『うたわれるもの斬2』がPS5&PS4で発売! 三部作の終幕を描く運命の決戦を“アクションRPG”で体験せよ

編集O
公開日時

 『うたわれるもの』シリーズの2作目『偽りの仮面』を、“連撃アクション”で追体験できた『うたわれるもの斬』。シリーズ初の3Dアクションゲームとなった『うたわれるもの斬』は、迫りくる敵の大群をなぎ倒して進むステージクリア型のアクションや、本編ではテキストで演出されたシーンを戦うことができる点などが、シリーズのファンから好評を得ました。

 ですが『偽りの仮面』までが舞台のため、完結編である『二人の白皇』をプレイしているファンは、どうしても何か物足りなさを感じていました。そんなファンの声に応えるが如く、2021年7月22日、満を持して続編の『うたわれるもの斬2』が発売されます。しかも本作はアクアプラスとして初のPS5対応タイトルとなっているのも見逃せません。


 今回は本作がどんな進化を遂げたのか、注目ポイントをまとめて紹介しましょう。なお、『うたわれるもの』シリーズを知らない人に向けたトピックを後半にまとめているので、作品を未体験の方はそちらから目を通して見てください。


  • ▲シリーズ総決算となるタイトルが、3Dアクションで鮮やかによみがえります!

“連撃アクション”から“連撃アクションRPG”へと変化したゲームとしての遊び

 まず本作の大きな特徴として発表されているのが、“連撃アクション”から“連撃アクションRPG”へと変化したことです。アクション部分を前作以上に強化しつつ、キャラクターの成長をより感じられるようにRPG要素が大幅に追加されました。ここではそれらをピックアップして紹介します。

【スキルボード】パラメータ強化や連撃の強化などを行う新要素

 新たに登場したのがこのスキルボードです。これを強化することで、キャラクターを成長させることができます。基礎パラメータの強化はもちろん、連撃の強化やアイテムの装備コストを増やしたり、着実にキャラクターを強化したりできます。

  • ▲スキルボードでの能力解放は、ステージクリア時に手に入るBPを消費します。どれからゲットするかはプレイヤーしだい!

【巻物装備】戦闘を補助する能力を持つ巻物のセット概念が変化

 前作にも登場した、キャラクターの能力を補助できる巻物。今作では巻物に装備コストの概念が設定され、総装備コスト以内であれば最大8枠まで巻物が装備可能になりました。また、巻物にはレアリティが存在し、高いレアリティほどその効果もバツグンです。

  • ▲レアな巻物を求めるというハクスラ要素も楽しめます。

【連撃システム】気力ゲージを使わずに発動できるように変更

 前作では発動に気力ゲージが必要だった連撃が、その条件が撤廃されて一定時間のクールタイム後に連撃の再使用が可能になりました。これにより、温存しながら耐えて戦う必要がなくなり、アクションとしての爽快感がアップしています。また、連撃によっては複数回チャージすることもできます。

  • ▲連撃の種類も増えており、一度習得した連撃は任務中にすべて使用できます。

【ユニットの特性】キャラクターの個性を“特性”として表現!

 ココポに乗っているルルティエや、“鎮守のムネチカ”の異名を持つムネチカは強靭が強いなど、キャラクターの個性を戦闘中のユニット特性として、よりわかりやすく変更しています。なかでも回復能力を持つユニットは、回復連撃で最大体力ゲージを超える回復が可能になったため、編成に組み込む重要性がよりアップ!

  • ▲例えば強靭の高いユニットは、敵からの攻撃もスーパーアーマーで耐え、攻撃のチャンスが増えるようになります。

エンナカムイを拠点に戦闘ステージをクリアしてストーリーを進めていく

 紹介したように新要素&進化ポイントが満載の本作。遊び方の流れは前作と同じくステージをクリアしながらストーリーを追いかける構成です。エンナカムイの屋敷を拠点に、オシュトル(ハク)としてゲームを進行していきます。拠点にはキャラクター育成やキャラクターとの交流といった、RPG的要素に重点を置いた要素が詰まっています。

  • ▲拠点では仲間と会話することもできます。交流を深めるチャンス!?

