『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』第1章は9月27日公開。メインキャラたちを描いたビジュアル解禁

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 アニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』全3章の劇場上映開始日が決定しました。第1章は9月27日、第2章は10月25日、第3章は11月29日より上映されます。

 また、ティザービジュアル2種(銀河帝国Ver、自由惑星同盟Ver)が公開されています。

  • ▲銀河帝国Ver
  • ▲自由惑星同盟Ver

 『銀河英雄伝説』は、遙か未来の宇宙を舞台にしたSF小説です。

 数々のヒット作を生み出した人気作家・田中芳樹さんの代表作で、1982年に第1巻が刊行されて以来、本伝10巻、外伝5巻の大長篇小説として、累計1,500万部のセールスを記録。今なお増刷が続いています。

 1988年からはアニメシリーズが本伝110話、外伝52話、長篇3作という圧倒的なボリュームで展開され、さらに多くのファンを獲得しました。

 2018年4月には、Production I.Gが改めて新作アニメーションとして『銀河英雄伝説 Die Neue These』を制作。新たな声優陣、最新の技術での艦隊戦、新たな解釈で描かれた本作は、『銀河英雄伝説』ファンのみならず、幅広いアニメファンに話題となりました。そのセカンドシーズンとなる『星乱』(12話)が映画館でイベント上映されます。

 両国メインキャラクターが勢ぞろいしたイラストは、キャラクターデザイン・菊地洋子さんの描き下ろしとなっており、“野望を果たす。その為に――”、“未来を描く、その為に――”といった両国別のコピーが加わっています。

 新規のビジュアル解禁とともに、ストーリーも少しづつ明らかになり、ますます盛り上がりを見せる本作。今後の展開にも注目です。

ストーリー

 宇宙暦796年(帝国暦487年)。3,000万人の将兵を動員した自由惑星同盟の遠征軍は、帝国領内で銀河帝国宇宙艦隊副司令長官となったラインハルト元帥と麾下の率いる大艦隊と交戦。8個艦隊中、3個艦隊を失うという大きな被害を受けた。

 しかし、自由惑星同盟最高評議会の意向を受けたロボス総司令官は、残存戦力を集結させての戦闘継続を指示。完全なる勝利を求めるラインハルトも、自由惑星同盟軍の集結ポイントであるアムリッツァ星域へと進攻したことで、後に“アムリッツァ星域会戦”と呼称される戦いが幕を開けた。

 “アムリッツァ星域会戦”の翌年、銀河帝国皇帝フリードリヒ四世が後継者を指名しないまま急死。門閥貴族による権力闘争が始まる。

 一方、自由惑星同盟内では大規模な軍事クーデターが勃発。帝国、同盟それぞれの国を揺るがす2つの内乱はラインハルトとヤンの行く末をも左右することに……。

■『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』作品概要
【公開日】
第1章:9月27日
第2章:10月25日
第3章:11月29日
【スタッフ(敬称略)】
原作:田中芳樹(東京創元社刊)
監督:多田俊介
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:菊地洋子、寺岡巌、津島桂
総作画監督:後藤隆幸
特技監督:竹内敦志
メカデザイン:竹内敦志、臼井伸二、常木志伸
オリジナルメカデザイン:加藤直之
制作:Production I.G
監修:らいとすたっふ
企画協力:ROOFTOP
制作協力:徳間書店
製作協力:DMM pictures
製作:松竹・Production I.G
【キャスト(敬称略)】
ラインハルト・フォン・ローエングラム:宮野真守
ヤン・ウェンリー:鈴村健一
ジークフリード・キルヒアイス:梅原裕一郎
ユリアン・ミンツ:梶裕貴
パウル・フォン・オーベルシュタイン:諏訪部順一
ウォルフガング・ミッターマイヤー:小野大輔
オスカー・フォン・ロイエンタール:中村悠一
アンネローゼ・フォン・グリューネワルト:坂本真綾
アレックス・キャゼルヌ:川島得愛
フレデリカ・グリーンヒル:遠藤綾
ワルター・フォン・シェーンコップ:三木眞一郎
オリビエ・ポプラン:鈴木達央
スティ・アッテンボロー:石川界人
ナレーション:下山吉光

(C)田中芳樹/松竹・Production I.G