Switch『スーパー野田ゲーPARTY』でM-1決勝ネタを再現!?

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 吉本興業とカヤックが共同開発した、ユーザー共創型ゲーム『スーパー野田ゲーPARTY』が、ダウンロード専売タイトルとしてNintendo Switchで4月29日発売予定です。

 本作は、“M-1グランプリ2020”で優勝したお笑いコンビ、マヂカルラブリーの野田クリスタルがクラウドファンディングで資金を募集し制作しているゲームです。

 約1カ月半で目標400万円に対し達成率339%となる1,357万円を集め、約2,000人の支援者と共に現在ゲームを開発中です。

 今後は、支援者がつくる本ゲームの公式プロモーション動画や、“すゑひろがりず”が100万円支援のリターンとして参加しているゲームタイトルの内容などが発表される予定です。

 以下、リリース原文を掲載します。

M-1決勝ネタの「吊り革」を急遽追加!全16タイトル

 本ゲームには、「R-1ぐらんぷり」でも話題になった野田クリスタルの自作ゲーム『もも鉄』(太ももが鉄のように硬い男 てつじ)や『ブロックくずして』、『頼むぜ!!ボルダリング姉さん』をパワーアップさせたゲームの他に、『M-1グランプリ2020』の決勝ネタとなった「つり革」のゲームを優勝決定後に急遽追加し、全16タイトルをラインアップ。

 支援者からのアイデアやイラスト、BGMなどを使った、これまでにないユーザー共創ゲームとなっています。

 リリース時に公開される全16タイトル中の中から、M-1グランプリで披露後に急遽追加したタイトル「つり革」の概要を野田クリスタルのコメント付きで解説します!

つり革

 M-1グランプリで野田クリスタルが披露した「つり革」ネタの世界観をゲーム化。

 激しく左右にゆれる電車内で、キャラクターを左右に動かしてバランスをとり、画面から飛び出さないように耐え続ける、シンプルなゲームです。

 つり革につかまると数秒だけバランスが安定しますが、つり革は耐久度が低いため、すぐにちぎれてしまいます。

 1人用は、何秒まで耐えられるか記録に挑戦します。2人用は、どちらの方が長く耐えられるかを競う対戦形式です。

【野田クリスタルが語るゲームのポイント!】

 とにかく単純なゲームばかりです。

 それゆえに自分の性能を測られてる気がするゲームばかりです。ゲームをやってきた人もやってこなかった人も是非遊んでみていただきたいです。

プロフィール

お笑い芸人 野田クリスタル(@nodacry)

 1986年生まれ。吉本興業所属のお笑い芸人。お笑いコンビ・マヂカルラブリーのボケ担当。『キングオブコント』『M-1グランプリ』のWファイナリスト。

 『M-1グランプリ2017』では、審査員の上沼恵美子さんから酷評されたことで話題に。ゲーム好きが高じて5年ほど前から自作ゲーム「野田ゲー」を作り始め、お笑いのネタでも使用するようになった。

 『R-1ぐらんぷり2020』では野田ゲーのうち、『もも鉄』『モンスト(モンモンとするぜストッキング姉さん)』を用いて見事優勝、18代目王者となる。週5ペースで筋トレをしている。

公式Twitter
◇youtubeチャンネル:野田クリスタル【野田ゲー】
◇アプリ:
組体操合戦
愛方探し
ブロックくずして
ボルダリング姉さん
sushi

面白法人カヤック 後藤裕之

 1973年、東京都生まれ。慶應義塾大学在学中の1995年、円周率暗唱42,195桁の世界新記録(当時)を達成。

 1999年から株式会社バンダイナムコゲームスに在籍。ゲームクリエイターとして人気ゲーム「ことばのパズル もじぴったん」シリーズなどを開発。

 2011年からは面自法人カヤックに在籍。記憶力を活かし、趣味として始めたイントロクイズでは数々の大会で優勝。メディア出演も多数。

協力会社「株式会社カヤック」について

 固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。

 社員の9割にあたる約270名がデザイナーやプログラマーなどのクリエイター人材で「つくる人を増やす」を経営理念に多様性を生かしたユニークな人事制度や経営を行なっています。

© KAYAC Inc. All Rights Reserved.