<拠点で選択できる項目>

演武:メインストーリーや新規追加シナリオを体験できる「白皇演武」や、経験値や食料などを稼げる“遠征任務”、レベルアップ目的で探索できる“とらのあな”などがあります。


  • ▲追加シナリオがあるので、『二人の白皇』を一度クリアした人も遊ぶ価値あり!
  • ▲遠征任務をコンスタントに繰り返して自軍を強化しましょう!
  • ▲とらのあなを活用してレベルアップすれば、自分より格上のステージも安心。

料理:収集した食材で戦メシを作れます。これは任務出撃前に食べると、キャラクターに強化効果を付与可能です。

  • ▲食欲をそそられるおいしそうな料理アイコンも健在。

交換所:拠点の拡張や遠征任務のマップ解禁など、仁徳ポイントを使って実行できます。

  • ▲交換所の窓口担当はウルゥルとサラァナの双子姉妹。

内政運営:仁徳ポイントや食材などを定期的に入手できる便利機能。強化も可能です。

  • ▲エンナカムイの内政結果で、収穫できるアイテムなどが変化します。

音札設定:入手した音札を設定して、拠点や任務のBGMとして設定可能です。ちなみに、本作にはアプリ『うたわれるもの ロストフラグ』を含む『うたわれるもの』シリーズのほとんどすべての曲が収録されています。

オンラインでの協力プレイ“夢幻演武”で強力なボス撃破を目指そう!

 前作同様に本作でもオンラインプレイに対応。プレイヤー同士が協力して任務を達成するモード“夢幻演武”では、[任務書]と呼ばれる8個で1セットの任務群に挑戦し、各任務を達成することでボスに挑戦できる任務が解禁されます。なお、“夢幻演武”はオフラインでもプレイすることができ、ここでしか出現しない敵やマップなどを楽しむことが可能です。

  • ▲協力プレイではスタンプを使っての意思疎通が大活躍!

操作キャラクターとしてアンジュ皇女やムネチカが満を持して参戦!

 操作キャラクターの充実も『うたわれるもの斬2』の注目ポイント。前作で登場したクオン、ネコネ、ルルティエ、アトゥイ、ノスリ、オウギ、ウルゥル&サラァナ、ヤクトワルト、キウルの10人に加えて、本作ではオシュトル(ハク)、アンジュ、ムネチカ、フミルィルなどが参戦します。

オシュトル(ハク) CV:藤原啓治/利根健太朗


 ハクがオシュトルの意志を継ぎ、仮面(アクルカ)をつけて成り代わった姿。オシュトルとしての名声、人脈とハクとしての知略を活かした指揮で、アンジュの帝位奪還のため活動することとなる。


  • ▲オシュトルの形見である仮面をかぶるが、使用する武器にはこれまで愛用していた鉄扇も。

アンジュ CV:赤﨑千夏


 大國ヤマトのまだ幼い皇女。やんごとなき身分を発揮した言葉づかいそのままの、気ままで天真爛漫な性格。帝の崩御後、何者かの計略により毒を盛られ、幽閉されてしまう。その後、ハク一行に辛くも救出され、エンナカムイへ落ち延びた。


  • ▲アンジュの武器は巨大な大剣。持ち前のパワーで軽々と振り回す、パワフルな戦闘スタイルが持ち味だ。

フミルィル CV:儀武ゆう子


 トゥスクル出身の、美しく大らかな性格の女性。 クオンの御側付きであり、良き理解者であると同時に姉のような存在。魅力的な容姿が元で問題を巻き起こし、それがクオンの悩みの種になることも多い。


  • ▲フミルィルは術の扱いに長けるキャラクター。シュマリという使い魔も使役する。

ムネチカ CV:早見沙織


 ヤマト八柱将の一人。“鎮守のムネチカ”の異名を持つ。護りの戦いを得意とし、蛮族の襲撃において一國を守護した女傑にして仮面の者(アクルトゥルカ)。平時はアンジュの教育係を補佐しており、生真面目な性格からアンジュのわがままに振り回されることも多い。ヤマトによるトゥスクル侵攻の際、撤退時に自ら殿(しんがり)を申し出てトゥスクルに残った。


  • ▲一騎当千の力を発揮するムネチカ。護りにかけて彼女の右に出る者はなし!

