『戦国無双5』島﨑信長さんが“戦国”を熱弁! 鯉沼プロデューサーへのインタビューも掲載

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 人気シリーズ最新作の発売を6月24日に控えたコーエーテクモゲームスのアクションゲーム『戦国無双5』

 “博物館応援プロジェクト”として3月2日より全国11カ所の博物館とのコラボが行われ、3月20日には大阪歴史博物館で1日限りの特別トークショーが開催された。その模様をレポートする。

博物館に『戦国無双5』の武将たちが集結! 歴史好きもゲーム好きもご満悦

 全国11カ所の博物館と連動して行われた今回のプロジェクト。

 博物館の入口や館内の至るところにゲームに登場する武将たちのパネルが設置され、イベントに参加するファンをお出迎え。

 また、1階にはデジタルスタンプラリーのスタンプが用意されており、アプリをダウンロードしてスマホに現れた台紙にデジタルスタンプを押すファンの姿が印象的だった。

 この日の特別イベントは、織田信長の声優を務める島﨑信長さん、『戦国無双5』プロデューサーの鯉沼久史さん(株式会社コーエーテクモゲームス取締役社長)が、本館の学芸員・谷口正樹さんを交えて“ゲーム”と“歴史”、それぞれの観点から戦国時代を考える、歴史好きにもゲームファンにもたまらない夢のようなトークショー。

 本来は3人が登壇して開催されるはずのイベントだったが、残念ながらコロナ禍の影響で島﨑さん、鯉沼プロデューサーはオンラインでの参加となった。

 それでも事前予約で参加したファンの人たちが、感染予防対策でひとつずつ席を開けながらも会場を埋めつくした。

 人気声優である島﨑さんのトークが聞けるということで女性ファンの姿が目立ったが、中にはお父さんと息子での参加も見られた。

 また、この日の様子はYouTubeでも生配信され、全国から多くの視聴者が見守る中、イベントが開始された。

島﨑さん×鯉沼プロデューサー×学芸員さんの濃厚な歴史トークに引き込まれる

 本博物館の館長・大澤研一さんの挨拶のあと、まずは学芸員の谷口さんが登壇し、自身も「戦国無双」シリーズは『2』から『4』までプレイしてきたことを報告。

 『2』に登場した直江兼続の格好良さに惹かれ、この出会いがなければ学芸員になっていなかったと話す谷口さんにファンもほっこり。会場の心を掴んだ谷口さんは、さっそく資料に基づいた自分なりの戦国時代を熱く語っていく。

  • ▲大阪歴史博物館の館長・大澤研一さん
  • ▲大阪歴史博物館の学芸員・谷口正樹さん

 トークショーの第1部は“戦国無双の“兵(つわもの)”は実在したのか”がテーマ。

 1つ目の議題は「戦国時代に『戦国無双』という言葉はあったのか?」という内容。戦国時代の資料『日葡辞書(にっぽじしょ)』には、“戦国”、“無双(ぶそう)”、“一騎当千”などの言葉が登場しており、当時の人たちが“戦国無双”という言葉を使っていた可能性はゼロではないと谷口さんが説明。

 その上で“無双”は“強いもの”、“ありがたいこと”、“顔がいい”など、自分が褒めたいもの全般に使われていた便利な言葉だったではないかとの意見も述べた。

 一方“戦国”という言葉は、この時代の資料に登場した事例は少ないものの、一部の大名たちの間では自分たちが生きている世の中が“戦国”という理解があったかもしれないと谷口さんは言う。

 戦国と理解する世の中において、一騎当千に等しい活躍をした武将のことを、口頭の範囲で「戦国無双だ」と言った可能性はあったのではないかとまとめた。

 この後も「戦国時代の合戦はどれくらいの規模だったのか」などが熱く語られ、『戦国無双』の時代背景を詳しく知ることができた。

 第2部では、いよいよ本作より織田信長役を演じる声優の島﨑信長さんと、本作を手がけた鯉沼プロデューサーがオンラインで登壇し、会場がヒートアップ。谷口さんも交え、3人でのトークショーが始まった。

  • ▲スクリーン左が鯉沼プロデューサー、右が織田信長の声優を務める島﨑信長さん

 まずは公式サイトでも公開されている最新トレーラーが流れ、その美しいグラフィックやキャラクターのなめらかな動きに会場から割れんばかりの拍手が沸き起こった。

 2004年に発売された1作目『戦国無双』の時代を最新の手法によって表現した、タクティカルアクションの最新作。第5作目となる本作は、ストーリー、キャラクター、ビジュアルを一新。織田信長と明智光秀という2人の武将を中心に、“応仁の乱”の終わりから“本能寺の変”までを描いている。

 「当時1作目を遊んだ人も、新規の人も楽しめるタイトルに仕上がった」と自信を持って語る鯉沼プロデューサー。

 そして、本作より織田信長の声を演じるのが、そんな名武将と同名である声優・島﨑信長さん。

 これまでアニメ『ノブナガ・ザ・フール』オダ・ノブカツ(織田信行)役、『戦刻ナイトブラッド』明智光秀役、そしてコーエーテクモゲームスの『下天の華』シリーズの森蘭丸役など、信長に近しい役を演じてきたものの、信長役は本作が初。

