マーベラス新作『デモンエクスマキナ』解放旅団メンバーを紹介

電撃オンライン
公開日時

 マーベラスは、9月13日に発売予定のNintendo Switch用ソフト『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ)』公式Twitterで、ショートプレイ動画“デモエクでメカバトる!?”を公開しました。

 本作は、巨大ロボットが迫力のバトルを繰り広げる完全新作のメカアクションゲーム。メカのスタイリッシュな動きや、美麗なグラフィックが特徴的です。

 ショートプレイ動画“デモエクでメカバトる!?”では、本作の魅力である自由度の高いアクションが全7回にわたって紹介されていきます。第1回は“ブン投げちゃおうぜ!”編です。

解放旅団“バレットワークス”のメンバー

 准将が率いる解放旅団“バレットワークス”のメンバーと声優情報が公開されました。

クリムゾン・ロード(声優:池田秀一)/所属旅団:BULLET WORKS(バレットワークス)


 バレットワークス副団長、少佐。元々は某共同体の特殊部隊員です。

 軍人時代、ただ1人で敵を迎え撃ち、敵から武器を奪いながら、一個大隊に相当する敵AIを破壊したという逸話を持っています。

 アウターとしては、危機に陥れば陥るほど反射などの身体能力が増すという特性を持っているため、敢えて不利な立場で戦うことがあります。ディアブロとは旧知の仲です。

ビショップ(声優:吉野裕行)/所属旅団:BULLET WORKS(バレットワークス)


 バレットワークス、中尉。元々は某ネイションの特殊工作員としてオービタル自治区内部で諜報活動を行っていましたが、任務の終了とともに本国から切り捨てられました。

 情報の売買で糊口を凌いでいたところを准将に捕えられ、そのままバレットワークスに編入させられました。凄腕の諜報員であり変装を得意としますが、傭兵になってからは生かされていません。

 曖昧な情報下で動くことの危険性を誰よりも理解しており、とにかくデータや情報の正確性を重んじています。

ディアブロ(声優:古谷徹)/所属旅団:BULLET WORKS(バレットワークス)


 バレットワークス、少尉。目の前でイモータルに姉を殺され、復讐のためにバレットワークスへ入団を切望、入団が許可されました。

 少年であった彼も、クリムゾン・ロードによって鍛えられ、今やバレットワークスのエースとして認識されるまでに成長。経緯を知るメンバーからは、未だ子ども扱いされることがあり、不満をもらすことも多いです。

 クリムゾン・ロードとは入団以前からの仲。時に有り得ない行動をとりますが、准将によって許可されているらしく黙認されています。

ペインキラー(声優:三宅健太)/所属旅団:BULLET WORKS(バレットワークス)


 バレットワークス、曹長。特殊行動用アーセナル開発プロジェクトのテストパイロットだった時にテスト中の事故で両足を失っており、アーセナルの技術を流用した義足を装着しています。

 頭脳優秀、肉体頑強というエリートの見本のような人物。妻と2人の子どもを国に残して、バレットワークスに入団します。

 寡黙で必要なこと以外は口にせず、仲間からは“秘密主義”と言われることもあります。

ドレイク(声優:小林ゆう)/所属旅団:BULLET WORKS(バレットワークス)


 バレットワークス、軍曹。元々はホライゾンの正規軍の海兵隊に所属していました。

 気性の荒い性格から他の隊員たちと揉め、素手で20人以上を病院送りにした咎で、営倉入りしているところを准将にスカウトされました。准将に対して礼を失した態度を取る者には、容赦なく怒号と鉄拳を飛ばすというタフガイです。

 教員免許を持っているせいではないだろうが、新入隊してきたメンバーの教育係を務めます。

ボーン・ボックス(声優:間宮康弘)/所属旅団:BULLET WORKS(バレットワークス)


 バレットワークス、伍長。孤児として育ち、自らの腕っぷしを頼りに生きてきました。

 軍に入隊後、某共同体で兵団の一員として暴れて(活躍して)いましたが、作戦中に仲間を殺害、逃亡。逃亡中に、追手であった准将を襲うも完膚なきまでに叩きのめされ、以後准将につき従います。

 敵には情け容赦がなく、ミンチになるまで殴りつけるなど、凶暴性が目立ちます。戦い方にルールがなく、噛みつき、目つぶし、金的とルール無用で相手を叩きのめします。

ファルコン(声優:松田健一郎)/所属旅団:BULLET WORKS(バレットワークス)


 バレットワークス、伍長。難民の出身。作業員として壁の建設などに携わっていましたが、30歳を目前にしてアウター症候群を発症。より金を稼ぐために傭兵となり、ある作戦中にバレットワークスにスカウトされました。

 家族のために、金を稼ぐこと、生き残ることを第一に考えているため、慎重かつ堅実であり、つねに一番安全な作戦を選択します。そのため、仲間を助け、サポートに徹することが多いです。

 アウターとして、周囲の状況を“嗅覚として”把握する能力を持っていますが、この性格に起因すると考えられています。

ジョニー・G(声優:武内駿輔)/所属旅団:BULLET WORKS(バレットワークス)


 バレットワークス、上等兵。生まれついてのアウター。スカイユニオンの高官である年の離れた兄を持ち、兄に反発してスカイユニオン正規軍に入りました。

 しかし、自分のミスで戦友を死なせてしまい、薬物依存に陥っていたところを准将に拾われ、バレットワークスの一員となりました。

 面倒くさがり屋で、できるだけ敵の戦力を削いでから戦いたいというのが本音であり、アーセナルに妨害系の装備を積むことを好みます。

アーティスト(声優:木村良平)/所属旅団:BULLET WORKS(バレットワークス)


 バレットワークス、特技兵。オービタル自治区の生まれで生来のアウターです。

 ギャングとして生計を立てていましたが失敗し、敵対勢力に半殺しにされていたところをボーン・ボックスに助けられ、そのままバレットワークスに居ついてしまいました。

 有名なグラフィティアーティストでもあり、今でも作品を発表し続けています。准将のことは自分とはジャンルこそ違うが、“1つの道を究めた者”であり“戦争のアーティスト”として尊敬しています。

※画面はすべて開発中のものです。
(C)2019 Marvelous Inc.

DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ)

  • メーカー: マーベラス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2019年9月13日
  • 希望小売価格: 7,800円+税