう”とかとか。漠然とした不安。

 特に新入社員のころなんて、酸いも甘いも経験値が無いですから……。やりたいことがいっぱいある! まわりは動いているから自分も動きたい! ……けど、うまく言葉や行動表現ができなかったんです。悶々とした日々を繰り返していました。

 なので、しっかりと自分の考えを伝えられなくて、よく社内外の先輩たちと喧嘩になりましたね(反省)。

 何がやりたいの? とか。何がしたいの? とか。ぶっちゃけどうでもよくて。ただ、まっすぐにいろんな経験をして、ぶつかって。作品や人と出会い成長させていただいて多少? は「やりたいこと」を表現できるようになった気がします。まだまだ勉強中ですが。(※これで成長してなかったらほんと怒られそう)

 夢や目標なんて必ずしも具体的/素敵なものである必要性は無いし、夢は夢のままのほうがいいこともあるし(意味深)。

 経験を積むと、ふわふわとした“なんかやりたいなー”“アレやりたいー”みたいな“夢”をしっかりと組み立てて“目標”に変換できたりします。そして、後で何とかするだけの能力が備わっているので、なんとかなる……可能性が高い! というのが、これまでの経験からくる考えです(笑)。

 

 そんな自分の若いころの話や経験からくる考えを書いてみたのは、最近若手が相談をしてくれたことがきっかけです。

 相談を聞いた時、「悩んでいるな」と感じました。特にここ1年は外でのリアルなコミュニケーションの機会が少なく、社会に取り残されている……みたいな空気だったり、部屋という閉鎖的な環境で1人でいるから心が荒みそうになっていたり。

 今は、気軽に相談、友だちとストレス解消! なんてことができない状況なので、心が迷いやすいタイミングなのかなと。

 この若手と同じような不安を持っている方にとって、このコラムが少しでも不安を消す手助け……まではいかずとも、心の暇つぶしになればと思います(ほんと暇つぶしだと思っていただければ)。

 ゲーム業界に入るきっかけになった超稚拙な目標――スタッフロールに出たり、生放送出たり、コラム書いたり、検索するとすぐ写真が出たり――は達成できましたが、はたして夢や希望が叶うことがいいことなのか? 悪いことなのか? この辺りについては、別のネタ“等価交換”としていずれ話せればと思います(苦笑)。

 そして、先日の電撃ゲームライブから南Pに生放送をバトンタッチしました! とか言いながら、実は3月には生放送に複数回登場する予定です。全然バトンタッチじゃなかった……。

 大型で全員集合! 的な生放送はあちき。Ver1.30、1.40、1.50などの個別アップデートの単体生放送は南Pということで、わけさせていただければと思っております。

 次回は3月の、“らのスポ”で配信予定の『ソードアート・オンライン ゲームステージ』にて松岡さん、日高さんとともに楽しい生放送をお届けしますのでよろしくお願いします。

 それでは皆様、次回もコラム更新をお楽しみに! ネタ……募集中です!

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project 
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.