『ファイアーエムブレム 風花雪月』はシリーズ初心者でも遊びやすい。難易度やモード、学園生活をレポート

イナヤ マギ
公開日時

 任天堂から7月26日に発売されるNintendo Switch用ソフト『ファイアーエムブレム 風花雪月(ふうかせつげつ)』。本作のプレイレポートをお届けします。

 『ファイアーエムブレム 風花雪月』は、シミュレーションRPGとして人気の『ファイアーエムブレム(以下、FE)』シリーズの最新作。『FE』シリーズといえば、わかりやすく奥深いシステムや特徴的なキャラなど、魅力は多数ありますが、本作ではおなじみの要素に加えて、主人公が教師として生徒を導くストーリーという独自の要素があります。

 一方で、歯応えのあるシミュレーションゲームというイメージがあり、手が出せていないという人もいるのではないでしょうか。今回はシリーズ未プレイのライターが、シリーズ初心者の目線でプレイしてのレポートを掲載します。

難易度&お手軽モードを選べる!

 プレイを始めると最初に“難易度”と“モード”を選択します。難易度は初心者~中級者用の“ノーマル”と上級者用の“ハード”がありました。初心者の筆者は“ノーマル”を選択。

 モードですが、往年のファンに人気なのは、やられたらキャラクターが戻ってこない“クラシック”モードですが、最近のシリーズ作では失った仲間が復活する“カジュアル”モードが用意されています。こちらなら、万が一仲間のHPが0になっても戦闘終了後に復活するので、シリーズ初心者やSLGが得意でない人でも安心して遊べます。筆者はもちろんカジュアルモードを選択して、ゲームスタート!

チュートリアルでバトルをサポート!

 バトルはターン制で、マス目状に区切られたマップにて行われます。自軍のターン中に仲間(ユニット)を移動させて、敵への攻撃や回復、サポートなどを行います。自軍のターンが終了すると、敵軍のターンとなり、これを繰り返し行い、勝利条件をクリアすると勝利となります。


 まず感じたのが、チュートリアルが丁寧だということ。序盤のバトルでは、キャラクターの動かし方や戦闘方法などをしっかりレクチャーしてくれるので、プレイ未経験でもバトルシステムで迷うことなくプレイできました。


 移動できる範囲や攻撃できる範囲、地形効果なども見やすく、操作しやすいのも初心者にうれしい要素!

 個人的に便利だと感じたのは、フィールドで仲間を移動させようとした際に、敵の攻撃範囲に入ると赤いラインが表示され、狙われていることが分かるところです。不用意に敵の攻撃範囲に入らなくて済むため、ダメージを抑えられて非常に助かりました。

楽しくて便利な学園生活!

 今回は、士官学校を舞台に教師となって生徒を指導しながら戦っていく“第一部”の序盤をプレイしました。士官学校には3つの国から生徒たちが集まっており、その勢力ごとの学級に分かれています。プレイヤーは、そのうち1学級の担任となって1年間を過ごすのです。


 自分の学級の生徒に教育を行ったり、話しかけて仲よくなったり、悩みを聞いたりと、まるで学園もののアドベンチャーゲームを遊んでいるような感覚で楽しい! ただ楽しいだけでなく技能を上げたり、仲間との連携に役立つ支援レベルを上げたりできるので、戦闘にも役立つところもいいですね!


 基本的に担当している学級の生徒しか指導はできませんが、他の学級の生徒でも、主人公が彼らの求める技能レベルや能力の条件をクリアしていれば自分の学級にスカウトすることができるので、自分が理想とする学級を作ることができそう。

 学校での生活は1カ月単位で進行し、月末にある課題に取り組む流れになっています。課題に備えて行動していくわけですが、平日と休日で選べる行動が変化します。平日は生徒たちに授業を行い、個々の技能レベルを上げることで、新しい技を習得させつつ、剣士や修道士などの兵種にクラスチェンジできる“資格試験”の合格を目指します。

 プレイヤーは生徒に学習目標を設定し、得意な分野を強化したり、兵種に必要な技能を習得したりさせていくことに。さらに生徒を個別指導したり、グループ課題を設定することができます。誰をどんな風に育てるべきか悩むという方は“おまかせ指導”があるので、そちらを使うのもアリかと。

 休日は士官学校が置かれた“ガルグ=マク大修道院”内を自由に散策可能。生徒と交流して仲よくなったり、掲示板に張られたクエストにチャレンジしたり、釣りや園芸などを楽しんだりできます。


 この大修道院内はかなり広いので、迷ってしまったり、話したい人物を見つけられない可能性があります。そんな時にはマップ機能が便利! 施設にカーソルを合わせると誰がいるのか簡単にわかりますし、1度訪れたことがある場所ならワープも可能です。さらに、クエストが張られている掲示板からも、クエストの関連場所に飛べるので移動はしやすかったです。

初心者でも苦戦しながら楽しめる作品

 歯応えのあるゲーム性で有名な『FE』シリーズ! 本作でも戦況やユニットをしっかり把握して、戦略を考えながら動かしていく必要があり、シリーズをプレイしたことがない自分の場合は「簡単にクリアできるわけではないな」と感じました。慣れてないがゆえに序盤のステージでミスをして仲間を失い、「これがクラシックモードだったら……」とヒヤリとする場面がありました。

 ですが、難易度やモードの設定、チュートリアルなど初心者をサポートしてくれるシステムは多いですし、戦闘だけでなく士官学校パートでもユニットを育成できるので、ユニットをしっかり育成してバトルに慣れていけば、多少苦戦しながらかもしれませんが、初心者でも楽しんでプレイできると思いました。

 序盤のストーリーもネタバレになるので詳しくは書けないのですが、謎が多く、「この先、どんな展開になるのだろう」とドンドン進めたくなる展開が待っています。「プレイしたことがない」や「難しそう」というだけでしり込みするのはもったいないほど、クオリティの高い作品なので、まだシリーズをやったことがない人でも、本作から『FE』の世界に飛び込んでみてください!

(C) 2019 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS Co-developed by KOEI TECMO GAMES CO., LTD.

ファイアーエムブレム 風花雪月

  • メーカー: 任天堂
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: SLG
  • 発売日: 2019年7月26日
  • 希望小売価格: 6,980円+税

ファイアーエムブレム 風花雪月(ダウンロード版)

  • メーカー: 任天堂
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: SLG
  • 配信日: 2019年7月26日
  • 価格: 6,980円+税

ファイアーエムブレム 風花雪月 フォドラコレクション

  • メーカー: 任天堂
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: SLG
  • 発売日: 2019年7月26日
  • 希望小売価格: 9,980円+税