映画『モンハン』監督とゲーム開発チームが対談!

電撃オンライン
公開日時

 公開中の映画『モンスターハンター』で、ポール・W・S・アンダーソン監督とゲーム開発チームの対談動画が公開されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

ハリウッドと日本ゲーム界のトップクリエイターが揃った最終チェックの場にカメラが密着! 映画の圧倒的な仕上がりを喜び合う、超貴重な特別映像が到着!

 この度解禁されるのは、「日本で2008年にモンスターハンターのゲームをするようになり、2009年にはこのゲームの映画化をカプコンに持ち掛けていた」と明かしているように10年以上に渡ってこの映画化プロジェクトをけん引して来たポール・W・S・アンダーソン監督と、ゲーム「モンスターハンターシリーズ」に長年心血を注いできたカプコンのプロデューサー・辻本良三氏、「モンスターハンター:ワールド」エグゼクティブディレクター・藤岡要氏の3人が一堂に会し、改良を重ね最終段階を迎えた映画モンハンを丹念に確認する現場を収めた、非常に貴重な映像だ。

 辻󠄀本、藤岡の両氏は、映画にもアソシエイトプロデューサーとして参画し、絶対にファンを裏切ることのない、かつ未プレイでもモンハンの世界を心から楽しめる極上の1本とするべく、アンダーソン監督とも何度もコミュニケーションを重ねて共に作り上げてきた間柄。

 ディアブロス亜種、リオレウスとの大迫力ハンティングアクション、水場で遭遇するアプケロスの群れ、山崎紘菜が扮した受付嬢のビジュアルなど、アンダーソン監督が胸を張って見せる数々のシーンに「ゲームにとても近いですね。忠実に再現されていてとても感動してます」と笑顔でサムアップ!「ゲームファンも喜ぶかな?」と問う監督と両氏が固い握手を交わしたりと、納得の仕上がりに自信と興奮をのぞかせる3人の姿も映し出されている。

 ついに全国の劇場で公開中の『映画 モンスターハンター』。彼らが注いだ大いなる情熱と愛が映画モンハンにしっかり息づいていることを、この映像が確信させてくれる。ぜひ劇場の大スクリーンで堪能してほしい。

■『映画 モンスターハンター』トップクリエイター集結!特別映像


©Constantin Film Verleih GmbH