『DQウォーク』ウドラーSのこころは、イオ属性に新たな可能性を示した貴重品 【電撃DQW日記#840】

レトロ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 ウドラーのほこらの合計コストが150から270に変更(不具合修正)されて助かったレトロです。150のときに一度挑んだのですが、かなりうまく立ち回らないとジリ貧になってしまう感じでした。MPも足りませんし……。

 270になってから挑戦しましたが、とくに苦戦することなく討伐成功! 150だったらそのほこらはあきらめるつもりでしたが、270ならガンガン討伐できそうです。


 レンジャー(ボルケーノウィップ)、バトルマスター(やしゃのこんorクリスタルクロー)、賢者、スーパースターの構成。レンジャーに影縛りを期待しつつ、バトルマスターが1体ずつ(ウドラー→ヒイラギどうじ→おばけトマトの順)倒していくパターンです。久々に初期実装武器に助けられました!

  • ▲王宮魔術師シリーズを装備して、植物系への耐性も伸ばしています。

 今日はそのウドラーのこころについて。幅広い構成で組み込めそうな性能になっていて、こころの組み合わせを考える楽しさが広がりますよ!

イオ属性であればすべての攻撃ダメージが上昇!
さまざまな構成で採用できる便利なこころ

ウドラーのこころS

・コスト92:(黄)
・さいだいHP+82
・さいだいMP+55
・ちから+80
・みのまもり+52
・こうげき魔力+40
・かいふく魔力+16
・すばやさ+30
・きようさ+47

<特殊効果>
・こころ最大コスト+4
・イオ属性ダメージ+12%
・植物系へのダメージ+7%
・悪魔系へのダメージ+5%
・ジバリア属性耐性+7%
・踊り耐性+7%

 ウドラーのこころは、コスト92で黄枠です。パラメータはちからは比較的高めですが、全体的にそこそこの値を備えるタイプで、バランスがよいといえます。

 攻撃タイプの特殊効果はイオ属性ダメージアップと植物系&悪魔系へのダメージアップの3つ。イオ属性ダメージはとくぎやじゅもんなどの指定がないので、どのイオ属性攻撃でもダメージがアップするのが魅力です。

 植物系&悪魔系へのダメージアップもあるため、植物系には19%、悪魔系には17%のダメージ増となります。黄枠のこころなので、バトルマスターや魔法戦士、パラディン、海賊とさまざまな上級職で活かしやすいので、いろいろな構成に組み込めます。

イオ属性の有用なスキル

イオナズン(ラーミアの杖)
ゴッドスマッシュ(クリスタルクロー)
ソルフレア(雷獣のつえ)
ホーリークラッシュ(聖盾騎士のオノ)
導きの天光(世界樹のつるぎ)
ラッシュバースト(バロックエッジ)

 こうやって見ると、イオ系のスキルは思ったよりも少ないことに気づきますね。これは、そろそろイオ属性スキルを持った武器の登場が予想されるかも?

 ちなみに、ウドラーはイオ属性が弱点かつ植物系で、しかも踊りまで使用してくるため、耐性までバッチリ活きます。入手できたら、ウドラー相手に一度使ってみてください!







※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金