『とんでも戦士ムテキング』原作の新作アニメが今秋放送。声優、スタッフ情報が明らかに

電撃オンライン
公開日時

 2019年に制作と主演の声優オーディションが発表されたタツノコプロ原作TVアニメ「MUTEKING THE Dancing HERO」が本格始動を開始。キャスト、スタッフ、キャラクター、ティザービジュアルなどの情報が公開されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

 原作の「とんでも戦士ムテキング」は、1980年9月~1981年9月に放送されたタツノコプロ制作のヒーローギャグアニメ。

 80年代当時のサンフランシスコをモデルにした街を舞台に、ヒーロー「ムテキング」に変身して悪の宇宙人と戦うことになった主人公を描き、ムテキングが登場時に1曲歌い上げるという「とんでも」ない演出や、ド派手な原色&ローラースケートという、特徴的なコスチュームに代表される斬新な世界観で、当時の子供達から熱狂的な支持を集めた。

 本作「MUTEKING THE Dancing HERO」は原作の魂を継承しながら、新たな熱狂をつくるべく作品世界を大胆にアップデート。ネオ・サンフランシスコを舞台に、リメイクではなく、リブートと呼ぶにふさわしいクールでポップな作品で令和の新しいアニメカルチャー創造を目指す。

 そんな新生MUTEKINGは、笹川ひろし(エグゼクティブディレクター)、髙橋良輔(総監督)といった日本アニメ界の創生期から第一線で活躍し続けるレジェンド達をはじめ、監督に、3DCGを武器に海外からの支持を集めているサトウユーゾー、キャラクター原案に、色彩豊かな表現によりポップカルチャーシーンで幅広く活躍するイラストレーターUtomaru(THINKR)、シリーズ構成に、「アナザースカイ」や「おしゃれイズム」等、テレビ業界の中心で活躍する放送作家の近藤祐次といった新進気鋭のクリエーター達を迎え、アニメーション制作ではタツノコプロ、手塚プロダクションによる初めてのタッグが成立し、総力を挙げて挑む。

 キャストにはオーディションで新人でありながら見事主演「ムテキ」の座を射止めた真白健太朗、「ムテキ」の相棒「DJ」には江口拓也、ネオ・サンフランシスコの巨大IT企業のトップ「セオ」に日野聡、「ムテキ」が恋焦がれるアイドル志望の少女「アイダさん」に高橋李依など、幅広い世代の豪華声優陣が勢揃いし、新時代のMUTEKINGワールドを創り出す。

 そして、シティ・ポップが漂うネオ・サンフランシスコを舞台とした本作のもう一つのポイントが、音楽で作品を彩る参加アーティスト陣である。

 上田剛士(AA=)、ORANGE RANGE、KALMA、SANABAGUN.、Naz、Reol、矢野顕子、吉田凜音が、世代やジャンルを超えて「MUTEKING THE Dancing HERO」に花を添える。

 当時「とんでも戦士ムテキング」に夢中になった往年のファン達も、現代を生きるアニメファン達も、まとめて更なる新時代に連れていく『ファビュラスなSFヒーローラブコメディ』が誕生する。2021年秋の放送を楽しみにして頂きたい。

作品情報

アニメ『MUTEKING THE Dancing HERO』 2021年秋放送開始予定

ストーリー
 舞台は、自由で陽気な海沿いの街、ネオ・サンフランシスコ。この街に引っ越して来た心優しきムテキは、『自称DJ』のDJと出逢い、ダンシングヒーロー・ムテキングへと変身させられる。突如、出現したモンスターから街を救うべく、歌とダンスで立ち向かうムテキとDJだったが、その裏には想像を絶する人類の危機が迫っていたー。

スタッフ
原作:タツノコプロ
キャラクター原案:Utomaru(THINKR)
エグゼクティブディレクター:笹川ひろし
総監督:髙橋良輔
監督:サトウユーゾー
副監督・バトルダンスディレクター:佐藤まさふみ
3DCGディレクター:乙部善弘
シリーズ構成:近藤祐次
音楽:島崎貴光・増田武史
音楽プロデューサー:島崎貴光
音楽制作:ビクターエンタテインメント・スマイルカンパニー
音響監督:伊藤巧
制作:タツノコプロ・手塚プロダクション

キャスト
ムテキ:真白 健太朗
DJ:江口 拓也
セオ:日野 聡
アイダさん:高橋 李依
アン:米澤 円
ナオミ:田所 あずさ
サラ:愛河 里花子
ヴィヴィ:興津 和幸
ハル:京雅
サマー:木村 隼人
アキ:田中 美海
ウィンター:西山 宏太朗
ステキング:KENN
マット:青山 穣
トミー:松山 鷹志
ジョージ:羽多野 渉
オーウェン:鈴村 健一
参加アーティスト ※50音順
上田剛士(AA=)(楽曲提供)
・ORANGE RANGE
・KALMA
・SANABAGUN.(楽曲提供)
・Naz
・Reol
・矢野顕子(詞曲提供)
・吉田凜音