ジャミル、GXで出撃!『ガンダムX』19話はロアビィのセリフも見どころ

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、アニメ『機動新世紀ガンダムX』の第19話“まるで夢を見てるみたい”が配信中です。

 『機動新世紀ガンダムX』は、1996年4月5日から12月27日までテレビ朝日などで放送された作品。

 宇宙世紀外の物語でありながら、ニュータイプという存在にスポット当てられており、『ガンダムシリーズ』の中でも特に視聴者に対するメッセージ性の強いストーリーが展開されます。

 また、サブタイトルがセリフになっているのも特徴の1つで、第1話の「月は出ているか?」は作品全体のキャッチコピーにもなっています。

 第19話あらすじはこちらです。

あらすじ

 ティファと意識を共振させたルチルは、15年前にジャミルの教官を務めたニュータイプの士官だった。しかし精神を破壊し尽くされた後、戦いを憎む心まで利用され、電子機器を使用不能にする"Lシステム"に組み込まれてしまったのだった。

 永遠を生きるニュータイプ・ルチルを解放するため、ジャミルはガンダムXで出撃する。

©創通・サンライズ