 「信長を演じるのはもっと10年、20年先だと思っていた」と照れながら話し、「まだ『織田信長役の島﨑信長です』と言うのは慣れないが、役との出会いは縁なので精一杯取り組みたい」と笑顔を見せていた。

 好きな武将の話では、家来から慕われていた武将「武田信玄」と答えた鯉沼プロデューサーに対し、島﨑さんはもちろん同名の「織田信長」を指名。ただ、「自身の性格はどんな武将タイプ?」と聞かれると、島﨑さんは「足軽」だと発言し、会場の笑いを誘っていた。

 そして、第一部の谷口さんの話の感想を振られると、鯉沼プロデューサーは「『無双』の解釈の説明など、歴史を紐解いていくと新しい発見ができ、聞いていて本当に面白かった」とコメント。

 それを聞いた谷口さんは、学芸員になるきっかけの1つとなったゲームの制作者にそのように言われ、感無量といった表情。

 島﨑さんも“無双”の解釈に触れ、「“超やべー”、“すげぇ”みたいな意味で、当時の人たちが「あいつマジ無双だよね」とか、イケメンを“ムソ(無双)メン”って話す姿を想像したらめっちゃ面白い!」と新たな言葉を生み出し、会場は大爆笑に包まれた。

 続いては“ゲームと歴史の観点から戦国時代を考える”という本日のメイントークがスタート。最初のトークテーマは“史実の観点から見る「戦国無双」”。

 谷口さんからの質問は「歴史学の研究が進むにつれて、歴史をテーマにした創作物にどのような影響を与えているか?」という内容。

 これに対し鯉沼プロデューサーは「少なくとも影響はある」と発言。「やはり今のインターネット、SNS時代により、より資料や新事実という情報が目に入りやすくなったと感じている」という鯉沼プロデューサー。「史実の忠実性を求めるファンのニーズに応えることを意識するとともに、エンターテインメント性も損なわないよう気をつけている」と答えた。

 次は「史実とフィクションをどの程度のバランスで組み合わせることを意識しているのか」という質問。

 これには「一概には言えないが、史実をベースにしてきたゲーム会社ならではのオリジナリティを乗せるというやり方は特に意識している」と回答。その中でデザインは見栄えや日本伝統のモチーフなども意識して、デザイン担当と一緒に細かなところまでにゲームに落とし込んでいるとのこと。

 さらに島﨑さんには、声で表現する身としてそういったところのバランスを考えながら演技するのかという質問が飛ぶ。それに対し島﨑さんは「リアルとフィクションの間にある、その作品が追い求めるリアリティーを伝えるための芝居を追及していくことが一番」と答えた。

 谷口さんからの最後の質問は「この時代を語るうえで欠かせない朝廷などの権力体や、キリスト教をはじめとした宗教勢力の話は、シナリオに組み込まれているのか」といった内容。

 これについては鯉沼プロデューサーから「まだ多くは語れないが、本作では今までのシリーズでは登場しなかった勢力との衝突も描かれているかも……」という話が出たので、ファンは期待しておきたいところだ。

 次のトークテーマは“「戦国無双」観点から見る戦国時代”。

 「ゲームの世界観を作るにあたり、どうしても史実の壁が立ちはだかってくるものだが、その点で工夫されたところは?」という質問に対し、鯉沼プロデューサーは「最終的にはゲームとして表現するために美味しいとこどりができるように心がけている」、「史実に忠実にというよりも、ゲームとしての面白さや分かりやすさを優先することがある」と回答。

 “桶狭間の戦い”を例に、これまでの定説が研究が進むにつれ事実と異なっているのではないかと近年ささやかれるも、「ゲームのストーリーを作るうえでは分かりやすくドラマチックであるこれまでの説を採用するほうがよい」と、『4』では旧説のまま物語が制作された裏話が語られた。

 しかし、歴史を描く以上、つねに史実と向き合わなければいけないのがゲーム制作の難しいところ。そういった研究が続く中で、大切にしている観点はあるのだろうか。これには「これまでの蓄積と、インターネットなどで得た知識、さらにスタッフがかき集めてきた資料など、常日頃から情報収集を行っています」と鯉沼プロデューサーが回答。

 さらに「博物館では展示品のそばに添えられている説明文を読むことで、学芸員の方が知ってほしいと思っている情報を得られるので、より展示品の深みや面白さを知ることができる」と話し、イベント後にあらためて歴史博物館を見学するファンの姿も見られた。

 ここで質問の対象が島﨑さんへ移行。今回の織田信長役の役作りのために情報収集はされたのかという質問に「インターネットという便利なものが……」と即答。

 ただ、「知識として情報は得るが、一番意識しないといけないのは『作品の世界観』なので、演じる側がこだわりすぎてもよくないのかなと。スタッフさんたちは史実とのすり合わせにすごく尽力されてると思いますので、僕らはいただいた世界観をまっすぐ見て演じるのが一番」と、プロらしい意見が飛び出した。

