SSR鉄平がトレンド入り。新『ひぐらし』最終回直前で大波乱が(微ネタバレあり)

そみん
公開日時
最終更新

 3月11日深夜、TVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』23話“郷壊し編 其の六”が放送されました。

※本記事内には作品のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

3月18日深夜の最終回を前に大波乱が!?

 従来の『ひぐらし』と似て非なる新作エピソードが展開し、話題を集めている『ひぐらしのなく頃に業』。

 3月18日深夜の最終回を前に、またひとつ大波乱があり、リアルタイム放送後には“SSR鉄平”がトレンド入りするほど、大反響を集めていました。

 公式サイトにも掲載されているように、羽入のような角を持ち、梨花を“猫”と呼ぶエウアによって、繰り返す者の力を授かった沙都子。

 そんな先が読めない展開のなか、23話では、多くの世界で沙都子を苦しめてきた北条鉄平に異変が……!?

 その反響を受けてか(?)、パッショーネの公式Twitterでも鉄平の原画特集が組まれています。

 ああ……もう1回23話というか、祟騙し編を見直したくなる衝撃展開でしたね。

23話“祟騙し編 其の五”あらすじ

 途方もない時間をかけて、雛見沢村を取り巻くすべての因子を理解した沙都子。 しかし、沙都子の知らないところで、カケラには小さな歪みが生まれ始めていた…。





©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

関連する記事一覧はこちら