『ポケモンGO』カントーイベントで捕まえた色違いのポケモンは?

シュー
公開日時

 Niantic, Inc.とポケモンより配信中のiOS/Android用アプリ『ポケモンGO』で、“Pokémon GO Tour:カントー地方”が2月20日から開催されていました。

 この記事では、“Pokémon GO Tour:カントー地方”で捕まえた色違いポケモンの数々を紹介いたします。イベントに参加した3人のライターで、累計何匹の色違いを捕まえられたのでしょうか。

まさかの1時間に1匹のペース!?

 どもども~カントー世代であるライターのシューです。いやぁ! カントーイベント、めちゃくちゃ楽しかったですね!

 ポケモンの世界へレッツゴーするオーキド博士のセリフから始まり、本家のアレンジBGMが時間ごとに切り替わるなど、至る所に愛を感じられました。

 イベント自体も非常に楽しかったのですが、カントー地方のポケモンたちには色違いが実装されているのもあり、色違いを捕まえるのも目的の一つになっていましたね。

 今回のイベントには、3人のライターが参加。12時間のイベント期間中に、どんな色違いのポケモンを捕まえられたのかを紹介します!

 まず、僕が最初に出会った色違いがニャース! でも僕にとってはニャースか……なんです。

 猫好きなので猫への運があるのは嬉しいことなんですが、ニャースの色違いはシャドウもアローラも持っているんです! ガラルニャースの色違いは未実装なので、実質コンプリート状態。

 そんな色違いニャースに次いで立て続けに出てきてくれたのが、ピカチュウでした。ニャース→ピカチュウの色違いが連続とは、アニメのポケモンを感じる縁でしたね~!

 そんな感じで、順調に色違いに遭遇できました。およそ30分~1時間に1回のペース! コミュニティ・デイほどではありませんが、色違いの遭遇率は高かったように思います。

 別のライターさんの色違い報告は、なんと今回のイベントで色違い初実装のエビワラー! なかなかの強運を発揮していました。

 そのほかにも僕が所持していないディグダやロコン、カイロスの色違いを捕まえたようです。うらやましー!

 そんなこんなで、全員の色違いを合計すると28匹。かなり良いペースで遭遇できたんじゃないかなと思います! やっぱり色違いって嬉しいですよねぇ。

 この調子で、ジョウト地方のイベントもやってみたいですね。コミュニティ・デイとは違うお祭りイベント大好きなので!

【カントーイベント関連記事】
『ポケモンGO』カントーイベントのバトルタスクまとめ。各地のチャレンジャーと対戦!
『ポケモンGO』スペシャルリサーチ(色違いメタモン)のタスクと報酬まとめ【カントーイベント】







※ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
(C)2020 Niantic, Inc. (C)2020 Pokémon. (C)1995-2020 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.