核兵器を巡り緊張感高まる『∀ガンダム』28話あらすじ

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、アニメ『∀ガンダム』の第28話“託されたもの”が配信中です。

 『∀ガンダム』は、1999年4月9日から2000年4月14日の間、フジテレビ系列にて全50話が放送されました『機動戦士ガンダム』誕生20周年記念作品として作られた本作は、これまでの宇宙世紀で起きた戦争の歴史を“黒歴史”と称して、全ての作品の終着点になる物語とされています。

 第28話あらすじはこちらです。

あらすじ(一部抜粋)

ディアナに再会したハリーは、ロランと共に麦刈りをして、ムーンレィスにとっても地球が故郷なのだと実感する。ハリーの理解を得たディアナは、月へ戻る理由をロランに明かして、ディアナ・カウンターに帰投していった。

 ソシエにプロポーズしたギャバンは、スエサイド隊を率いてクレーター状になった原子野に来ており、訳ありの坑道をみつけた。

 草木もない地形が核爆弾の惨状だと知らないギャバンは、近くで発掘中のゼノア隊と接触。ゼノア隊は新たに奇妙なカプセルも見つけ、鉢合わせしたギャバンたちとカプセルを巡って戦闘を開始してしまいそうになるが、ゼノアの説得で一時休戦となった。

■『∀ガンダム』に関連するアイテムを楽天で探す


©創通・サンライズ

関連する記事一覧はこちら