【世界最速】『ストリクスヘイヴン:魔法学院』のミスティカルアーカイブ収録カード2枚を独占公開!

電撃オンライン
公開日時

 2021年4月23日に『マジック:ザ・ギャザリング』の新セット『ストリクスヘイヴン:魔法学院(以下、ストリクスヘイヴン)』が発売されます。

 多元宇宙のなかでも最高峰と称される魔法学院“ストリクスヘイヴン”に属する5つの大学を舞台にした物語が描かれるセットで、ストーリーには“ロアホールド”、“プリズマリ”、“クアンドリクス”、“シルバークイル”、“ウィザーブルーム”という個性豊かな5つの大学が登場します。

 それぞれの大学の特徴を表した“命令”サイクルの呪文がすでに公開されているので、これを見て自分だったらどの大学に行くか想像してみてください。



 ちなみに、これらの大学はいずれもエルダー・ドラゴンによって創設され、その名前が冠されています。ドラゴンたちのカードはまだ公開されていませんが、彼らがいったいどんな魔力を持っているのか、楽しみですね。

 また『エルドレインの王権』でフィーチャーされたプレインズウォーカー、ウィル・ケンリスとローアン・ケンリスの2人もキービジュアルに登場しており、彼らがどうストーリーに関わるのかも要注目です。

 このワクワクする新セット『ストリクスヘイヴン』に収録されるカードのプレビューは、この記事が掲載されてからまもなく始まると思いますが、『ストリクスヘイヴン』の魅力は新カードだけではありません。

 大学が舞台ということもあり、『ストリクスヘイヴン』には『マジック』の長い歴史に登場するよりすぐりの魔法たちを収めた図書館“ミスティカルアーカイブ”があるのです。

 この記事では、そんな“ミスティカルアーカイブ”に所蔵された2枚の呪文を世界最速で公開します!

 それではさっそくどうぞ!

“ミスティカルアーカイブ”所蔵カードその1:《混沌のねじれ》

 1枚目は《混沌のねじれ》。“スタンダード”や“モダン”が主戦場のプレイヤーにはあまり聞き慣れないカードかもしれませんが、“統率者戦”をよく遊んでいるプレイヤーにはおなじみの1枚ですね。

 パーマネント1つをそのオーナーのライブラリーに混ぜてしまい、その代わりにライブラリーの一番上のカードをめくって、それがパーマネント・カードだったら戦場に出すという効果です。

 「ちょっと嫌だなあ……」くらいのカードを除去するために使ったらもっととんでもないものが出てきてしまったり、逆に相手の切り札をあっさりと除去できてしまったりと、《混沌のねじれ》という名前にふさわしいカオスを楽しめる赤らしい呪文です。

 フレーバーに富んでいるだけでなく、本来赤のカードでは触れにくいエンチャントにも対処できたり、そもそも相手のデッキにパーマネント・カードが少なければ低リスクな万能除去になったりと、なかなか実戦的なカードでもあります。

 なお“ミスティカルアーカイブ”に収録されるカードは全部で63種あり、そのうち56種は『MTGアリーナ』の構築フォーマット“ヒストリック”でも使用可能になります。

 この《混沌のねじれ》も使えるとのことなので“ヒストリック・ブロール”などではよく見かけることになるかもしれません。《墓掘りの檻》があればクリーチャーは出てこれず、《風化したルーン石》なら土地以外は出されないので、より信頼できる除去として使えそうです。

“ミスティカルアーカイブ”所蔵カードその2:《破滅の刃》

 2枚目は一昔前の構築プレイヤーなら懐かしく思うでしょう、《破滅の刃》です。黒の代表的な軽量除去として“基本セット2010”から収録されたカードで、効果は“黒でないクリーチャー1体を破壊する”といういたってシンプルなもの。

 “基本セット2012”までのリミテッドではこれがコモンだったため、クリーチャーの命はそれはもう儚いものでした。

 “基本セット2013”で《殺害》と入れ替わり、“基本セット2014”ではアンコモンに昇格して再録と“リミテッドにおける除去のバランス”を研究するためにも使われていた印象があります。

 最近ではこういった汎用除去は《無情な行動》や《取り除き》のようにアンコモン以上になるか、対象に条件がつくなどしていますが、そのベストバランスを見出すことにも貢献したカードと言えるのではないでしょうか。

 なお、今回紹介した《混沌のねじれ》と《破滅の刃》はいずれも新規アートでの収録となっていますが、“ミスティカルアーカイブ”所蔵のカードにはさらに“日本画”バージョンも存在します!

 まだ日本画バージョンはヒミツということなのでここではお見せすることができませんが、《混沌のねじれ》と《破滅の刃》がどんな日本画で描かれるのか、非常に楽しみですね!



  • ▲現時点で《悪魔の教示者》、《選択》、《剣を鍬に》などの日本画バージョンが公開されています。どれも雰囲気がすごくイイ!

 これからもまだまだ魅力的な新カードがたくさん紹介されていくと思いますので、ぜひ4月23日の『ストリクスヘイヴン』発売日、いや入学式をお楽しみに!

(C)2021 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.