『うたわれるもの』シリーズの歴史と作品の魅力とは?

『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』『うたわれるもの 偽りの仮面』『うたわれるもの 二人の白皇』の3部作でリリースされた、アクアプラスの人気タイトル『うたわれるもの』シリーズ。

 ハクオロとハクという2人の主人公視点から、大河のように壮大で密度の濃いドラマは、そこで活躍するキャラクターたちの魅力も相まって、プレイした多くのユーザーを感動の渦に巻き込みました。

  • ▲『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』の主人公、ハクオロ(CV:小山力也)。彼の想いは最終的にハクへと引き継がれました。
  • ▲『うたわれるもの 偽りの仮面』の主人公、ハク。彼はオシュトルの想いを引継ぎ『うたわれるもの 二人の白皇』で仮面をかぶり生きることを選びます。

 そんなシリーズは、アドベンチャーパートとシミュレーションパートで構成され、重要なシーンは実際に戦闘して難局を突破する必要があるなど、単なるテキストアドベンチャーで留まらない遊びが高い支持を得ています。


  • ▲シリーズの戦闘で華となるのが気力をためて、タイミングよくボタンを押して繰り出す連撃と必殺技。『うたわれるもの斬』シリーズでもその要素は健在です!

 さらにファンの間で高い評価を得ているのが、歌姫・Suaraさんが歌い上げるシリーズ主題歌。どの楽曲も世界観を見事に再現した名曲で、一度聞けばハマること間違いなしです。なお、『うたわれるもの斬2』でもSuaraさんが楽曲を担当。シングルCD「戦刃幻夢」は、本作の発売日前日、2021年7月21日に発売が決定しています(税込¥1,300)。

 なお、全編通してのプレイはかなりのボリュームになるため、物語だけを追いかけたい、またはおさらいしたいという人は、スマホアプリ(iOS/Android)の『スマホで読むうたわれるもの Vol.1~Vol.3』(無料)を利用するのがオススメですよ!

豪華5大特典が同封されたプレミアムエディションを手に入れよう!

 PS5、PS4で発売される本作は通常版、ダウンロード版が用意されています。また、豪華5大特典を同封したプレミアムエディションの発売も予定されています。恒例の店舗別オリジナル予約特典も準備中なので、公式サイトの更新情報をお見逃しなく!

<プレミアムエディション同梱物>

①『うたわれるもの斬2』特製パッケージ
 プレミアムエディション専用のパッケージです。
②『うたわれるもの斬2』アクリルパネル(2種)
 特典用の描き下ろしイラストを含めたアクリルパネル(2種)です。
③『うたわれるもの斬2』コンプリートサウンドトラック
 前作『うたわれるもの斬』と本作で追加された楽曲をまとめて収録した音楽CDです。
④着せ替え衣装「アンジュ皇女服Ver.」プロダクトコード
 『うたわれるもの斬2』本編にてアンジュの衣装を変更し、使用することができる
⑤着せ替え衣装「クオン皇女服Ver.」プロダクトコード
 『うたわれるもの斬2』本編にてクオンの衣装を変更し、使用することができる

<通常版特典(初回生産分のみ)>

●着せ替え衣装「クオン皇女服Ver.」プロダクトコード
 『うたわれるもの斬2』本編にてクオンの衣装を変更し、使用することができる。

<ダウンロード版特典(期間限定)>

●着せ替え衣装「クオン皇女服Ver.」
 『うたわれるもの斬2』本編にてクオンの衣装を変更し、使用することができる。

(C)AQUAPLUS