契約前に要確認。ドコモ新プラン“ahamo(アハモ)”で利用できないサービスは?

kent
公開日時
最終更新

 NTTドコモで3月26日から新料金プラン“ahamo(アハモ)”が提供開始されます。

 データ容量20GBで、国内通話料金が5分間無料、海外82の国と地域でのデータ通信も可能で基本料金2,970円(税込)と低価格プランとなっています。

 ドコモユーザーで、5Gギガホや5Gギガライトなどのプランを利用している方は、この機会に新プランに変更しようと思っている方も多いと思います。

 ただし、“ahamo”で利用できないサービスもあるので、契約変更前に確認しておきましょう。

“ahamo(アハモ)”で利用できないサービス

 プラン変更の手続きの際に、“ahamo”で利用できないサービスは自動廃止となります。蓄積されているデータが削除されるサービスもあるので、事前に確認しておきましょう。

spモード コンテンツ決済サービス(dメニュー掲載コンテンツ)

 マイメニュー登録されたコンテンツは自動退会(マイメニュー削除)となり、利用しているコンテンツによっては解約や、過去に利用していたデータなどが消失する場合があります。

 引き続き、各コンテンツを利用する場合、“ahamo”を契約する前に自身で各コンテンツのデータ引継ぎが必要な場合があります。

 また、コンテンツ決済サービス(Google Play、iTunes)は引き続き利用できます。

決済サービスの提供差異一覧

・利用できる決済サービス

5Gギガホ
5Gギガライト
ギガホ
ギガライト
ケータイプラン
キッズケータイプラン
・d払い(街)
・d払い(ネット)
・ドコモ払い
・spモード コンテンツ決済サービス(dメニュー掲載コンテンツ、Google Play、iTunes)
・メロディコール音源利用料
ahamo ・d払い(街)
・d払い(ネット)
・ドコモ払い
・コンテンツ決済サービス(Google Play、iTunes)

・決済サービス利用時の通知先

5Gギガホ
5Gギガライト
ギガホ
ギガライト
ケータイプラン
キッズケータイプラン
・メッセージ宛
ahamo ・SMS宛

・決済サービス利用時のパスワード

5Gギガホ
5Gギガライト
ギガホ
ギガライト
ケータイプラン
キッズケータイプラン
・ネットワーク暗証番号
・spモードパスワード
ahamo ・ネットワーク暗証番号

・Google Playでの決済時の認証

5Gギガホ
5Gギガライト
ギガホ
ギガライト
ケータイプラン
キッズケータイプラン
・spモードパスワード
ahamo ・ネットワーク暗証番号

・その他

5Gギガホ
5Gギガライト
ギガホ
ギガライト
ケータイプラン
キッズケータイプラン
年齢制限のある商品、サービスを取扱う一部のd払い/ドコモ払い加盟店では、利用者情報の登録年齢が基準を満たしていない場合は利用できません
ahamo 利用者情報の登録年齢にかかわらず、年齢制限のある商品・サービスを取扱う加盟店では利用できません

ドコモメール

 メールデータ・メールの設定情報・各種メールアドレスすべてがサーバーから削除され復旧ができなくなります。必要なメールデータは自身でバックアップする必要があります。

 ドコモメールアドレスへの受信ができなくなりますので、各サービスやコンテンンツなどの連絡先アドレスとして、ドコモメールを利用している場合は、新たなメールアドレスへの変更が必要になります。

※すでに受信済みのメールデータに関しても、アプリの起動などのタイミングで機種内から削除される可能性があります。

ドコモ電話帳

 クラウド同期しているデータも消去されます(機種に保存されている電話帳データに影響はありません)。

※クラウド同期をONにしたまま“ahamo”へ変更すると、クラウド同期失敗のエラーが表示されますので、クラウド同期をOFFにしてください。

データ保管BOX/dフォト/クラウド容量オプション/クラウドサービス(spモード ケータイデータお預かりサービス)

 対象外となるため利用できません。

 保存しているデータは、プラン変更するとすべて削除されます。削除されたデータは復元できませんので、事前に必ず確認、保存しておきましょう。

いちおしパック

 “クラウド容量オプション”が対象外となり利用できないため、いちおしパックの割引は適用されません。

“スゴ得コンテンツ”“my daiz(マイデイズ)”は“ahamo”で継続して利用できます。

留守番電話サービス

 プラン変更後には、お預かりしている伝言メッセージや設定内容が削除され、復元することができません。

メロディコール

 楽曲リストなどにて設定していた内容は消去されます。メロディコール対象の料金プランへ変更後、再度メロディコールに契約しても、設定を復活させることはできません。

各種割引サービス

 割引対象外となります。

 上記は利用できない一部のサービスとなります。利用できないサービス一覧はNTTドコモの公式サイトに記載されています。

 また、NTTドコモの公式サイトでは、“ahamo”へプラン変更する場合に事前に必要な手続きなどをまとめて紹介しているので、確認しておきましょう。

キャリアメールを利用している方は要注意

 “ahamo”で利用できないサービスをまとめていきましたが、一番困りそうなのはキャリアメールが利用できなくなる点でしょうか。

 様々なコンテンツの登録時にキャリアメールを使っている方は、“ahamo”へプラン変更する前に登録しているコンテンツを確認してアドレスの変更手続きなどを行っておく必要があります。

 新プラン“ahamo”は3月26日より提供開始となります。プラン変更を予定している方は事前の確認を必ずしておきましょう。

©NTT DOCOMO, INC. All Rights Reserved.