『エーペックス レジェンズ』初心者攻略。ジブラルタルは防御特化で仲間を守る!

セスタス原川
公開日時

 エレクトロニック・アーツより配信中のSwitch/PS5/PS4/Xbox series/Xbox One/Origin/steam(PC)用バトルロイヤルシューティング『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の、初心者攻略をお届けします。

 この記事では『Apex Legends』を始めたばかりのプレイヤーに役立つ攻略情報をお届けしていきます。

 今回は、なかなかチャンピオンが取れない人に向けて、オススメのレジェンドを理由と共にご紹介していきます。今回紹介するレジェンドはジブラルタルです。

使いこなす価値のあるジブラルタル

 ジブラルタルは、“ドームシールド”や被ダメージを軽減するパッシブスキルで防御に特化したレジェンドです。

 アビリティのタイミングが重要でやや難しい部分もありますが、それを差し引いても使って練習するメリットのあるパワーを持っています。

アビリティの使い方

・ドームで安全な場所をつくる
・味方の回復や蘇生のサポート

 装置を投げた場所を中心に“ドームシールド”を展開します。この壁は中からも外からも弾や飛来物が通らない仕組みで、敵が入ってこない限りは完全に安全な場所を作り出せます。

 12秒の持続時間があるため、ドーム内で回復をして体制を立て直したり、味方を蘇生したり、隙が生まれる行動のほとんどをケアできます。内側からも攻撃をはじくので、中から攻撃することはできませんが、体を出せば相手に弾を撃つことは可能です。

  • ▲ドームの中でジブラルタルが蘇生をすると、普段よりも早い速度で蘇生を終わらせることができます。金バッグとの相性は抜群です。

 ただし、展開時の相手との距離には要注意。ドームには誰でも入ることができるので、あまり近すぎる状態でドームを展開すると、相手もドーム内に侵入して勝負を仕掛けてくる可能性があります。

アルティメットの使い方

・複数のチームが密集しているとき
・高所の敵に対して攻撃を仕掛けたいとき
・一度体制を立て直したいとき

 信号灯を投げて、その周囲に空爆を降らせます。空爆のダメージは非常に強力で、1発辺り40ダメージ。そのまま範囲に立ち止まっていると合計80~120ダメージを受けてしまうこともあります。さらに、移動速度低下のデバフまで付与します。

 主な使いどころは、敵が密集しているところに投げ込んで大ダメージを狙う、相手が自分たちより高所にいる場合の攻撃手段、ダメージを受けた後に相手を一度引かせたい場合などです。


  • ▲空爆は屋外の地上にのみ攻撃判定があります。室内や屋根のあるところ、空中の敵にはダメージを与えらません。

 攻撃と防御の両方で使えるアビリティなので、ジブラルタルは“アルティメット促進残”を持って、空爆を高頻度で使えるようにしておきましょう。

 空爆は味方にダメージはありませんが、移動速度低下のデバフは与えてしまいます。ジブラルタル本人は、自分の空爆のダメージも受けてしまうので、自爆してしまわないように注意しましょう。

  • ▲ドームシールドは相手の空爆を防ぐ効果もあります。相手から空爆を受けた際には、すぐにドームを展開しましょう。

パッシブスキルの使い方

・ガンシールドでダメージを軽減
・鉄壁でさらにダメージを軽減

 ジブラルタルのパッシブスキルの強みは、圧倒的な防御力の高さです。

 1つ目のガンシールドは、エイム時に耐久50のバリアが正面に展開されるというもの。つまり、ジブラルタルは他のレジェンドよりも実質耐久が50高い状態からスタートしていることになります。

  • ▲この能力を活かすために、ジブラルタルで弾を撃つ際には基本的に覗き込んだ状態で撃つようにしましょう。

 もう1つは、ヒットボックスが大きい代わりにダメージを15%軽減してくれる能力。こちらも実質耐久が増えているような認識で問題ありません。

 上記2つのスキルにより、お互いに撃ちあっている際には一方的に相手を倒せることも少なくありません。

  • ▲ダメージの軽減こそしてくれますが、一方的に撃たれている際には大きな的になってしまうので、遮蔽物のない場所を移動する際には細心の注意を払いましょう。防御力があると言っても無理は禁物です。

今日からできる簡単なテクニック

・アルティメットを腐らせない
・アルティメット促進剤を使いまくろう
・見方がダメージを受けたらドーム
・敵の近くにドームは絶対にNG

 ジブラルタルは強力ですが、やや使いどころの難しい技の多いレジェンドであるのも事実。

 始めたばかりの頃は、アルティメットに関しては“アルティメット促進剤”を使って使用頻度を増やし、欲しい時にいつでも使えるようにしておくという荒業のような戦法も有効です。

 まずは第一段階として、タイミングよりも戦闘時にしっかりと空爆を使うことを意識しましょう。そして、戦闘が終わったら“アルティメット促進剤”使い、次の戦闘に備えましょう。

 何度も戦闘をするうちに、アルティメットでダメージを出せたり、相手を追い払えた経験を積めるはず。その次の段階として「ここは空爆だ!」と完璧なタイミングで発動できるようになりましょう。

  • ▲最初は弾や回復をたくさん持ちたくなってしまうかもしれませんが、ここはグッと我慢。弾を持つよりも“アルティメット促進剤”を1個持っていた方が戦況を有利にできる場面は多くあります。

 “ドームシールド”は、使いどころや置く位置など、ケースバイケースな部分が多いアビリティです。ただし、初心者でもわかる簡単なタイミングとして“味方か自分がダメージを受けたとき”があります。

 例えば、前に味方の1人が大きくダメージを受けたとしましょう。この際に、手前にポイっとドームを投げてあげれば、味方は数歩下がるだけで安全に回復ができるようになります。

 「味方がやばい!」と思った瞬間にドームを出せるようになれば、最初のジブラルタル入門としては問題なし。タイミングがわかるようになってきたら、次は置く位置を考えて、すぐに味方が入れるような場所に展開するようにしてあげましょう。

 もっとも気を付けるべきことが、敵にドームを使われてしまうことです。味方が攻撃を受けているからといって、敵もいる場所にドームを投げると、ドームを逆に利用されてしまいます。

 遠くにドームを投げてしまうと、外側からドーム内の仲間を助けることもできず、そのままやられてしまいます。基本的にドームは自分か味方の近くに出して、敵と自分たちの間に壁を1枚、または2枚挟むような形を意識すれば大丈夫です。

 ジブラルタルは、ガンシールドや鉄壁など単純明快な強い要素がありつつも、ドームやアルティメットの使いどころなど、奥深い部分もあるレジェンドです。プロが大会で多用するほど強力なレジェンドなので、使い込んで練習する価値は十分にあります。

 また、ヒットボックスの大きさゆえ、撃ち合いの際に体を出すタイミングは他のキャラクター以上に慎重にならなければなりません。ジブラルタルで被弾を抑えて戦うことができるようになれば、その経験を他のキャラクターでも活かすことができるでしょう。

© 2020 Electronic Arts Inc.