『ラクガキ キングダム』フィーバーゲージを効率よく溜める3つの方法とは?【ラクキン日記#30】

イナヤ マギ
公開日時

 タイトーから配信中のiOS/Android用新作RPG『ラクガキ キングダム』のプレイ日記をお届けします。


 今回は、フィーバーゲージを効率よく溜めるポイントを紹介します。

フィーバーゲージを溜める3つのポイント

 ラクガキ・カルテットチームの育成シナリオでは、画面右上に“フィーバーゲージ”があります。

 このフィーバーゲージが100%になると、特訓でパワーとマインドの2種類の経験値がゲットできる“フィーバーカード”が使用可能となり、通常より多くの経験値を獲得できます。

 

 このフィーバーゲージを効率よく溜める3つのポイントを紹介します!

クロッカーボーナスを成立させよう

 1番簡単にフィーバーゲージを溜める方法は、特訓カードを特定の組み合わせで選んで“クロッカーボーナス”を成立させること!

 クロッカーボーナスを成立させるたびに、フィーバーゲージが5%増えます。ボーナスが付く上に、フィーバーゲージも溜まるので、特訓のたびにクロッカーボーナスは狙っていきましょう。

追加特訓エピソードを発生させよう

 フィーバーゲージをたくさん溜めたいなら、追加特訓エピソードを発生させましょう。

 特訓時に“エピソードアイコン”が表示されたカードを選ぶと、追加特訓エピソードが発生して、経験値ボーナスとともにフィーバーゲージが10%アップします。

 追加特訓はトレスターごとに発生します。もしエピソードアイコンのついているトレスター3人を選べば、1回の特訓で3回追加特訓が発生し、30%もゲージを溜めることが可能です。

 追加特訓エピソードが発生する確率は、トレスターのレベルを上げるとアップしていくので、極力レベルMAXにしておきましょう。

エピソードで絵心が回復する選択肢を選ぼう

 育成に慣れてきた方におすすめなのは、エピソードで絵心が回復する選択肢を選ぶことです。

 フィーバーゲージはエピソード内で絵心が1回復するごとに1%溜まります。絵心を回復しつつ、フィーバーゲージも溜められるので、非常にお得!

 シナリオを何度かプレイして、どの選択肢で絵心が回復するのか覚えてきたら、意識して選択していくのがいいと思います。

 また、トレスターごとのエピソードも対象になりますので、絵心が回復するエピソードがあるトレスターを選んで、デッキに入れるのも有効です。

© TAITO CORPORATION 2020 ALL RIGHTS RESERVED.