 2つのテーマを受けて、最後のテーマは“エンターテインメントと歴史博物館”の繋がり。これを本日登壇された3人に聞いていく。

 まず谷口さんは博物館を「次の学びに繋がっていく場所」と語り、ゲームやアニメも「十分学びの媒体になると実感している」と言う。

 「エンターテインメントだから学びに繋がらないということはありません。逆に博物館も『教育施設です』という硬い印象を植え付けず、来館者の方々が日々どんな知識を求めているのかなどを考えながら展示やイベントに挑戦していくのが、次世代の博物館に求められている姿なのではないか」と述べ、「エンターテインメントの王様のようなゲームと、博物館の講堂でイベントを行うというのは先進的な一歩でありがたい機会だった」と嬉しそうに語った。

 鯉沼プロデューサーは「エンターテインメントと歴史は非常に組み合わせがよいもの」と話し、島﨑さんも「ゲームやアニメが何か新たな興味を持つきっかけになればと常々考えている」と語る。

 さらに島﨑さんは「その中でも「戦国無双」は、本当に史実に近いものを学べたり、逆に“ここは史実と違うんだ”、“こう解釈してるんだ”みたいなところもあって、知れば知るほど楽しめる“一粒で二度美味しい”作品になっているので、みなさんにたくさん楽しんでほしい」と熱弁。

 そして「僕も今回のイベントで博物館に行きたくなりました。今回のイベントがみなさんにとって良いきっかけになれば嬉しいです」という言葉でトークを締めくくった。

 最後にYouTubeの生配信を観ている人たちからの質問に島﨑さんや鯉沼プロデューサー、谷口さんが答えていき、さらに島﨑さんには「実際に今回のアフレコで行った台詞を再現してほしい」というリクエストが。

 この無茶ぶりに応え、「天下一新、これを成すまで我らの戦いは終わらぬ!」と織田信長の名台詞を絶叫した島﨑さんに、会場からこの日一番の拍手が贈られた。

 島﨑さんは「大阪行きたかったな~、現地のみなさんはこの後もぜひ歴史館の展示を楽しんで、知識欲を満たしてください!」とファンに想いを託し、谷口さんは憧れの人たちのとのコラボで興奮冷めやらぬ中、「博物館の新たな展開の1つとして、こういったイベントを拡げていければ」と晴れやかな表情を浮かべた。

 最後に鯉沼プロデューサーが「歴史好きの人もゲーム好きの人も、ぜひ6月24日発売の『戦国無双5』を手に取って遊んでいただければ嬉しいです」という話で締めくくり、約1時間半のトークショーは終了となった。

 ちなみにYouTubeの生配信終了後に、この日のイベントに訪れたファンだけのための島﨑さん、鯉沼プロデューサーの特別トークがあり、そこで「2人が大阪歴史博物館でぜひ見たい展示スペースは?」という話を聞くことができた。

 島﨑さんは9階の“水都めぐり”の展示、鯉沼プロデューサーは8階の“考古学にチャレンジ!”に行きたいと語っていたので、ファンはぜひ大阪に来た際に足を運んでほしい。

鯉沼プロデューサーへのインタビューを掲載

ーー博物館とのイベントでしたが、いかがでしたか?

 全国11カ所の博物館とのコラボという今までになかったことを行えて、自分としてはうれしいです。また、ゲームがただのエンターテインメントではなく、文化的になっていきているから、このような取り組みができていると感じています。

ーー一部では、学芸員さんが“無双とは?”と言葉について説明しているのも印象的でした。

 あれは盛り上がりましたね。強いものというよりは、比類なきものということで、“イケメンも当てはまる”と。ちょっとにやりとしました。

 私は言葉が古文書に残っているとは思ってもいなかったので、後付けですが、よかったと思いました(笑)。

ーー『戦国無双』を遊ばれたから、壇上にいるということでしたが、そちらはいかがでしたか?

 『戦国無双2』ということで2006年ごろでしたので、自分も年をとるわけだと(笑)。

 あとは、ああいうことを言っていただけるのは本当にうれしいですね。あと、生放送のコメントでも、「旦那が『戦国無双』をやっていたから、歴史好きになった」というものもあり、作ってきてよかったと感じました。

ーータイトルが発表された時の反応は?

 我々としては7年ぶりのナンバリングを出したいと、何とかやってきたこと。ポジティブな反応もあれば、厳しいご意見もありました。ただ、出ることについては喜んでもらっているのかなと感じています。

ーー最後にファンへ一言、お願いします。

 このようなご時世ということで応援したいということで、博物館さんとの取り組みをしています。スタンプラリーなどもあるので、近く博物館があるかたは、ぜひ行っていただきたいです。

 今後も毎月公式番組を行っていき、新情報をご紹介していきます。発売日は6月24日ですので、ぜひよろしくお願いします。


©コーエーテクモゲームス All rights reserved.